今日の心配   インドの「高速鉄道」を日本が落札。後先を考えない営業をした結果でなければよいが… ちょっと心配。

 日本が「安倍総理のトップセールス」で インドの高速鉄道を中国に打ち勝って受注した事は皆さんもご存じだろう。多くの日本国民は「当然」と思っているだろう。中国の鉄道は「危ない」し「技術力」でも 日本にかなうことはなく、『ただ、安いだけ』と思っていることが多い。それに輪をかけるように御用系のマスコミがこんな風に書く。

                                  2015.12.08夕刊フジ (産経系列)
 安倍晋三首相は11~13日の日程でインドを訪問するが、モディ首相と12日に行う首脳会談で、ムンバイとアーメダバードを結ぶ同国初の高速鉄道建設に、日本の新幹線方式を採用することで合意することが分かった。インドの高速鉄道計画には、中国も売り込み攻勢をかけていただけに、世界最先端である日本の技術力や安全性が評価されたようだ。

 日本のインフラ輸出の起爆剤となりそうな朗報。総事業費約9800億ルピー(約1兆8000億円)のうち、1兆円超の円借款を供与する方針という。新幹線輸出は2007年に開業した台湾の高速鉄道以来、2例目となる。                                        (引用終り)

 なかなかインドはしたたかで、先の「モディ首相の外遊」のトップを日本とすることで 今後5年間で官民あわせて約3.5兆円の投融資を約束させた。今回の「高速鉄道」も日中を競わせることで 日本から半分以上の資金を引き出すことができた。それも「異例の好条件」であることを 韓国紙が伝えている。それによると…

日本は単なる新幹線輸出ではなく、鉄道などのインフラ建設運行システムなどの技術をすべて提供する計画である。総建設費用は146億ドルが予想される。このうち半分以上の81億ドルを日本がインドに借款の形で提供する。

インド日刊エコノミックタイムズは、両国が年利0.5%で、50年に渡って返済するようにする条件に合意したとし、これは日本が通常海外に提供する借款条件(1.5%利率、25年間の返済)に比べると非常に魅力的だと報道した。
こんな風になってしまうと中国から『「技術」の中国、「マネー」の日本』と言われそうだが、こんな風に皮肉る向きもある。

                                   知足的隠遁者 ‏@SukiyakiSong
1.8兆円の新幹線を8千億円にダンピングして日本に建設させることに成功したインド政府。1兆円ゲットしたぞ、日本人から!と歓喜している
                                      宋 文洲 ‏@sohbunshu
日本はインド高速鉄道を受注。おめでとう!インドのインフラが良くなれば、アジア全体が発展する。
ほとんどの日本人は知らないだろう。 アジアのハイテク輸出シェア
     中国=47.3%    日本= 7.7%     アジア開発銀行調査
          ハイテク輸出

 日本の「あせり」を上手に利用されたわけだが、原子力発電所も「安倍首相」はインドに輸出しようとしている。日本の技術を信じてインドが購入するのならともかく、多分にまた「中国」との競い合いになる。トルコやベトナムの時でさえ、『原発廃棄物は日本が処理する』、『事故時の賠償は日本が行う』という条件であったが、さらに『どんな条件』が加わるのか、今の政府を支持している日本の皆さん (反対派も外国から見れば支持する国民になる) は良く監視しておくべきだと思うのだが…
スポンサーサイト

COMMENT 0