スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一枚  スイッチ入れたとたんに 『ドッドッドーーン』、原子力発電所の中央制御室が報道されて『北朝鮮かと思った』とのツイートがされた。40年前の機械だものなぁ。



 5年も止めていた原発を再稼働するなど、まともに行くはずがない、と言うのが「海外の主流」の考え。その間、日本が「電力不足」に陥 (おちい) ったり、停電が頻発するようなことはなかった。少なくとも「民生用」は十分に供給されていた。原発再稼働はその裏にある「核兵器を持ちたい」という考えを考慮することなしには必要でないと言える。

     北朝鮮の写真かと思った。

                                    2016年03月01日  読売新聞
 関西電力高浜原子力発電所4号機(福井県高浜町)で29日午後2時頃、発電機と送電設備をつなぐ作業の途中で、変圧器の故障を示す警報が鳴り、原子炉が自動停止した。 放射性物質の漏れや外部への影響はないという。4号機は26日に再稼働したばかりで、3月下旬の営業運転を目指しているが、工程に遅れが出る可能性もある。

 2013年の新規制基準の施行後、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)をはじめ4基が再稼働しているが、原子炉が自動停止したケースは初めて。 関電によると、29日から発送電を始める予定で、午後2時に作業を開始。約1分30秒後に警報が鳴った。原子炉は、核分裂反応を抑える制御棒が核燃料の間に自動的に挿入され、停止した。  (引用終り)

 40年前の原発だろうから、制御室のスイッチなどは「古色蒼然」、北朝鮮の衛星打ち上げに使ったコントロールルームだと説明されても信じてしまう、そんな部屋であった。このニュースは食事中チラッ見したニュースでちょうどやっていた。苦笑せざるを得なかった。マスコミを呼んでの『華々しい再開』が、なんと緊急警報で終わってしまったのだから… いかに放射能漏れはなかったと強弁しようと「不安」が視聴者によぎったことは確かだろう。だからと言って、立地自治体の住民から「再稼働反対」の強い声が上がったわけでもなし… それが「海外」から見た「日本」の異様さだろう。原発作業員のハッピーさんはこんなツイートをしている。

                                     ハッピー ‏@Happy11311
本当に変圧器の故障なのかなあ…もしかしてヒューマンエラー?送電につなぐ並列操作ってけっこうタイミングが難しくて、運転訓練生もよく訓練でトリップ起こすんだよね。それでも送電つなぎこみ時のトリップってめったに起きないことなんだけど、変圧器だけじゃなくて他にも色々調べるだろうから、かなり時間かかるかも。たぶん現場にいた人は、トリップで緊急自動停止だから、ドドドーンってかなり大きい音がしてビックリしたと思う。緊急自動停止だと、安全装置が通常の可動速度とは比べ物にならないくらいの速い速度で、一気に動いてシャットダウンするから様々なな機器の点検にも時間かかると思うんだよね。この前のボルトの緩みによる水漏れトラブルに続いて今回のトラブル、再稼働しない方がいいよって暗示なのかも。  (引用終り)

 原子力発電所は「現代技術の先端」と思えるので、タッチパネルとコンピュータによるセンサー類で自動的に前のスクリーンに故障個所が点滅する位はあってもよいような気がするが、あんな大量のスイッチの前での作業だということが良く分かった。

 なぜ、こんな40年も前のものをあと20年も使い続けたいのだろう。古いと言えば、『憲法も古くて時代に合わない。』などと、改憲主義者は言うが、当時は「敗戦」で利権に絡む人々の口出しがなく、純粋に「理想的な憲法」を制定できた。台所でいえば、それまで「七輪」と「カマド」の台所だったところへ『システムキッチン』が入ったみたいなものだ。だからこそ、長きにわたって「最先端」の憲法として使えたし、ようやく各国が追いついてきた、に過ぎない。七輪業者もカマドの制作業者も、練炭や木炭を作る人々からの働きかけも行われずに、「基本的人権の尊重」「国民主権」「平和主義」というような、それまでの日本では考え付かないような「理想」が掲げられた。

 最近では、「七輪」や「カマド」が日本古来の姿であるから戻せ、と言うような主張をする人々がいる。実生活に置き換えてみれば、とんでもないことだとわかるだろう。原発も、40年前の古い形式 (当時のアメリカで使われていた)の物を耐震補強したり、事故の際の安全装置を組み込んだりせずに、主張するならば新規に最新鋭の物を作るような『原発推進運動』であるべきだろう。

 しかし、原発を発電に使うということは、ペットにパピヨン(室内犬の一種)を買う代わりに『ライオン』を飼うようなものである。一度怒らしたら飼い主では制御できない。今回の事故も、自動制御装置が働いて、冷温停止できているのだから問題ない、と言うツイートを見かけるが、象使いが乗っていても、象が暴れだした、ニュースがあったがっ、それがライオンとなれば、それ以上の危険がある。今回は「スイッチを入れたとたん」、100%正常に動くはずだった状況 (マスコミまで呼んで) だったらか「冷温停止」するのは当たり前だが、これが営業運転中で自然災害や 戦争 (どうもしたいらしいので)中だったら どうだろう。止まったからいいというものでもない。多くの国民が何らかの理由で望むのなら致し方ないが、『廃炉』にむけて、国として動き出すのが当然だろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。