スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の1枚  フクシマ2016年問題

 福島第一原発の事故当時、「奇形やガン」という「さもありそうな発病」に向かう反原発運動に対して 警鐘を鳴らしたつもりだったが、残念ながら「思う方向」には 進まなかった。 ロシアでの事故での後、ウクライナで起きた各種の病気の多発も書いたが、それも「統計誤差」という言い訳でウクライナでは当時問題化しなかった。この傾向は日本での『公害病』の実態から、日本でも「責任論や被害認定」はまず行われないだろうことも書いた。今年から『循環器系--心臓まひなど--』の多発するだろうが、10年程度で100万人、と言われている。一度に死ぬわけでもない。広範囲にポツポツ死ぬわけだから目立たない。福島原発由来と言う証拠はどこにもない。 再稼働は『国民が希望した』のだろうから (そういう政権を選んだ)、だれの責任と言うわけでもない…

     フクシマ2016年問題
                      図は 北濱幹也 ‏氏  --asukaさんのリツイートから借用--
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。