スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニホンミツバチ」は社会のために自分を犠牲にする武士道を備えている。という道徳の教科書がまもなくできる。さあ、あなたも「社会のために自分を犠牲に」するのですよ。人間なら… ともうすぐなるというお話

 今、日常で語られている事柄の中にも、これと同様の『詐欺まがい』の「日本最高伝説」が多い。そして、文科省が「内申重視」を言い出したころからずうっと教育は「右傾化」している。それが、現在の「ネトウヨ族」を作り出した源泉であり、言われるような「自虐史観」などに陥ったことは一度もない。自由闊達な日本を再度作ろうと思うなら、「内申重視」をやめ、個人の発想に任せる世の中にしないと日本の未来はなかろう。

                                 レンとハナ(#横浜市教育委員会)
道徳の勉強会なう。スズメバチの話がヤバすぎる。日本ミツバチvs 西洋ミツバチ 君が代をいれて日本のハチの武士道?!って書いてある。道徳の特目にある「集団生活の向上、役割と責任」

あまりの日本ミツバチのほめっぷり&擬人化に 笑いながら読んでたけど、これ相当怖いよねえ。特攻隊とかぶる。 育鵬社が出してる公立中学教師の本(;・ω・)
     道徳の勉強会なう1

                                    Simon_Sin ‏@Simon_Sin
うわー…生物学の話を道徳に持ち込むのはキモチワルイわ。ちなみに蜂球は「世界でただ一つの日本ミツバチが持つ撃退法」ではなくトウヨウミツバチ(日本ミツバチはこれの亜種)全体が持っているスズメバチ対策で、セイヨウミツバチは「窒息スクラム」という別の方法でスズメバチを撃退します。

セイヨウミツバチの生息域には大きなスズメバチがいないので窒息スクラムで対抗できるのですが、アジアには世界一巨大なオオスズメバチがいるので蜂球じゃないと対抗できない。だからアジアに住んでるトウヨウミツバチはその技を体得したのです。これは適者生存の結果で日本人の偉さとは関係ないです

                                         早川タダノリ
「ちょっとイイ話」であれば「江戸しぐさ」であろうと疑似科学であろうとなんでも「道徳」の教材にしてしまう人びとが存在しており、きたる「道徳」の教科化でがっつり稼ごうとコンテンツづくりに余念がない……という短い原稿を書きました。春にはご案内できると思います。婚活、家庭教育、食育、「道徳」教科化から「beyond2020」(new!)まで、役所がうちだすキャンペーンには怪しいコンサルタントがウンカのように湧いてきてタカりまくるというのは、例外がほとんど見られない、鉄の法則性を持った現象ですね。                                   (引用終り)

 これと同様、国外に出ると全くの「笑いもの」にされかねない常識(?)が社会に蔓延している。一部のマスコミは言うに及ばず、大半の報道が「異様」に感じられる。対中、対韓でこれだけ冷え込んだ世の中を支持している多くの国民がいるのに、自衛隊では定員不足だと言う。

 募集のポスターが「巨乳の小学低学年の女の子」から最近ではちょっとレベルが上がって、「中高の女の子」に代わっているが余りにも似つかわしくないポスターなのだが、これが一番効果があるのだろう。左は福岡県の「男子自衛官追加募集」のポスターなのだそうだが、皆さんの目にどう映るのだろう。--これは内部用で一般の眼には入らないところにしか張っていないのだそうだ。『人目に付かないところに張るポスター』というのが、どういう意味か、私にはさっぱりわからんのだが…--
  自衛隊員が不足
トーレ@狼がドアの前で待ってる さんのツイート↑        神奈川地本 HP より

何とも日本は「異様な社会」を産み出したものだ。その「日本」を引っ張るのは安倍内閣と「日本会議 (育鵬社も同系列)」なのだ。トランプ大統領を絶賛し、なんとかアメリカの庇護を取り付けようと必死である。各国首脳が「難民や移民の入国禁止は行き過ぎだ。」とコメントを発しているときに、「コメントする立場にない。」とコメントしたのだそうだ。官僚が書いた原稿がないと話せないのか、官僚がそう書いたのか知らないが…。そうプーチン氏は思うだろうし、独仏英カナダなどの首脳も、対等に話すべき人物ではない、と思うだろう。

そのトランプ大統領が最初に署名した『軍事作戦』がイエメンで行われたと言う。アメリカ軍の部隊が襲われ、負傷兵を救助するというその作戦で使われた「オスプレイ」が着陸に失敗し、再離陸できなかったため、その機は「米軍」によって、爆破されたのだそうだ。「オスプレイ」は着陸時にバランスを崩すと制御が難しい。--軍事オタクに言わせると、乗員保護のため大破するように設計されていると言う。信じがたいことですが…--沖縄同様「再離陸」出来ずに、爆破、オスプレイの乗員と負傷者は別の米軍機で無事救助したらしいが、初めからそうすればいいのに、と素人判断で言ってみる。このニュースは日本では伝えられないだろうな…。なにしろ日本では「安全で有能な輸送機」と言うことになっているのだから。

U.S. Commando Killed in Yemen in Trump’s First Counterterrorism Operation                    JAN. 29, 2017  The New York Times
One American commando was killed and three others were wounded in a fierce firefight early Sunday with Qaeda militants in central Yemen, the military said on Sunday. It was the first counterterrorism operation authorized by President Trump since he took office, and the commando was the first United States service member to die in the yearslong shadow war against Al Qaeda’s Yemen affiliate.  -- 中略 --

A United States military aircraft helping with the operation experienced a “hard landing” near the site of the raid, resulting in injuries to two other service members, military officials said. That aircraft, identified by a senior American official as an Osprey that was evacuating the troops wounded in the firefight, was unable to fly after the landing and was deliberately destroyed by American airstrikes. The wounded troops and the Osprey’s crew were lifted to safety by another American aircraft.                           (引用終り)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。