【日本という国】  『今治市職員とあっていない』と言い張る官邸側の発言を突き崩した市井の人々の執念。「出張命令書」に見られるとても不可解な変更。「加計ありき」を隠すために掘った墓穴。

 NHKがスクープした2015年4月2日愛媛県と今治市が加計学園を同行し当時の柳瀬首相補佐官と面会した時の記録文書が実際にあることを愛媛県知事が確認し、会見したことで、大騒ぎになっている。

 それに対し面会したとされる柳瀬首相補佐官は、「愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません。私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません。」とコメントを発表し、真っ向から対立をしている。

 産経新聞系の『夕刊ウジ(最近はある方々の間ではそう呼ばれるのだそうだ)』が、(政権に不都合な事実を)違法リークしたとして「大阪地検の女性特捜部長や江田憲司衆院議員を刑事告発しました」と一面トップで伝えている。

 この伝でいくと、まさか政府がうそをつくわけは無いので、「愛媛県職員と今治市職員は架空出張を計上し、出張費を着服した罪」で、刑事告発せねばなるまい。明日の新聞が楽しみである。

                             夕刊フジ報道部  2018年4月10日
都内の40代男性が、「違法リーク」に関わった疑いで、大阪地検の女性特捜部長や江田憲司衆院議員を刑事告発しました。
夕刊ウジ
大阪地検の特捜部長らの告発を伝える記事     『逃げる気か、朝日』と安倍総理の投稿


相手の言い分も正確に聞いておかねば「失礼に当たる」かも知れないので、柳瀬唯夫経済産業審議官が出したコメントの全文を掲載しておく。

               平成30年4月10日         経済産業審議官 柳瀬唯夫

朝日新聞等の報道に関しまして、以下のコメントをさせていただきます。

国会でも答弁していますとおり、当時私は、総理秘書官として、日々多くの方々にお会いしていましたが、自分の記憶の限りでは愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません。

自分の総理秘書官時代には、国会でも答弁していますとおり、50年余り認められていなかった獣医学部の新設がどうなるかという制度論が議論されており、制度を具体的にどこに適用するかという段階ではありませんでした。実際、その後、獣医学部新設を追加規制改革項目として、取り上げるかどうかについては、いわゆる「石破四原則」の決定により、検討が開始されることになり、翌年の平成28年11月に、獣医学部新設が国家戦略特区の追加規制改革事項として、決定されたと認識しています。

具体的な地点の選定手続きは、私が総理秘書官の職を離れてかなり時間が経ってから始まり、今治市が特区を活用して、獣医学部新設を行う規制改革が決まったのが平成29年1月だったと認識しています。

したがって、報道にありますように、私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません。


 森友も一人の市議の「情報公開請求」から疑惑が見出されたわけだが、加計問題も「村上治‏ 氏ら」の働きが大きいという。今回問題となっている4月2日の「東京出張」の旅行復命書を見てみよう。もちろん柳瀬審議官は会っていないというのだから、これは偽りの文書ということになるのだけれど、そうすると、ここに印鑑を押した人々は責任を問われることになる。(2.場所 内閣地方創生推進室になっていることに注意して見ておいてください。)

2015.4.2復命書1

この表紙から以降は「自民党政権お得意」のノリ弁状態になってしまい、何もわからない。ところが旅行命令書から、この出張について解き明かしていったのである。もちろん柳瀬審議官は会っていないというのだから、愛媛県と今治市が口裏を合わせて『捏造』したことになる。

 下に示すのは4月1日起票日の最初の旅行命令書である。①11:30~12:30都道府県会館東京事務所、②13:00~14:00内閣府、そして今治着午後8時というそれほど変な出張ではない。
2015.4.2復命書3
 ところが③15:00~16:30首相官邸が急遽加えられた。今治着が午後8時から、午後10時になっている。さらに復命書(上の表紙には 2.場所として「都道府県会館」ではなく「内閣府地方創生推進室」となっている。)が正しければ、さらにその後に変更があり、①11:30~12:30も内閣府となり、②15:00~16:30首相官邸となった。
2015.4.2復命書4
                                村上治‏ @iyomarukoroseoc
加計疑惑の皮を一枚剥げるか。今治市の「2015.4.2復命書」。 市の黒塗り開示から1年余。開学で隠す理由は既に消滅している。にもかかわらず非開示決定だ。3月28日、全部開示を求めて不服審査請求。官邸で加計、愛媛県、今治市との1時間半の密談を含む記録である。

 今治市は4月2日当日に詳細な報告書を含む復命書を作成しており、愛媛県も報告書を添付した復命書をすぐに作成した可能性もある。「平成27年4月2日の文書については、文書の保存年限が経過したため、既に廃棄済み」と愛媛県は政権に合わせてきた。それが『文書』として出てきた。中村時広知事は職員が報告のために「備忘録」としてメモしたもので、文書ではない、と言い訳をしている。メモなのに「文科省」や「農水省」「内閣府」に配って回ったなどと聞かされても、誰も信じないだろうが…

                              毎日新聞  2018年4月10日
 愛媛県の中村時広知事は10日、県庁で記者会見し、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)による国家戦略特区を利用した獣医学部新設について、2015年4月2日に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会した同県職員が、柳瀬氏から「首相案件」と説明を受けていたことを認めた。

朝日新聞は10日朝刊で、柳瀬氏が県職員らに「本件は、首相案件」などと発言したことを記した文書を写真付きで報道。これを受けて中村氏が庁内を調べたところ、職員が「間違いなく自分で書いたものだ」と認めた。会議に参加し、口頭報告のため内容を記録したという。

 中村氏は会見で、職員は既にメモを破棄しており、データも残っていないと説明した。文書が報じられたことについては、備忘録を基に文科、農林水産両省や内閣府を訪問した際に「置いてきた可能性は否定できない」と述べた。


 愛媛県としては「加計学園」誘致を懸命にやっていたというのだが、それなら2015年6月1日の事前相談と6月4日の国家戦略特区提案/6月5日のヒアリングの間、6月3日にキーマン本宮勇氏と一緒に下村文科大臣(当時)にも陳情に行った中村時広・愛媛県知事が、この官邸訪問の報告をあまり覚えてなく「首相案件」という言葉は気にもしてなかったというのは信じ難い。

     なんとなく大揺れに揺れそうな雰囲気だ。
      今日もしっかり記録しておこう。

スポンサーサイト