スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理が国連で『人道危機の打開に向け国際社会と連携して、日本が「主導的役割を果たす』と演説、難民を受け入れないのに…、だれが続いていくと思っているのか、不思議な報道。

 海外特派員も注目する『産経新聞』によると、安倍総理は「難民問題を日本主導で解決する」らしい。NHKも報じているし間違いはあるまい。 日本は飢餓や貧困の解消を目指す「人間の安全保障」の提唱国なのだそうだが、国内では多数の貧困問題や、生存を脅かす『低賃金』が国連から指摘されているが、国民は『人間』には含まれないようだ。
国連が衝撃の指摘

        難民支援に2850億円 首相「主導的役割果たす」
                                  2016.9.20  産経ニュース
 安倍晋三首相は19日午後(日本時間20日未明)、ニューヨークの国連本部で開かれた難民や移民対策を討議する国連サミットで演説し、難民・移民の人道支援や受け入れ国への支援として今後3年間で総額約28億ドル(約2850億円)を拠出すると表明した。深刻な人道危機の打開に向け国際社会と連携して、日本が「主導的役割を果たす」と強調した。.

 日本は飢餓や貧困の解消を目指す「人間の安全保障」の提唱国として、難民や移民対策でも積極的な姿勢をアピールする狙いがある。.                           (引用終り)

 確かに安倍総理は何でもかんでも「主導したい」らしい。南シナ海でも、アフリカでもそんな話になっている。ところが、それを取り上げ『積極的に評価する』のは日本のマスコミだけ…だとすると、日ごろの話と逆の出来事が世界で起こって唖然とする。 同じ日のBBCの記事--クリントンとトランプの比較--での「移民に対する各国首脳」の立場をこのような表している。

US election: Hillary Clinton and Donald Trump compared to world leaders
                             21 September 2016  BBC(英語版)
Japan has long had one of the world's more restrictive immigration policies, and the government of Shinzo Abe shows little sign of changing course. Non-Japanese make up 1.4% of the nation's workforce, compared to 16.7% in the US. The nation faces a shrinking, aging population, which has prompted some government officials to call for relaxed immigration standards. At this point, however, proposed remedies are limited to expanding the nation's guest-worker programmes.
日本は世界でも制限的な入国管理の方針を長く所有している国であり、安倍内閣は少しもその方針を変えようとはしていない。国内の労働人口に占める非日本人の割合は、米国が16.7%に対して、日本では1.4%に過ぎません。人口の高齢化で国力の衰えに直面し、官僚の中には緩やかな入国管理への要望に応えようと動いている向きもあります。しかしながら、こうやって提案された方策は、国の外国人労働者制度を拡大することしかできない。
       REFUGEES.png

 あっちこっちで都合のいい話をして回る。そのたびに多額の援助をするので、一応日本(中国を除いて)と会談をしてはくれるものの信頼感はほとんどない。話に一貫性がない。国内での話と海外でのあの『玉虫色』の話の差があまりにも大きい。
 こんな話にびっくりしていては、『日本国民』たる資格はない。あの世界に模範を示している「黒田(総裁の)日銀」が会合を開いて、こんどは『新しい提案』をしたのだそうだ。2年間で達成できなければ『辞職する』と大見得を切った副総裁は「懸命に仕事をするという意味」だったそうで、辞職はしないのだそうだ。良かったですねーー日本に生まれて…岩田さん。

【参考】 岩田副総裁は、昨春の就任前の国会における所信表明で、2年で2%の物価目標が達成できない場合は辞職する考えを表明したことに関し、「(達成できなければ)自動的に辞めると理解されてしまったことを、今は深く反省している」と語り、「まずは説明責任を果たすことが先決というのが真意だった」と説明した。2年程度での実現を目指して、最大の努力を行うという日銀の行動が大事だ、と語った。--ロイター電--
                                      09/21  FNN
日銀は、20日から開いている金融政策決定会合で、現在の金融緩和策について、「総括的な検証」を行う。景気を上向かせるため、目標としてきた2%の物価上昇率の達成が見通せない中、追加緩和が必要かどうかも議論し、結果を公表する。日銀が、「異次元の金融緩和」に踏み切ってから3年半。景気刺激効果には、黄色信号がともり、日銀の政策は、大きな岐路に立っている。

日銀は、原油安や消費税増税後の消費の冷え込み、海外経済の減速など、日銀の政策以外の要因が目標達成を妨げていると結論づける見通し。もう1つのポイントは、2016年2月に導入したマイナス金利の効果と副作用。(引用終り)

この国のモラルハザードの根源

最近の国内政治、経済のトップの話を聞いていると、ふと思う。私も現役時代の営業会議で、売り上げ未達成の原因を追究された時一度は使ってみたかったナァーー、『先月のお約束とは異なる新しい判断』、とか『先月の会議とは異なる新たな提案』…これ「平気」でいえる国のトップと黙ってうなづく日本国民。本当に相性が良いみたいだ。

                                          (本稿終り)

以下は長いお付き合いの方だけお進みください。

 ちょっと秋めいてきました。クーラーなしで九州でも何とかなります。私の部屋に入れると4台目となり、いまですらブレーカーが上がるのに無用の長物になりかねないし、それ以上に電気代も払えなくなるし… 

 彼岸花が田んぼのあぜ道に咲いています。これは「日の長さ」で咲く花だからなく僕に細長い日本でも同じに楽しめます。モミジとなると桜同様、地方によって見ごろが変わりますよね。コスモスはまだです。

 秋の歌はと言うと 『メランコリー』かな。そろそろ「カラオケ」でもアップしようかな…
今日はやめておこう、フフフ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。