スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時事通信「インドでの新幹線受注と原子力協定」は交換取引、日本での表面的な「安倍外交の成功報道」を信ずるならば、インドは上海協力機構から脱退するしかないはずだが…

 昨日の「寝不足」を取り返そう(笑)と、早々と寝ておったのだが、起きてしまった。インド外遊中の『安倍総理のトップセールス』の大ニュース、『自民、公明の与党様が愚民に下さる軽減税率』の大ニュースで 人の昼寝の枕元にあるテレビがうるさい。それにしても、この「時事通信」のニュースは「何を意味する」のか、気になる。

                        2015年12月12日  時事ドットコム
 【ニューデリー時事】日本とインドは、新幹線方式導入と民生用原子力協力で大筋合意に達した。インドネシアへの新幹線輸出に失敗した日本は、インドでは是が非でも成約にこぎ着けたい。一方で電力不足が深刻なインドには、日本との原子力協定締結を急がなければならない事情があった。双方の思惑が交錯する中、「交換取引」で着地点を見いだした形だ。

 「失敗は許されない」。インドとの新幹線交渉を担当する日本政府関係者は、表情を引き締めた。日印合同チームが7月、新幹線方式の採用を推奨する事業性調査報告書をインド政府に提出して以降、日本は円借款などの財政支援策を提案し、「早期の決断」を迫り続けた。中国に競り負けたインドネシアでの高速鉄道事業と同じ轍(てつ)は踏めないという「焦り」があったからだ。
 一方のインドは、原子力協定締結を急いでいた。脆弱(ぜいじゃく)なインフラが経済成長を妨げる中、モディ首相は原子力や太陽光発電を大規模に導入し、2050年までに総電力の25%を原発で賄う目標を打ち出した。しかし、「日印原子力交渉の停滞が、目標達成の障害になっていた」        (引用終り)

 中国の反応などを見ても、日本の『新幹線契約』は 無理に無理を重ねたもののようにも取れる。支払いは「ある時払いの催促なし」のようだというものもいる。償還期限が長いのは実際は「新幹線を運用して、その利益の一部で支払う」などとなっていないか、心配してしまう。インド国内での説明では、少なくとも「インド政府」の新たな負担にならない、そういう説明が行われるのではないか。いらぬ心配だが… 『時事通信』の解説によると、原発の方は 「インド」からの強い要望で、日本が『新幹線受注』と交換取引をした、としている。モディ首相は昨年9月の安倍晋三首相との会談で、原子力協定の早期合意を強く要求。今回の会談に至る交渉でも、共同声明に「合意」と明記することを求め続けた。と報じている。

 インドは 核兵器保有国だが核拡散防止条約(NPT)に加盟していない。さらには もう10年後には日本を追い越す『経済大国』となると言われている。さらに、中国すら追い越すともいわれる。核兵器運搬の技術は 北朝鮮などとは比べ物にならぬほど発達している。使用済み核燃料の処理如何によっては、何千発という核弾頭の所有が可能になる。-- 日本もそうだから、他国のことは強く言えないが… -- こういう事をすべて含んでの 安倍支持でなければならない。

 日本で伝えられている通りの『日印関係』であるなら、14日から行われる上海機構正式加盟国首脳会議で インドの「モディ首相」は『裏切者』と言うことになる。ロシアのプーチン大統領から『我々は裏切者を許さない』と すごまれるかもしれないのだ (笑) この会議での『インドの説明』がどのようなものか知りたいが、表ざたになることはあるまい。凄腕「外交」のインドにしてやられたことにならねば良いが…

                                中国国際放送 2015年12月08日
  上海協力機構第14回理事会について、程国平外務省次官は「12月14日と15日に、河南省鄭州市で開催され、加盟国とオブザーバー国の首脳、そして関連する国際機構の責任者も招かれる予定だ。習近平国家主席は加盟国の首相とグループ会談を行う予定であり、李克強首相が会議を主催する」と明らかにしました。
上海機構の加盟国1

 【注】正規加盟国 中国  ロシア  カザフスタン  タジキスタン  キルギスの5か国で発足、ウズベキスタン(2001)  インド、パキスタン(2015) の8か国。SCOへの加盟の希望については年々増加の一途をたどり、現在の所はオブザーバー・対話パートナーなどの段階的な参加制度を設ける事で加盟要請に対処している。2008年には客員参加枠が新たに設立され、加盟申請で留められていたアフガニスタンが、ASEANやCISなど統合を検討している国家連合の代表らと共に会議参加を許可された。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。