スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日で8年分の雨が降るイエメン、地球が示唆する「人類の行方」。 一方ではアメリカ大統領選で「トランプ候補の人気」。それに対してのイギリス国民の署名

 西日本に住んでいない方はわからないだろうが 今日の朝5時の気温は (私の部屋)19度である。さすがにストーブなしで1日過ごせた。ありがたいことであるが、『異常』と言えばそうなのであろう。北極圏にある『グリーンランド』は ほんの少し前 (と言っても、地球の歴史としてはの意味だが) まで 緑に覆われた島だったからその名がついたのだそうだし、中東のイエメンでは 『2日間で8年分の雨』が降ったそうだ。聖書の『ノアの箱舟』の話がまんざら『嘘』とは思えない地球になりつつある。逆に言うと、ほんの少し地球が「その気」になれば、人類など「アッ」と言う間に消滅することを示唆している。

     濁流の中1
             イエメンを襲った 台風(ハリケーン、サイクロン)と 洪水の様子
                                  (アメリカCNN)2015.11.03
アラビア海で観測史上2番目に強いサイクロン「チャパラ」が発生し、3日にもイエメンに上陸する見通しとなった。同国がサイクロンに直撃されるのは極めて異例。年間降雨量の数倍もの豪雨と暴風も予想され、長引く内戦の混乱に追い打ちをかける恐れもある。チャパラは現地時間3日早朝の時点でイエメン中部の港湾都市ムカラの南部約117キロまで接近。ムカラでは既に雨が降り始め、沿岸部には1~4メートルの高波が押し寄せている。イエメンに上陸して乾燥した台地が豪雨に見舞われれば、大規模な土石流や鉄砲水が発生する恐れもある。

                      森さやか | NHK国際放送局 気象アンカー 2015年11月6日
砂漠の国が、前代未聞の洪水に見舞われています。 今週火曜(3日)、イエメン史上最強のサイクロン・チャパラが上陸し、被害をもたらしましたが、よりにもよって、来週も同じ場所に別の嵐が上陸する模様です。さらに、被害が拡大するおそれがあります。

 こんな地球に住んでいるのに「アメリカ大統領選」の共和党候補「トランプ氏」が、『イスラム教徒をアメリカに入れるな』と叫んで話題となっているが、アメリカの「共和党支持者の半分以上」が彼を熱狂的に支持している。どこかの国でも「○○人は出て行け、皆殺しにしろ」と言う団体に、それなりの支持があり、その国の政府は『言論の自由』を盾にその団体を擁護しているのだが…。

                                    Paul Danahar ‏@pdanahar
DonaldTrump officially breaks the record for a petition to the UK parliament which had been    446,482 names.
Trump.jpg
                                         Midori Fujisawa
左がトランプを賞讃するコラムニストのケイティ・ホプキンス(難民はゴキブリと述べた人)。先日彼女がどこかの大学にパネリストの1人として招かれた際、彼女の発言が始まると会場の学生が起立してステージに背を向けるというプロテストを行った。

カリフォルニアの矯正部署(囚人の保釈を管轄する部署)で働く女性が、公園でくつろいでいたムスリム男性を攻撃。傘とコーヒーを投げつけ、宗教的差別をする様子を撮影された。公人の差別発言を野放しにするとこういう憎悪犯罪が正当化される。                              (引用終り)

 ところが、最も親しいイギリスでは「人種差別禁止法」に基づき、彼の入国を拒否する署名が始まり、現段階で44万の署名が集まっている。10万を超えると「必ず国会で審議する」事になっているので、間もなくイギリスのことだから審議されるだろう。 --どこかの国では『憲法』に国会議員の4分の一の要求があれば『臨時国会を開かねばならない』と書かれているにもかかわらず、「いつまで」とは書いていないから そのうちに…と その国の総理は「外遊」に忙しいらしいのだが…--

                                渡辺輝人 | 弁護士(京都弁護士会所属)
当然のことですが、臨時国会の召集を決定しなければ、憲法53条違反となります。そして、これは安保法制についても言えることですが、政府が憲法違反をすることについて、罰則もなければ議席剥奪のような制裁もありません。日本の場合、裁判所が何かをしてくれるわけでもありません。これは、恐ろしいことですね。結局、国民の声で、安倍政権に憲法を守らせなければならないし、国民が気を許せば、政府はいつだって憲法違反を犯し、いつの間にか国会そのものが開かれなくなったり、基本的人権が侵害されることになるのです。


 どこの国にも「石原慎太郎」や「櫻井よしこ」「曾野綾子」みたいな人々は居る。アメリカの『トランプ候補』も その手の方だろうと思う。Midori Fujisawaさんではないが、公人の差別発言を野放しにするとこういう憎悪犯罪が正当化される事を 今まで以上に心配しなければいけない世の中になってしまった。

     地球の『お怒り』は ごもっともだと思える。


スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。