今日のビックリ  スプートニクが伝えた『ウクライナのデフォルト』、日本(安倍総理)が最大規模の財政支援をしていたはずだが…

 ウクライナが『デフォルトした』のだそうだ。普通ならウクライナのような東欧諸国(ロシアの衛星国)とは日本は関係を持たない。が、今の政権は違う。当時は『プーチン大統領の訪日』があたかも既定の事実であるがごとく 連日マスコミは官邸がリークする『デマ』を垂れ流していた。G7で日本は主要な位置にあるように報じていた。まあ、少し思い出してください。

                                 スプートニク 2016年01月01日
「ロシア財務省は、ウクライナが2015年12月31日に期限が切れた特恵期間中に、ロシアが保有する国債とその利子総額30億7500万ドルを支払わなかったことをお伝えする。そのためウクライナは現在、同国債に関してデフォルト状態にある」。


                                      2015/06/06 TV-asahi
 ロシアのプーチン大統領と信頼関係を築いている安倍総理が、G7サミットの前にあえてウクライナを訪れたのには訳があります。会談で安倍総理は、ロシアのクリミア併合について「力による現状変更は認めない」と批判した一方で、ポロシェンコ大統領には対話による平和的解決を求めたものとみられます。そのうえで、ウクライナへの最大の支援国として、18億4000万ドルの支援を着実に実行する考えを伝えたものとみられます。安倍総理としては、サミット前にウクライナ支援の姿勢を見せることで、プーチン大統領の年内訪日に向けてG7各国の理解を得る狙いがあります。                                (引用終り)


                               2015/06/07 リュウマの独り言--要約--
 安倍首相はドイツで開かれる「G7」に出席するために日本を旅立ったが、 その途中でウクライナを訪問している。今までの日本の政府なら ここに行くことは躊躇 ('ちゅうちょ) するのだが、さすが「戦争大好き」な方だけあって、火中の栗を拾いたいらしい。 国内でのニュースを聞いていると、「ロシアのプーチン大統領の訪日」の交渉があたかも行われているように報じられているが『スプートニク』などでは もうとうにプーチン氏は「三行半(みくだりはん)」を日本に突き付けており、来ることはない。もし、本当に伝えられるような交渉が行われているなら、「ウクライナの領土問題」に言及するなど、気がふれているとしか考えられない。

 産経新聞 2015.4.28によると 日本が1国として最大規模となる18億4千万ドル(約2200億円)の拠出を表明していると貢献をアピールしており、さらにこの6月の訪問で1800億円程度の支援をしたのではなかったかな。 6月1日、タス通信は、ウクライナは、年金生活者、第二次世界大戦の退役軍人、身体障害者や、チェルノブイリの犠牲者への支払いを停止したと報じた。報道によれば、キエフは“ナチス強制収容所の元囚人や、ある種のソ連時代の勲章や称号を得た人々に対する交通費、医療費、光熱費や、金銭的恩恵”も廃止する。チェルノブイリ事故による放射能汚染地域で暮らしている、子供のいる家族への補償も、もはや支払われない。

 これは、ウクライナの高齢者の毛布を引き剥がすに等しいことに留意願いたい。“無駄飯食い”の彼らは、ごみ箱行きにされたのだ。騙されていたマイダン抗議行動参加学生達は、祖父母達を支援する制度を破壊した責めを負うことを、今一体どのように感じているだろう?                      (引用終り)

 冬季オリンピックでプーチンが動けぬ隙をついての『軍事クーデター』で成立した国であって、まだ安定した国家ではない。そこに目立ちたい一心でここまでの支援をする事は到底理解できない。借款ではなかったのかどうか、とんと分からぬが、この税金が有効に使われたとは残念ながら言えないだろう。 日本国内にもマイダン抗議行動同様の時の政権に騙されて、下層国民への支援制度を破壊する政権に『媚びを売っている大勢の人々』がいる。



                                           文鳥さん
‏いますぐ全額、 自腹で国民の皆様に返金しろ! 海外にバラマキやめてお前ら贅沢やめれば消費税不要だろうが! 自分の国の若者や子供達を守らない無能政府なら、もういらない!
                                    画像は文鳥さんから
     ぶんちょうさん
 

   ウクライナのデフォルトを他人事(ひとごと)とは思えない。
スポンサーサイト