今日の記事  のら猫 寛兵衛さんの『サンダース語録』にみる 日本とアメリカの全く同じ経済的不公正。アメリカ国民は怒り、日本国民は無関心の理由を考える。

 なぜ、アメリカ大統領選で「サンダース候補」が健闘しているのかを「反安倍勢力」はもっと考えた方がよい。もちろん分析はしているとは思うが「永田町」の理論で分析しても分かるまい。彼の主張は「資本主義のリーダーとしての『(今までの)アメリカ』」には 全く相いれないものである。それが、若年層だけでなく高齢者にも受けている。支持を広げている。
 以下 のら猫 寛兵衛さんの『サンダース語録』より引用して考えてみる。
                              サンダース語録 より引用
    why voters are turning to Bernie Sanders
                                           -- 1985年 --
 「私たちのいま住んでいる世界はこうだ。このことを考えると落ち込みそうになる。数億人という人々が餓死寸前、いまこの瞬間に餓死寸前だ。なのに、世界の超大国をはじめもろもろの国は、おそらく1兆ドル近くのお金を、毎年、毎年、兵器に使っている。核兵器に使っている。一瞬のうちに多くの人々を動けなくし、多くの人の命を奪う神経ガスの開発生産に使っている。しかし、いかに優れた頭脳を結集し科学、ロボット、医学の研究を行なおうが、人間の文明は実のところこの数千年の間、まったく進歩していないのだ」
                                           -- 1986年 --
この国の全土でいまある種の道徳的な腐敗が起きている。道徳的な腐敗というのは、大統領府や議会で行なわれることがアメリカ国民の意志を反映していると信じる人たちがいるということである。きょうこの部屋に46の州から虹の連合などの人たちが集まったが、そのことによって私たちが大声ではっきりと言っているのは、ロナルド・レーガン(大統領)やその億万長者の友人たちは、アメリカの代表ではない、私たちこそが代表だということだ」
                                           -- 1988年 --
「ひどい話だ。アメリカの大都市の一部では、子供の50%が高校を終えられないでいる。大学の学費は高騰しており、豊かな家の子供でなければ大学に行けなくなってきた。かつては多くの親の夢だった。私の親もそうだった。がんばれば学校に行ける、大学教育が受けられるという夢だ
                                           -- 1990年 --
500万人の子供を飢えさせ、200万人に野宿させるような大統領や議会は問題です。町が麻薬や暴力の温床になります。それで「厳しい犯罪対策」だと言いますが、犯罪に対処したいのなら、犯罪の原因にメスを入れなくてはなりません。この国のすべての国民にちゃんとした生活水準を保証しようではありませんか。犯罪対策、それは、貧しい人々を監獄に放り込むということではありません。人口比以上に黒人を処罰することでもありません」
                                           -- 1992年 --
貧しい家庭の子供達は飢え、戸外に寝泊まりし、医療や教育の機会もない一方、国の富裕層はますます豊かになっています税の負担が軽くなっているのからです。子供達が苦しむ一方、富裕層やお金持ちは高級車に乗ってゴルフをしに行きます」
「これは秘密ではありません。アメリカの大統領と議会は国民のニーズに応えていません。その大きな原因は、選挙資金のあり方にありますお金持ちや大企業がお金で政治家を売り買いできるような制度になっているからです。金持ちはより金持ちになり、貧しい人々はますます貧しくなります。普通のアメリカ人が政治から閉め出されているのです
                                           -- 1993年 --
経済の成長と言うとき、問題にしなくてはならないのは、誰がそこから収入を増やしているかということであり、明らかに、現実としては、そのいちばん大きい部分はいちばん豊かな人々のふところに収まっている。大多数の人々が実質的には収入が減っているのだ
「支払機で20ドルを引き出しても、2ドル、3ドルといった手数料をとられる。自分のお金を引き出すのにだ。正直これはひどい「ふんだくり」だ。国民から選ばれた議員としての私たち仕事は、そのような「ふんだくり」をやめさせることだ」
                                           -- 2000年 --
「景気がいいのはいちばん豊かな人たちだけなのに、なぜ経済が好調と言えるのか、不思議でならない」
大企業の経営者が従業員の500倍あまりの給料を手にするのは道徳的に正しいのかアメリカの勤労者を解雇して利益を出しているようなものなのに

バーニー・サンダース1

グリーンスパン連邦準備制度理事会議長(日本で言えば日銀総裁)に:

「あなたは現実世界を知らない。私と一緒にバーモントに来て、普通の人たちに会ってみないか。 カントリークラブやカクテルパーティーは普通のアメリカではない億万長者は普通の人ではない」 「ウォルマートがGMに代わってアメリカの主要な雇用主となった。人が暮らして行ける賃金ではなく、人が飢える賃金を払う会社だ。 しかし、そのことにあなたには一切関心がない」


「問題は天から降って来たわけではない。 人間がまずい決定によって創り出してきたものである。 人間による良い決定でそれは変えることができる」 「いま我々がとり組まなくてはならない課題のひとつ、それはこうだ。 全国に多くの優れた良き人々がいる。 

 しかし、状況は絶望的だ、企業の資金力には負ける、大富豪には勝てない、諦める。
    そう思ってしまったら、まさに彼らの思うつぼ。
                   皆さんに伏してお願いする。 

    どうかそんな絶望の世界には足を踏み入れないでくれ
                                             (引用終り)

 サンダース氏は 一度も主張を変えていない。経済的公正さを主張し、戦争の愚かさを説いている。今、アメリカ社会の方が「サンダース」に歩み寄っていっているのだ。しかし、彼の主張は「アメリカに右へ倣(なら)え」する日本には「そのまま」当てはまる。

 彼も言っているように日本にも「この国の全土でいまある種の道徳的な腐敗が起きている。道徳的な腐敗というのは、大統領府や議会で行なわれることがアメリカ国民の意志を反映していると信じる人たちがいるということである。」が起きているのだ。政府や議会の考えが『正しい』という世論作りが行われている。「反政府」的な言動を取り締まろうとする動きが伝えられる。『政権に反対』
するだけで「反日」だ「売国奴」だという者がいる。

 しかし、国民の多くが無関心のままである。先の政権交代のきっかけは「消えた年金」であったが、今度は「溶けた年金」になる。これは国民にとって「身近な問題」として訴えやすい。なにしろ、「年金資金の株式投資は危険なのですべきではない。」という意見を無視して実行された政策である。公務員年金や議員年金は「株式投資」をしていないようだが、国民年金の半分、90兆円程度を投資している。国内と海外に25パーセントずつだが、いずれも暴落である。 日本株式も 14000円を切ってしまうと、安倍内閣以前の利益をも吐き出したとしても足るまい。現実問題として、支給金額のカットと言う話が出るだろう。

 国民が野党の話を聞こうとしたら、日本国民程度の「常識」があれば、 経済的な不公正、官僚の横暴 (特別会計) など、様々な問題を認識するはずである。『清原覚せい剤』だけが話題ではないだろう。『産休議員の不倫騒動』、『議員秘書の練炭自殺』も 興味本位だけで話題になる話にしてはいけない。多くの国民が「野党の話」を聞いてみようかと思える環境を作ることだ。今の株価暴落は『良いきっかけ』になるはずなのだが…

           のら猫 寛兵衛さんの『サンダース語録』全文リンク →  サンダース語録
スポンサーサイト