スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『不法占拠』と考える内閣がロシアと領土交渉しても「結果」が出るはずがない。あまりに偏った報道を続けた結果、今回の展開で大慌てで修正せざるを得ない日本のマスコミ

 すでに15回も日ロ首脳会談が行われ、『北方領土』の進展がそのたびごとに取り上げられてきた。悲観的な発言は今回が初めてだ。もちろん、外相同士の会談も幾度となく行われ、ラブロフ外相の発言を除けば「玉虫色(輝いているという本来とは違う意味の)」のメッセージを政府や政府支持の報道機関が繰り返し伝えてきた。だから、今回の「安倍総理」の発言を驚きをもって伝えている報道機関が多い。客観的にみていれば、『ロシア側』の態度はそれほど変わってはいない。

 政府を作っている「日本会議」の主張や「産経新聞」の見解では「ロシアは北方領土を不法に占拠している」という。こんな言い分を主張して「領土交渉」ができるなどと考えている方がおかしい。マスコミでこれだけ流されると「一般大衆」は不法占拠だと思うであろうが、第2次世界大戦末期、ヤルタ会談で米国大統領ルーズベルトはソ連に対して対日参戦を求め、このとき、ドイツ降伏3ヵ月後に、ソ連は対日参戦すること、樺太・千島はソ連領となることが合意された。 
                   --以下 参考 北方領土問題 引用 → 北方領土問題 --

 日本政府はポツダム宣言を受諾し、連合国に無条件降伏し、9月2日降伏文書に調印。ポツダム宣言八条にしたがって、日本の領土は、四つの主要な島(北海道、本州、九州及び四国)及び連合国が定めた諸小島に限定された。降伏文書調印と同日に出された一般命令第一号により、千島諸島に在る日本軍は「ソヴィエト」極東軍最高司令官に降伏することが求められた。すなわち、ポツダム宣言第七条、一般命令一項(ロ)により、千島はソ連の占領下となった。 1946年1月29日、GHQは日本の行政区域を定める指令(SCAPIN-677)で、クリル(千島)列島、歯舞、色丹は日本の行政範囲ではないとした。

      15回も首脳会談やってるのに
                15回も首脳会談やってるのに

 1951年、サンフランシスコ条約を批准。条約第2条C項は次のようになっており、日本国は世界に向けて、千島の放棄を約束した。 『日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。』 同年10月の衆議院で、西村熊雄外務省条約局長は、放棄した千島列島に南千島(国後・択捉島)も含まれるとの答弁を行っており、国内外に向けて、国後・択捉島の放棄が明確にされた。
(注意:歯舞群島・色丹島は北海道の一部であり千島に含まれないというのが当時の日本政府の説明)
 
 ただサンフランシスコ平和条約締結時、戦勝国間では『日本政府の見解』は受け入れられなかった。

 今の日本政府やその支持団体の言い分では『北方領土の返還』などないだろうと思う。不法に占拠した「日本領土を返せ」といっても、ラブロフ外相ではないが、「ポツダム宣言を読んでから言え」となってしまう。ナショナリズムをあおっての政権だけに変更は無理だろうが、「プーチン大統領の手腕に頼っての明治以来の領土返還」と言うなら、2島返還はあるかもしれないのだが…

 いずれにしても、この政権は「派手」に外交成果を誇示するが、結果として、何もうまくいっていない。『歴史認識』が世界と全く違う人々の政権であるので致し方ないが、このツケは当然国民が支払うことになる。『櫻井よしこ女王』とともに心中したい連中ばかりがそろっている。

 
                                2016年11月23日  朝日新聞
 安倍晋三首相の最側近の一人である萩生田光一官房副長官が23日、東京都内のシンポジウムに出席し、「強行採決」や「戦後70年談話」「環太平洋経済連携協定(TPP)」などについて、自身の考えを語った。萩生田氏が参加したのは、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が理事長を務める「国家基本問題研究所」主催のシンポジウム

 「強行採決なんてのは、世の中にあり得ない。審議が終わって、採決を強行的に邪魔をする人たちがいるだけでありまして。じゃあ、あの(野党の)人たちが本当に声を枯らせて質問書を破りながら腹の底から怒っているかといったら、『田舎のプロレス』と言ったらプロレスの人に怒られるが、ここでロープに投げたら返ってきて、空手チョップで一回倒れて、みたいなやりとりの中でやっている。ある意味、茶番だと思いまして、もうそろそろこういう政治のあり方は変えるべきだと思っている」  (引用終り)

