スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のニュース  ニュージーランドで進む「新国旗にするか否かの国民投票」

 先の大戦で枢軸国であった「日、独、伊」のうち、 国旗がそのままであるのは「日本」だけである。「日の丸」が悪いとまでは言わないが、国民に「これでよいかどうか」を聞く必要はあるだろう。そういう意味で『ニュージーランド』の取り組みは優れていると思う。旧来の『国旗』が選ばれたとしても、国旗とはそういうものであって、「主権者」に決定権がある。その取り組みをしないから、「国旗国歌法」(発布・施行は1999年8月13日)のように 全く強制力を持たないものと説明をする以外にないものになる。

<政府の見解は、政府としては、今回の法制化に当たり、国旗の掲揚等に関し義務づけを行うことは考えておらず、したがって、国民の生活に何らの影響や変化が生ずることとはならないと考えている旨を明らかにしたものであります。なお、学校における国旗と国歌の指導は、児童生徒が国旗と国歌の意義を理解し、それを尊重する態度を育てるとともに、すべての国の国旗と国歌に対して、ひとしく敬意を表する態度を育てるために行っているものであり、今回の法制化に伴い、その方針に変更が生ずるものではないと考えております。>

特に教育に関しては「(掲揚や斉唱の指導に)単に従わなかった、あるいは単に起立しなかった、あるいは歌わなかったといったようなことのみをもって、何らかの不利益をこうむるようなことが学校内で行われたり、あるいは児童生徒に心理的な強制力が働くような方法でその後の指導等が行われるというようなことはあってはならない」と答えている。憲法解釈同様、立法の趣旨さえ今ではねじ曲がっている。

                             2015.12.12 (アメリカCNN)
新たな国旗の採用を検討しているニュージーランド政府は12日までに、候補作5点に関する国民投票の暫定開票結果を報告し、黒、白、青の3色を基調に「シルバー・ファーン」と呼ばれる同国特有のシダなどをあしらった作品が1位になったと発表した。

同国選挙管理委員会によると、投票総数は152万7042票で、有権者の約48%に相当。投票の最終開票結果は12月15日に発表の見通し。国民投票に備え、5点に絞られていた候補作は全国各地に掲げられ、図案の周知徹底を図った。

           新たな国旗の採用


来年3月に予定する2度目の国民投票で、正式に決まった候補作品と現国旗のどちらかを選ぶ。

100年以上使われている現在の国旗は英国国旗のデザイン「ユニオンジャック」を下敷きにしたもので、オーストラリア国旗と酷似しているなどの批判が長年出ていた。

暫定的に1位となった作品は投票数のうち50.53%を獲得。最も好ましいデザインとして55万2827票を得た。   (引用終り)
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。