スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにぎりの写真をSNSに投稿すると、貧しい子ども5人分の給食に!

いやな話ばっかりが続く毎日なので、今日は少し角度を変えて「おにぎり」について書き留めておこう。

   おにぎりの写真をSNSに投稿すると、貧しい子ども5人分の給食に!
             【11月30日まで】

                                      grape さんより引用
世界で食べるものに困っている人の数は、2016年現在およそ8億5000万人。特に、アフリカでは4人にひとりが飢えている状態だと言います。

しかし、飢餓にあえぐ国もある一方、生産した食べ物を処理しきれない国も多数存在します。日本でも、まだ食べられる食品が年間500万トン~800万トン廃棄されているのです。身近な食べ物を通じて、飢餓に苦しむ人を救いたい…

そんな思いから、日本発の素晴らしいキャンペーンが生まれました。日本発の社会貢献運動『TABLE FOR TWO』が2016年に行う、『おにぎりアクション2016キャンペーン』。

なんとこのキャンペーン、買ったおにぎりや、作ったおにぎりの写真をSNSに投稿すると、アフリカやアジアの貧しい子どもたちに100円(給食5食分)が寄付されるんです!
          『おにぎりアクション2016キャンペーン
                 世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016

キャンペーン初日である10月11日現在、投稿数は約160件。キャンペーン期間中にどれだけ多くの『おにぎり写真』が投稿されるのか楽しみです!

開催期間は、2016年10月11日から11月30日まで。ハッシュタグ『#OnigiriAction』をお忘れずに!あなたが投稿した1枚の写真で、5人においしいご飯を届けることができるこのキャンペーン、ぜひ参加してみてください!                             (引用終り)

 詳しくはリンク先を見てもらいたい。昔から訪問してくださっているお母さん方にも、今日の第1陣は「ちょっとほっとする話」になってよかった。

       リンク → 世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。