スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の1枚  可愛い「ワンちゃん」の写真… 実は「クマ」、それも映画の中の…  そして あの「荷札」の意味を知る。

 可愛い「ワンコ」の写真だなあ、と一瞬思い、それが 「パディントン」なる映画の一部だと知る。そして、「ワンコ」ではなく、「クマさん」なのだとも知る。知らない分野は「トコトン知らない」… 人にはそれぞれお得意分野がある、などと言い訳しながら…

 2016年1月15日から 全国ロードショーなのだそうだ。
                      公式サイト(クリック) → 「パディントン」公式サイト

1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。真っ赤な帽子をかぶった小さな熊が、ペルーのジャングルの奥地からはるばるイギリスのロンドンへやってきた。家を探し求める彼は、親切なブラウンさん一家に出会い、「パディントン」と名付けられる。ブラウンさんの家の屋根裏に泊めてもらうことになったパディントンは、早速家を探し始めるが、初めての都会暮らしは毎日がドタバタの連続で……。「ハリー・ポッター」シリーズを手がけたプロデューサーのデビッド・ハイマンが製作。ニコール・キッドマンらが出演し、パディントンの声は「007」シリーズのベン・ウィショーが担当。

                                     Kumiko ‏@Kumiko_meru
「パディントン」の映画だけど、さりげないけど、難民を受け入れるというメッセージがちゃんと込められているのだよなあ。原作は古くても、現代に映画化するんなら、現代の視点が込められていないと意味がないというのは例えばこういうことなの。

昔、戦争があった時、イギリスの人たちは子供たちの首にこういう札をさげて送り出して、田舎の知らない人たちが安全なところで面倒を見たのよ。あの国の人たちは、見知らぬ人をどう迎えるかを忘れたりしないわ。」

      昔、戦争があった時

難民問題は、日本から見ると今年に入って急に悪化したように見えるかもしれませんが、この映画が製作された2013-14年にももう相当悪化していました。そして、英国の難民受け入れは「ヨーロッパの中では」あまり積極的でない、と思う人も多い。(それでも日本とはケタ違いよ)

      
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。