スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の「保守系有力紙」が載せた 『ファシズムに向かう日本』は 世界が「日本」をどう見ているのかを知る良いチャンスだろう。

 アメリカの『NATIONAL REVIEW』が「ファシズムに向かう日本」という記事を載せている。この雑誌は「アメリカの保守本流(共和党本流)」の議員が良く読み、かつ彼らの気持ちを代弁するものと紹介されている。書かれている『日本会議』や『安倍内閣』についての評価が、驚きをもって迎えられている。私としては『当然』とも思えるのだが…。「安倍内閣」へ引導を渡すのは「日本国民」ではなく、「アメリカ」なのかもしれない。アメリカ無しでは日本経済が吹っ飛ぶと、多くの人々は思っているし、今まで「伝えられていること」とは違う『世界の現実』を知る良い機会だろう。まさか『反日』で冷笑して終わりではあるまい。なお、日本語訳は「内田樹研究室」さんを参考にさせていただいています。英文、和訳とも文末に全文をリンクしてあります。

         Japan Reverts to Fascism 「ファシズムに向かう日本」
                          July 16, 2016  NATIONAL REVIEW

 This week, Japan’s Liberal Democratic Party and its coalition partners won a two-thirds majority in the legislature’s upper house, to go along with their two-thirds majority in the lower house. A two-thirds majority is required in each house to begin the process of amending Japan’s constitution. And amending the constitution is one of the central planks in the LDP’s platform.
今週、日本の自民党とその連立政党は参議院で3分の2を制した。衆議院ではすでに3分の2の議席を擁している。国会両院の3分の2は日本国憲法の改定手続きを開始するのに必要とされる議席数である。改憲は自民党綱領の中心的項目の一つである。
The constitution was imposed on Japan by the United States after the Second World War; it has never been amended. Why should it be amended now? As Bloomberg reports, the LDP has pointed out that “several of the current constitutional provisions are based on the Western European theory of natural human rights; such provisions therefore [need] to be changed.”
 その憲法は第二次世界大戦後にアメリカにより(憲法を変えねばならぬと)日本に強いられ、以後一度も改定されたことがない。なぜ、今改憲されなければならないのか?ブルームバーグによれば、自民党は「現行憲法条項のいくつかは自然権としての人権についての西欧的な理論に基づいているので、これらの条項は改定が必要だ」と指摘してきた。
What has the LDP got against the “Western European theory of natural human rights”? you might ask. Well, dozens of LDP legislators and ministers — including Japan’s prime minister, Shinzo Abe — are members of a radical nationalist organization called Nippon Kaigi, which believes (according to one of its members, Hakubun Shimomura, who until recently was Japan’s education minister) that Japan should abandon a “masochistic view of history” wherein it accepts that it committed crimes during the Second World War. In fact, in Nippon Kaigi’s view, Japan was the wronged party in the war.
皆さんは『天賦人権説というヨーロッパの考え』のどこに自民党は反対しているのだろう、とお尋ねになるだろう。日本の内閣総理大臣「安倍晋三」を含むとても多くの自民党の議員と(安倍内閣の)閣僚たちは、日本会議と呼ばれる過激な国粋主義組織の一員である。最近まで文科相であり、その一員でもある下村博文によれば、この組織は日本は第二次世界大戦中に犯した戦争犯罪を認める「自虐史観」を捨てなければならないと考えている。事実、日本会議の考えでは、「日本は戦争について不当な扱いを受けている当事者」なのである。
According to the Congressional Research Service, Nippon Kaigi believes that “Japan should be applauded for liberating much of East Asia” during WW2, that the “Tokyo War Crimes tribunals were illegitimate,” and that the rape of Nanking was either “exaggerated or fabricated.” It denies the forced prostitution of Chinese and Korean “comfort women” by the Imperial Japanese Army, believes Japan should have an army again — something outlawed by Japan’s current constitution — and believes that it should return to worshipping the emperor.  -- 中略 --
 米議会のリサーチサービスによると、日本会議は第二次世界大戦中に「日本は東アジア諸国を解放したことについて称賛されるべき」であり、「東京裁判は違法」であり、南京虐殺は「誇張され捏造された」ものであるとの主張を信条としている。日本会議は帝国陸軍による中国人朝鮮人“慰安婦”の強制的売春も否定している。そして、日本は- 現行憲法では憲法違反となるが -軍隊を再び有すべきであり、天皇崇拝体制に戻るべきだと考えている。

And members of Nippon Kaigi are still mad. In 2013, at a Nippon Kaigi party celebrating Shinzo Abe’s new appointments to his cabinet — 15 of whose 18 members were Nippon Kaigi-niks — the old imperial “Rising Sun” flag was flown, pledges to “break away from the postwar regime” were made, and the (very short and controversial) imperial national anthem was sung. The lyrics are addressed to the emperor: “May your reignContinue for a thousand, eight thousand generations,Until the pebbles grow into bouldersLush with moss.”
だが、日本会議のメンバーの暴走は続いている。2013年、安倍晋三の新内閣の閣僚18人のうち15人が日本会議関係者であったことを祝うパーティでは、大日本帝国時代の「旭日旗」が振られ、「戦後レジームからの脱却」が誓言され、(たいへん短いが、物議を醸しだしてきた)大日本帝国時代の国歌が斉唱された。その国歌は天皇に捧げられたものである。「あなたの御代(みよ)が千年、いや八千年(永久に)も続きますように。小石が巨岩となりそれが苔の生すまで」。
The LDP’s draft for an amended constitution would eliminate the prohibition on imbuing religious organizations with “political authority,” clearing the way for the return of state Shintoism and emperor worship.
自民党の改憲草案は政教分離原則を排除して、国家神道と天皇崇拝に戻る道をめざしている
The draft would also repeal the provision that the “Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as a means of settling international disputes,” along with the provision that “land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained.” ( Japan currently has the fourth-strongest military in the world, behind only the U.S., Russia, and China.) --中略--
改憲草案はまた「日本国民は国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の行使は国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という条項と、「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」という条項も廃棄する。-略- (日本は現在世界第四位の軍事力を有している。これはアメリカ、ロシア、中国に次ぐものである)。
In just the last five years, Japan’s press freedom — as ranked by Reporters without Borders — has fallen from 11th globally to 72nd.
この五年間で日本の報道の自由度は-国境なき記者団によるものだが-は世界11位から72位にまで転落した。
Five years ago, President Obama called for a foreign-policy “pivot to Asia.” With China seizing and militarizing the South China Sea, and North Korea testing delivery systems for its new nuclear weapons, it would probably be a good idea — “pivot to Asia”–wise — not to stand idly by while our most important Asian ally, and the second-richest democracy in the world, reverts to fascism.
五年前にオバマ大統領は「アジア回帰」政策を掲げた。中国が南シナ海を支配し、軍事化しており、北朝鮮は新たな核兵器のために運搬システムを実験しているおり、かつわれわれの最も重要なアジアにおける同盟国でありかつ自由世界で二番目に富裕な国がファシズムに方向転換しようとしている以上何もしないで突っ立っているわけにはいかないだろうから「アジア回帰」はおそらく「賢いよい考え」だろう。

                  英文全文 → NATIONAL REVIEW
                  和訳全文 →内田樹の研究室
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。