スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『安倍礼賛』を続けるマスコミ各社は、北方領土返還が『妄想』だったことを忘れ、「真珠湾慰霊」を無条件に「礼賛」するが、なぜ今頃「真珠湾慰霊」なのかを伝えない。

 TPPが日本で批准され発効すれば『このブログ』を閉鎖することは前々から宣言していたのだが、何しろ『バスが来ない』のだから、日本以外多くの国で批准が行われず立ち消えになる公算が大きい。もうしばらくは生き延びそうだ。西尾正道参考人が12/2参院・TPP特別委員会で次のように語っている。関心のある方はTPPがどういうものかはご存じだろうが、なぜこんな条約が推進されるのか、私には「不可思議」でならない。これでメリットがある日本人はいるのだろうか、と言うと「そんなにメリットがないのなら政府がやるはずがない。」と思われる方もいるのだろうが、年金カット法案のように「国民に全くのメリット」がなくとも、自分たちの尻拭いを押し付けてくることがある。3分くらいから「自民党の姿勢」についての意見は、我々の思いを代表しているように思う是非ご覧ください。

             
               西尾正道 参考人12/2参院・TPP特別委員会 投稿者 shimindouga

 安倍首相は「謝罪」でも「反省」でもなく、単に『慰霊』のために、ハワイへ行くのだそうだ。日本が「真珠湾」へ「慰霊」のためだけに行くというのは、日本に全く落ち度はないが「韓国に人道的意味で10億円支払った」以来の『摩訶不思議な出来事』としかいいようはないが、マスコミは「安倍礼賛一色」で、支持率を上げて1月解散らしい。「年金カット法案」も「カジノ法案」も『多くの国民にご理解いただけた』事になって、ますます「安倍内閣」が自信を持つだろう。

 安倍総理はオバマ大統領が「広島訪問」をした際に、『私がハワイへ行くことはない』と発言していたが、「TPP反対などと言ったことは一度もありません」と言われる方だから、「ハワイへ行かないなどと、一度も言ったことはない」とおっしゃるだろうが、日本国民に輪をかけたような『健忘症』である。しかし、なぜ急に「真珠湾行きが決まったのか」、『臨時ニュースを流さねばならぬほど急に…』

 ようやく来季から「NHK」は籾井会長を辞任させるらしいが、海外のメディアからこれだけ「NHKの信頼度」が崩れた時期はなかっただろう。この信頼の回復は並大抵ではあるまい。それと同様に安倍政権の「対米関係の躓(つまづ)き」は大きいものだった。それでなくとも「うまくいっていない対米関係」は「TPPの推進」「自衛隊の戦地への派遣」などの譲歩を繰り返して、辛うじて繋(つな)がっていたが、訪米時に安倍総理が「クリントン候補とだけ会談」した結果、トランプ氏が大統領に決まってまた行き詰ってしまった。そこで、『世界のどの首脳も非礼な事』として会談を持たなかった「トランプ新(予定)大統領」と会談をして自らの失敗を隠そうとした。

 もちろん、日本のマスコミはどこもが「世界のだれよりも早く会談」とバカ産経同様の『礼賛記事』を書いた。ところが、アメリカ大使館を通じて『米国政府から強い抗議』が行われた。あの「靖国参拝」と同じ構図になってしまった。あれを『首脳会談』という日本のマスコミの記事は見ていても痛々しい。「5分間の立ち話」である。全く「相手にされなかった」のである。もちろん、こういう間は「プーチン大統領来日、北方領土返還」というあり得もしない報道で、『安倍礼賛』を続けていたわけだが、実際に来日が決まり、交渉の内容が表面に出てくると、これらが全くの「希望的観測」であったことがはっきりしてきた。次の話題に「国民の目」を向けねばならない。そこで急きょ出てきたのが「真珠湾の慰霊」だと言う。

 韓国に10億円払っても、真珠湾に慰霊に行っても、世界の眼は明らかである。「日本がその行いを反省し、謝罪した」と思うのは当然で、そうでなければ「これらの事」は行われるべきではあるまい。当日、オバマ大統領がどんな演説をするのか、英語版で見てみよう。先の「オバマ、安倍会談」ではNHKの同時通訳が『オバマ大統領の発言』と全く異なる通訳をした。翌日のすべての新聞が「そのNHKの同時通訳」と同じ内容の『オバマ大統領の発言』をニュースとして流した。これがばれたのは『ロシアのスプートニク日本語版』の記事とのあまりの違いによってだった。


[東京 5日 ロイター] - 安倍晋三首相は5日、米国のオバマ大統領とともに今月米ハワイを訪れ、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊すると発表した。日本の現職首相が、75年前の第2次世界大戦において日米開戦の舞台となった真珠湾を訪問するのは初めて。

安倍首相は会見で、「ハワイでの会談は、この4年間を総括し、未来に向けてさらなる同盟の強化の意義を世界に発信する機会にしたい」と述べ、「これまでの集大成となる最後の首脳会談」だと語った。

「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない、その未来に向けた決意を示したい」と首相は会見で語った。

今月26-27日に予定される安倍首相のハワイ訪問は、オバマ大統領が現職の米大統領として初めて被爆地・広島を訪問してから7カ月後となる。ハワイはオバマ大統領の出身地でもあり、ホワイトハウスでの任期中にも度々家族で訪れている。

【12月8日 時事通信社】旧日本軍による米ハワイの真珠湾攻撃から75年を迎えた7日、首都ワシントンにある第2次世界大戦記念碑でも、犠牲者を追悼する式典が催された。

 式典には大戦を戦った元米兵約30人に加え、ペンス次期副大統領やマケイン上院議員ら政界関係者も出席。当時のルーズベルト大統領のひ孫に当たるエリオット・ルーズベルトさん(53)は「犠牲になった人々を忘れず、体験を未来に語り継ぐのが私たちの責任だ」とあいさつした。

 真珠湾攻撃を生き延びた元米兵のリチャード・ヤングさん(94)は「日本人に抱いていた敵意は消えてしまった。きょうの式典は当時の米国人をたたえるための素晴らしいものだ」と指摘。今月下旬の安倍晋三首相の真珠湾訪問については「日米間の平和と調和と結束を促進し、いい結果を生むかもしれない」と期待を示した。         (引用終り)
 

                                    Midori Fujisawa
BBCニューズナイトで日本の国防特集やってたぞ。東郷和彦と百田尚樹に取材、2年前に法律を変えたのでいつでもアメリカの助っ人できまっせ、国防の関心は1に中国、2に中国、3に中国と述べていたゾ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。