                                         山崎 雅弘
 「首相は不良と付き合い上手」=萩生田官房副長官、トランプ氏ら指し(時事)…「萩生田氏は23日の東京都内でのシンポジウムで、安倍晋三首相がトランプ、プーチン両氏やフィリピンのドゥテルテ、トルコのエルドアン両大統領と良好な関係を構築しようとしていると説明。その際、『首相はおぼっちゃま育ちの割には不良と付き合うのが上手だ。荒っぽい政治家と堂々と話すことができる』と述べた」「萩生田氏の『不良』発言は、野党の国会対応を『茶番』などと述べたのと同じ会合で出た」同類が集まるホームグラウンドでは、ポロポロと本音が出る。。

 これらの傲慢な言いぐさが出たのは、櫻井よしこ氏が理事長を務める「国家基本問題研究所」主催のシンポジウムとあるが、朝日新聞は日本会議と安倍政権の繋がりや諸政策の関連には皆目触れないのに、日本会議系イベントの内容は無料で丁寧に広報拡散するのか。何の批判的視点もなく宣伝を垂れ流すのか。

「強行採決なんてのは、世の中にあり得ない。審議が終わって、採決を強行的に邪魔をする人たちがいるだけでありまして」「(野党の抵抗は)『田舎のプロレス』と言ったらプロレスの人に怒られるが」「(戦後70年談話での安倍首相のおわびは)悪くないと思っていることでも、その場を謝ることで収めるということをみなさんもするじゃないですか」「過去に発した文章の中には安易なおわびを入れることによって、間違ったメッセージを世界に発信してきたという後悔と過ちがあった」     (引用終り)

 確かに「韓国」「中国」に対して日本政府は謝罪をしてきた。ネトウヨ諸氏の言うように何度か『謝罪』をしたのだが、そのたびに政府高官--安倍氏自身の場合もあったが--こういう発言を繰り返し、その謝罪を『無』にしてきたのだ。本音の出るこういう発言があるたびに、両国から「日本の謝罪は表面だけで、本心ではない」と言い返されてきた。実際、今回の謝罪も本心ではなかったと思う。だから、「何度謝っても」相手が受け入れてくれない。悲しいことだが…

自衛官の母、国提訴へ 「南スーダン派遣は違憲」と言う記事にもHIRO( ^ω^)さんが言うように「反日的」として、このような批判が並ぶ。自分の知識不足は「棚に上げて」…
                                     HIRO( ^ω^)
コメント欄には、退官すれば?辞めればいいだろ?とコメントが並ぶが、一度PKO派遣命令が出た自衛官は任務拒否すると7年の懲役刑になるように安保法制で法律が変わったことを知らないんだな。

 韓国の「朴大統領」への『国民の抗議』、検察の動きなどを見ていると、どちらが「先進国」か分からなくなる。大臣室で札束を内ポケットに入れても(口利きの有無以前にアウトだと思うのだが)「問題ない」の一言で終わる国が、本当に受け入れられるのか。 ロシアの日本の窓口であったウリュカエフ経済発展相が収賄で逮捕された。日本も関与していたのではないか、と心配になる。『金と女』でコロコロ転ぶのは日本の政治家のお得意であるから、こういう『発想』が出ても不思議ではない。

                               2016.11.27  週刊文春WEB
 11月15日、日露経済協力のキーパーソンだったウリュカエフ経済発展相が収賄容疑で訴追された。

 ウリュカエフ氏は国営石油大手、ロスネフチによる別の国営石油企業の株式取得に便宜を図った見返りに200万ドル(約2億1000万円)の賄賂を受け取ったとされるが、学者出身でリベラル派の同氏は本来、国営企業民営化を支持しており、不可解な点が多い。政権内の複雑な権力闘争に巻き込まれた模様だ。
                                              (引用終り)

 百田氏や長谷川三千子氏などがNHKの経営委員となって何の反発も起きないこの国民性はいかがなものだろうか。もうすぐ、安倍内閣の支持率は100%と言い出す「マスコミ」が現れるのではないか。こんなツイートもそのうち真実として何千、何万とコピペされていくのだろう。

日本を代表する愛国作家
                      日本を代表する愛国作家?

                                         toriiyoshiki
いまさらの話で恐縮だけれど、こんなのをNHKの経営委員に送り込んだり、勉強会の講師に迎えている時点で、安倍自民党の正体は明らかなのだが…。

                                          渡瀬夏彦
このわらうしかないデタラメ発言連続の御仁の小説は読んだことがないが(読む気もしないが)、嘘やデマは自分の小説の中だけにしておいてほしいもんだ、とは思う。

                                          赤い豚 ⚒
百田尚樹にしろ、櫻井よしこにしろ 「朴政権打倒のデモの後ろに北朝鮮」っていうのは、単なるトンデモなんですがそれでも支持し、ついていくのがいるという段階で、もうなんというか



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。