スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅びたがっている『日本社会』、感情的に日本を擁護することは、社会全体がぎすぎすしたものに変質していく。『妊婦腹パン』『精液かけ動画』なども根底は同じ発想。

  周りを見渡せば、「日本、狂っている」という彼らの言質を借りるまでもなく、その変貌ぶりに驚く人は多いに違いない。先日、少し書いた欅坂46ナチス問題でサイモン・ウィーゼンタールセンター(SWC)の謝罪要求に対して、ソニー・ミュージックと総合プロデューサーの秋元康が11月1日に謝罪コメントを発表した。ソニーは日本より世界の市場に商品を送り出して成り立っている会社であるし、秋元氏はオリンピックの開幕式をデザインする中心人物である。事の重大さに気が付いたのだろうと思うが、3日にイスラエル大使館がソニー・ミュージックと秋元に宛ててメッセージを投稿したものが炎上している。

 「アメリカ大使館やアメリカ政府が『靖国参拝』や『イルカ漁』について、コメントした時」と全く同じような論調で、相手側を攻撃している。LITERAが良く考えられた文章で、この件を分析している。特に最近の「正義の国日本」と言うような論調の中での第二次大戦での戦争犯罪への無反省は、今の「世界」で受け入れられるはずもないことを、国民が理解するように説得すべき「政府」であるのがだ、全く逆であるから、『滅びたがっている』と思われても仕方がない。--リテラの記事をリンクしておく--

     イスラエル大使館への「ネトウヨ」の攻撃 →  広がる無自覚な歴史修正主義


                                         名無之直人
日本、狂ってるって段階通り越して、滅びたがってるとしか思えない。
                                         おかまろ
同感です。震災以降、特にこの2、3年の日本、中でも東京の人々は滅びたがっているとしか思えない場面に出くわすことが多々あります。

 外国人が言う『日本のステルス税制(直接目に見えないようしてにとる税金)』で、国民は他国に比べて高額の負担をしている。造るときは「税金」で造り、使う時は『受益者負担』となり、結果は(世界のどこにもない)『自己責任』で個人の責任とされる。電気、水道、ガス、公共料金、いずれも非常に高い設定になっている。電気代などは「8倍」位ではないのか。

 現在、下層国民は「カツカツの生活」であり、将来も「夢がない」のだから、世間全体がギスギスする。あのNHKさえ、その現状をこんな風に報道する。

                                      11月6日  NHK
          マタニティマークがつけられない
ピンクのハートの中に、お母さんと赤ちゃんのイラストが描かれたマタニティマーク。妊娠していることを知らせるこのマークはことしで作られて10年になります。ところが今、妊娠中の女性たちからは、「マタニティマークをつけづらい」という声が上がっています。
                       -- 中略 --
「マタニティマークをつけてホームで電車を待っていたら、突き落とされた」。「妊娠しておなかが大きい時、わざと足をかけられた」。 横浜市の山下実穂さん(36)がインターネットの画面にこうした言葉を見つけたのは長男を妊娠した直後でした。不妊治療のために仕事を辞めて1年半後の、待望の妊娠。まだおなかが目立たない妊娠初期に吐き気やだるさなどのつわりに悩まされました。妊婦健診などのためにバスや電車に乗ることがありましたが、席に座れず長時間立っている時のつらさはその場にしゃがみこんでしまいたいくらいだったといいます。

実際に記者も「マタニティマーク」という言葉でインターネットの書き込みを検索してみると、「妊婦だからといって甘えるなとどなられた」「お腹を殴られた」といった情報が次々と出てきました。
山下さんは「友達からも『マタニティマークをつけていると階段から突き落とされたりすることもあるらしいから気をつけて』と言われました。身を守るマークだと思っていたのにそれが逆に攻撃のターゲットにされるのはこわいと思います。自分だけの体じゃなくて赤ちゃんの命も守らなくてはいけないのにどうしたらいいんだろうか思うと、外出もためらってしまいます」と不安を訴えていました。
                                        (引用終り)


