スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の出来事  インドに次いで 世界で6番目の『水爆保有国』となった北朝鮮。日米とも、断交に近いので「経済制裁の切り札」が残っていないのに大口をたたいている。

                                    北丸雄二
北朝鮮の「小型水爆」実験。この25年以上説明し続けていますが、北朝鮮はこれを使う気はないんです。ずっと狼少年であり続けるしかない。使ったら終わりだからこれもまた手を替え品を替えた米国との交渉手段。国家を認めよ、経済制裁を止めよ、金を出せってこと。真に受けて脅威を煽るのはバカです。

本気で使う気なら実験も何も隠密裏にやります。実際、使うと恐れられたサダム・フセインは「大量破壊兵器を隠している」とされた。しかしプロパガンダが第一目的だとしたら「予告」から「宣言」「脅し」「実施」「成功」までことあるごとに発表して政治的モメンタムにしようとする。北朝鮮は後者です。   (引用終り)
These 27 seismic stations

 北朝鮮による水爆の実験が、大きなニュースになっている。『水爆の実験をした』と大々的に発表したのはなぜだろう。経済制裁や国際的非難が集中することはわかったいるのに… いやまてよ。 インドのように、原爆から「水爆保有」となれば、日本がにじり寄ってきて、数兆円も資金を援助し、建設費は「日本持ち」で新幹線を作ってくれる光景を見て、学習したのかもしれない。インドが『水爆』を保有したからと、どの国も制裁しなかった。また使う気があれば、黙って保有しておくのが一番利口なやり方だろう。

 いちいち世界に「実験した」と 『例のおばさまアナウンサー』まで使って言う必要などさらさらない。国民向け「国威発揚」位しか意味は考えられない。『キャンキャン騒いで』、日本国民に脅威をあおる必要はない。特に「北朝鮮」は米国を相手に交渉しているのであって、日本などは完全に無視している国なのだから… 危険度合いも米国に比べればはるかに小さいし、彼らがもしそれを使えば「北朝鮮」と言う国家がなくなる事が前提であるのだから… 下手をすると民族自体も消滅してしまうかもしれない。

 今回の実験が「何であったか」、それは数日たたないと判断できないと言われている。世界には 核実験を監視するために--普通は北朝鮮と違って隠れて実施するので--27か所の地震の観測施設がある。--写真左-- これ以外に核種の検出をする施設がある。日本の高崎市にもある (包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)の放射性核種監視観測所ポストの一つである高崎観測所) わけだが、福島第一原発事故で強度に汚染されてしまい、しばらくは使えなかった。これが使えれば、漏れ出た放射能から別の観点からの特定もできる。

North Korea claims to have tested

 マグニュード5程度 (4.2という情報も) の人工地震を観測したらしいので、これまでの実験よりは規模が大きい。それにしても世界で6番目の水爆保有国に「北朝鮮」がなったとしたら…。今までの保有国は、少なくとも大量の資金を投入できる国力がその時代にあった。だから持っているのも不思議ではないが、北朝鮮の国力は日本の報道では分からない。あんな原子炉しかなく (写真右) 金銭的余裕もさほどないと報じられている国で、かつ『原爆』とは違い、技術的に難しい『水爆』ができるのか、今までの常識からは考えられないことだろう。

 ロイターが「原水爆弾」のモデルを載せていたので少し利用すると… 原爆はテロ組織でも作成が可能と言われるが、それは左から2番目の『リトルボーイ型 (広島原爆タイプ) 』であって、誰かが自爆することが前提なら簡単に使用できるらしいのだが、『長崎型(写真左)』の爆縮するタイプだと、技術的に大変難しいと言われている。現に長崎での使用では 20%しか反応が起きず、80%は未反応のまま「長崎郊外で回収された」と書いてあった。

 水爆はさらに技術的に難しく はじめのうちは数パーセントの核融合しか起こせないらしい。若い方は知らないだろうが、『第5福竜丸事件』 ( 1954年3月1日、マーシャル諸島近海において操業中に、ビキニ環礁でアメリカ軍の水爆実験より被ばく ) というのが 戦後まもなく起こった。これなど、完全に米軍の告知では『安全地帯』だった場所での被ばくである。米軍が繰り返し実験をしたのだが、良くて20パーセント程度の核融合しか起きないので、立ち入り禁止区域をその程度で設定していたが、なんと理論値程度の爆発が起きてしまったらしい。こんなことを知っていると「水爆開発」には 何度も実験が必要と言う考えが浮かんでしまう。他の国々も、何度も繰り返して開発していった…

 水爆も『ロイター』が伝えるように2つのタイプがあるらしい。 右から2番目のタイプは技術的に難しいが、右端のタイプはそこまでないのだろうか。まあ、これは「良心的な専門家」に譲っておこう。スプートニクも「水爆実験」と報じているので、「水爆」なのだろうが、地震波だけでなぜ人工のものと分かるかと言うと 「初期微動」がなく人工的な地震波「主要動だけ」なのだそうだ。

初の水爆実験

 他者を見るときは確かに冷静に見ることができる。しかし、自分たちが「どう見られているか」は、ほとんど考えないようだ。下の写真は昨日の「金政権への支持集会」なのだそうだ。これを見て異常と思う人でも、『海ゆかば』を歌う集会や、年初にのぼりを打ち立てての『一般参賀』を異常ととらえられる人は少ない。

     昨日の北朝鮮
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。