スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原知事 猛然中国批判   尖閣諸島にあった鰹節工場

石原知事 猛然中国批判「不愉快な国」    --スポーツニッポンから--

  沖縄県尖閣諸島周辺の中国漁船衝突事件に絡み、東京都の石原慎太郎知事は21日、来月の中国訪問を「あんな不愉快な国には行かない」と取りやめる意向を示した。

 強硬な態度を取り続ける中国に、石原知事がとうとうブチ切れた。

魚つり 地図
  国際問題を考える際には地図を必ず見ておくことが望ましいと思う。

 定例都議会終了後、都庁内で報道陣に囲まれた石原知事は中国を「不愉快な国」と一喝したほか、「中国のやっていることは理不尽で、やくざがやっていることと同じ」とまくし立てた。「私は尖閣に最初に灯台を建てた人間で、こんな中国に行くつもりはない」とエスカレート。さらに、中国側が閣僚級以上の交流停止を打ち出したことに関連し「私は閣僚以上だ」などと言い放った。

 10月12~13日の日程で北京市で開かれる同市主催の「都市問題」に関する国際フォーラムに招待されていた。

 石原知事は以前から対中強硬派として知られており、00年には「不法入国した多くの三国人が凶悪犯罪を繰り返している」など発言。

 在日外国人から差別発言だとして大ブーイングが起き、のちに釈明した経緯がある。ほかにも、05年には中国における反日活動を「民度が低い」と批判。

 06年には出演したテレビ番組で「(中国の)GDP(国内総生産)の10%近くは盗み。(他国の)ノウハウを盗むな!」と話したこともあった。こんな敵対姿勢を示す知事を中国では「右翼分子」と称し、危険人物扱いしていた。

 その一方、訪中経験がなかった石原知事は08年の北京五輪開会式に出席。終了後に「ボランティアの大学生が親切で礼儀正しい」などと述べたため、現地メディアが「中国の代弁者のようだ」などと珍しく好意的に報道していた。

 今回のフォーラム出席で、両者の関係が雪解けするように思われていたが、尖閣問題の勃発(ぼっぱつ)で再び悪化するのは必至だ。  (引用終り)

 久々に「この石原発言」には応援するものが多い。私も真っ向から否定するものではないが、「どなたかのブログの引用を…」と探ったが、意見が一方的で、マスコミですら「スポニチ」並に過去に言及しているものが少なかったのは残念である。

 尖閣問題では、どう考えても日本に分がありそうである。詳しいことを知りたいなら尖閣諸島領有権問題(←クリック)が詳しい。

             img011.jpg
          石垣市が建立した地籍表示のための標柱です(左)。
         背面には石垣市字登野城2392番地と記されています。

 5つの島には全て地籍があり、住所は沖縄県石垣市登野城2,390~2,394番地です。

  今は全て無人島ですが、魚釣島にはかつて鰹節工場があり、多い時は99戸、248人が住む古賀村と呼ばれた村落がありました。 (引用終り)

 石原知事はこのことに対し次のように言っている。
 「中国がやっていることは理不尽な、やくざがやっていることと同じ」
 「何で政府は実行処置をとらないのか。
  防衛省はアメリカとの防衛演習を尖閣でやればいい」と語った。この点に対しては「拍手喝さい」の意見が多い

 さらに石原知事は、尖閣諸島の問題が「日米中関係の試金石になる」と指摘。
 「アメリカは必ず化けの皮をはがす。日本に対し、アメリカが動かないということになれば、東南アジアにおけるアメリカの権威失墜が歴然となる。世界の不審を買う最初の取っかかりを作るのは尖閣だ」と力説した。

 では、なぜ中国がかくも強気で押してくるのか。この地域にガス・石油の埋蔵が明らかになったことが最大の原因であるのは誰の目にも明らかである。それがいけないのか、と言うと「それが世界の常識」でもある。

 何の価値もない国や地域には、いかに飢饉や災害があったといっても、そんなにおいそれと世界は援助をしていない。が、石油の採れる地域となると、頼みもしないのにやってくるのである。

 この地域がそうなってしまったことはわかるが、石原知事の言うように、アメリカの無力さを見せてしまったら、日本の負けとなる複雑な勝負をしなくてはならない。戦後、日米安保の元、数千億の兵器であろうが、言われるままに買い続け、世界で唯一、思いやり予算などといって駐留経費をすべて負担している日本である。

 この安保が「張子の虎」など、恥ずかしくて言えはしない。アメリカは『出るぞ、出るぞ』と脅しておいて「出ないで」事を納めねばならない。そんな芸当が「世界で最も優秀な官僚」に出来るだろうか、菅内閣に期待できるだろうか。

 70兆円のアメリカ国債を所有し、経済的にも日本以上の結びつきとなった中国にとって「日米安保」などはもはや役に立たないのではないのか。

 日本政府の無難な幕引きを祈るばかりである。

 --追記--
  尖閣諸島に鰹節の工場があり、日本人が住んでいたことがあったことは、このテーマを書くに当たって始めて知りました。意外とブロガーの皆さんが「感情論」だけに走ってしまい、そういう地道なことを教えてくれるところが少ないのが残念です。アサヒグラフ・昭和53年5月5日号--魚釣り島の日本民家↓

img014.jpg

スポンサーサイト

COMMENT - 1

Title  2011, 09. 11 [Sun] 22:48

石原慎太郎氏が尖閣諸島に灯台を建設させた伝説は手柄横取りの疑い(★阿修羅♪)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak50/msg/390.html

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。