 社会的弱者をいたぶる傾向は、ここ数年顕著である。レイプが起きても、犯罪者の断罪よりも「被害者の片手落ち」を非難する。「そんな時間に出歩く方が悪い」「スカート丈が短すぎで、それではレイプしてくれと言っているようなものだ」…そんな言説が、政権側の人間からマスコミを通じて流される。明らかにヘイトスピーチと世界が認めているような発言も「表現の自由」と擁護する。そういう雰囲気が日本社会を「ガラリ」と変えてきた。電車内で相手を物色し、顔写真を取って、その女性の服に『精液』をぶっかける動画をアップしているツイッターが人気だ、とあるさんが激怒している。3000もフォロワーがいて700もRTされていて、何で野放しなんだと… 今の「日本社会」の暗い一面であり、その暗黒は急速に拡大している。


                                       ミノハラケイスケ
妻も子供の送迎中にすれ違いざまにお腹にパンチをされたり、4歳児と一緒の時駅前で怒鳴りつけられたりしたそうです。1人の時は全くそんなことないのに子連れの時にだけ起こるようで、詳細に聴くと弱い者をいじめたいという社会的弱者な方たちの憂さ晴らしなのかなと。
                                            hana
妊婦腹パン、妊婦腹バット、流産パンチ、妊娠リセットパンチ、堕胎パンチ、中絶パンチ…色々な言い方があってわんさか出てくる…。

                                           嫌中bot
中国人の妊婦を見つけたら積極的に腹パンしよう。これ以上増えるのを許すな

                                    ろた‏@motaota_poppo
目の前に韓国人妊婦が現れたのでお国のために流産キックと流産パンチで撃退してる
                                           芹沢亀吉
たとえ冗談でもこれは言ってはいけないこと。悪質なヘイトクライム扇動ツイートにはブロック通報以外ありえない。
                             日々徒然〜ぶらりBURARIボーイ〜 ‏
こんばんは。通報しました。
相も変わらず、こんなクズが多すぎる…。本当に、ツイッタ社には、しっかりと仕事してもらいたいです。
                                            沛然
望むこと。警察がネット上の犯罪行為、性犯罪に対して厳正なる措置をとる
犯罪の温床となるプラットフォームを提供してるツイッター社は掲げているルール通りに違反アカウントを取り締まる、そうじゃなきゃ共犯も同じ。見て見ぬ振りして犯罪行為を軽視している人たちは考えを改めて通報・批判をする

        ツイッターで大人気1
                          画像はある ‏@Cry_4_TheMoonのツイートから

                                          ある
通りすがりの女性に精液をかける動画を載せてるアカウント。こいつの存在もこれを喜んでズリネタにする大量のフォロワーも不気味すぎる。こんなにフォロワー沢山いて、いいねもRTもされてて 今まで誰も通報してなかったの?終わってるよ。拡散した奴らも含めてさっさと逮捕されろ。

どうしてあのアカウントがフォロワー3000近くになるまで凍結もせずに野放しなのか。やっぱり単純に誰も通報してなかったからなのかな。民度最悪だよ。すごく暗い気持ちになる

何が怖いって、このアカウント3000人近くフォロワーいて一番多いツイートで700RT以上されてるんだよ。これってこのアカウントが大人気だってことでしょ?知らないうちに洋服に精液かけられるなんて痴漢以上に対策のしようがないし凄く怖いよ...しかもその行為がツイッターで大人気だなんて

                                      hana
駅で精液かけられたって写真とってすごく怒ってる人いたの。怒るの当然。でまあ気持ち悪いものなのでアップしないでよとかそういうこと言われちゃうかな…って少し心配してみてたら、「写真とってる余裕あるのか」って、嘘つきと言わんばかりだったり白い目でみるようにしたりな奴らわいてた。

                                     🐯 ‏@_misophobia
ありましたありました。本当に嫌だったら写真撮る前に拭き取るはずだろうとかなんとか…。

女叩きが溢れてはじめのうちは笑ってたんですが(多分自分が含まれている実感がなかったのかジョークのうちだと思っていた)、どんどん増えてネットを開けば必ず目にするようになって恐怖を感じたとき、本当に身の危険を感じたんですよね。それと耐え難い怒りと悲しみとやりきれなさがすごかった。

                                             hana
そうです。ほんとにかけられてたら写真撮る前にすぐにでも洗い落としたいはずだとか。そんなことされてそんな気持ち悪いものよく写真にとれるよね。みたいなこと、いろいろ言われてました…。

                                      エッタ ‏@reverie_et
はじめて 2ちゃんねるの女叩き みたとき あまりの恐怖に 心臓がばくばくして その夜うなされた。
犯罪被害者の女性を モノのように 嘲笑って蹴飛ばして遊んでるひとたちが 山のようにいて それが普通になってる てことがショックすぎた。                    (引用終り)


 世界の考えが、「女性蔑視、女性への犯罪への厳格化」と言う方向に動いているとき、日本社会ではその逆の考え、もしくは従来の考えのまま、進んでいくと、今ちょうど「第二次大戦」での日本の行動について、「相手国を植民地にしたり、自国領土にしたりしたのは、欧米そのものではないか。なぜ日本だけが非難されるんだ」という日本会議的主張と同じになってしまう。世界が「そういうことをやめよう」と合意しているのに、日本はその後もそのままの政策を押し通した。国連の調査で「未成年者への買春、人身売買」をとがめられても、それに反発する声しか聞こえない。まさに当時と変わらない日本社会は異常である。

 もちろん、欧米でも「女性差別」はあるだろう。AFPの記事にも「こうした事件に対しては、対応が甘く、処罰を免れる風潮が高まっている」とあるのだから。皆でそれを是正しようという動きがあるなかで一人置いて行かれると、気が付いた時にはその件での非難を一身に背負うことになる。

                                 2016年11月05日  AFP
米国で最も権威があり、最も授業料が高い大学の一つであるハーバード大学(Harvard University)は、同大学の男子サッカー部が女性を性的な魅力によって「格付け」していたことが明らかになったとして、チームの今シーズンの活動停止を決めた。

 大学の運動部責任者ロバート・スカリス(Robert Scalise)氏は、サッカー部が今シーズンの残りの試合の出場を辞退し、アイビーリーグ(Ivy League)の選手権や全米大学体育協会(NCAA)のトーナメントにも出場しないことを明らかにした。    --中略--

 米国の大学はキャンパス内でのレイプや性的暴行の問題に取り組んでおり、こうした事件に対しては、対応が甘く、処罰を免れる風潮が高まっているとの批判が上がっている。       (引用終り)

 当然ではあるが「差別するつもりはなかった」で済むわけがないという声が上がり、それが通る社会にならなければならない。「目が吊り上がった…」が事実だとしても、日本のように『本当のことを言ったら犯罪なのか』という主張が通る社会ではまずい。ブラジルでの「日本版Glamour」誕生を伝えるニュースは、ブラジルが健全な社会であることを示している。

                            2016年11月6日  ロケットニュース24
自分では差別しているつもりはなかったのに、配慮不足から結果的に相手を差別したことになってしまった……。そんな危険を誰もが抱えている。そして「つもりがなかった = 問題がない」ということには決してならない。

今回も、ある海外女性誌の SNS投稿が「日本人を差別した!」と非難され、炎上。謝罪する事態にまで発展した。

問題となったのは、世界的に有名な女性誌『Glamour』ブラジル版が、 Instagram 上に掲載したという GIF動画。そこには、両目をつり上げるポーズをとったり、胸の前で両手をあわせてお辞儀をする『Glamour』ブラジル版スタッフたちの姿が映っている。

コメントには「Glamour 日本版が誕生します!」と書かれているので、スタッフたちは雑誌の日本版ができたことをお祝いしているようだが……この仕草はちょっとマズかった。なぜなら、彼らがやった “目をつり上げる仕草” は、アジア人に対する侮蔑的な態度だと言われているからだ。

今回の『Glamour』ブラジル版の Instagram投稿に対しても、「気分が悪い」「人種差別主義者」「日系人が多く住むブラジルでこんなことが起こるなんて、信じられない」などネット上で非難が集中。3日後に『Glamour』ブラジル版は問題の投稿を削除し、“差別するつもりはなかった” との謝罪文を SNS 上に掲載した。

しかしその後も、ネット上では「“そんなつもりはなかった” って言ってるけど、このジェスチャーが何を示すかは有名なのに」「楽しんで、無害だと思ってやったところがたちが悪い」との声が相次いでいる。

なかには「僕はアジア人だけど、この態度には傷つかない。なぜこんなことで差別だと騒ぐの?」といった意見も見られたが、それに対しては「自分では変えられない身体的特徴を他者がからかうのはダメ。そのことに気付けないのは、単純にあなたが無知だから」「自分が傷つかないから、他の人も傷つかないと思わないで」などの反論がなされていた。    (引用終り)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。