FC2ブログ

【日本という国】  日米首脳会談は成功したのか、成果が無かったのか。トランプ政権はすでに「金正恩」と直接交渉を開始していた。「平和条約の締結」「国交回復」にむけて、実質動き出している。

 麻生太郎「(女性記者は)ネタをもらえるかもって着いて行ったんだろ?触られても仕方ないんじゃないの?(セクハラだと騒ぐなら)次官の番記者を男に変えれば済む話だろ?」そういう考えを持った日本国の代表がG20に出席。諸外国から大いに注目を浴びること、間違いなし。目出度しメデタシである。

 この件については、連日のテレビ報道であるので、皆さんの方が詳しかろう。そこで、日米首脳会談のほうに戻ろう。例によってNHKの岩田明子記者によると多大な成果があったらしい。外電のほとんどが、「安倍は手土産を持たずに帰国する。」「関税対象からはずされず、一方的に二国間協議をのまされた」という論調であるのに、随分と違う。「拉致問題」は日朝間の問題であるという海外と日本の認識の違いなのかもしれない。

岩田明子が嬉々として
例によって「岩田明子が嬉々として安倍外交の素晴らしさ」をミスリードする。困ったものだ。

                                 2018年4月18日  NHK
アメリカ南部のフロリダで初日の日米首脳会談が行われ、トランプ大統領は、史上初めての米朝首脳会談で、日本人の拉致問題を提起する考えを表明しました。また両首脳は、北朝鮮の核や弾道ミサイル開発計画の、完全で不可逆的かつ検証可能な形での廃棄を目指し、最大限の圧力をかけていくことで一致しました。

安倍総理大臣は、「2人きりで北朝鮮の問題、経済について相当深い話をすることができた。それぞれ非常に重要な点で認識を一致させることができた」と述べました。

これに対し、トランプ大統領は、「米朝首脳会談で、われわれは拉致問題を提起する。日本のために最善となるようベストを尽くす」と述べ、史上初の米朝首脳会談で日本人の拉致問題を提起する考えを表明し、安倍総理大臣は謝意を示しました。

またトランプ大統領は、「米朝会談を開く場所について、まだ決断していないが5か所を検討している。われわれは北朝鮮の指導者と直接的な話し合いをすでにとっていて、とても高いレベルの幹部と連絡を取り合っている」と述べました。
                      (引用終り)

 完全一致の「日本政府」であるから、当然これは知っていたことなのだろうが、我々凡人には「ビックリ情報」である。事務方としてのポンペオ長官の活動は知られていたが、すでに「金正恩」と会談していて、トランプによると、「大変うまくいっている。」という話だ。取り上げる議題と「結論」がおおよそ決定済みということだろう。それを裏書するかのような「韓国」の動きがある。

                                 2018年4月18日  TBS
アメリカの新聞ワシントンポストは、トランプ大統領が次の国務長官に指名したCIA=中央情報局のポンペオ長官が極秘で北朝鮮を訪れ、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談したと報じました。これは、ワシントンポストの電子版が17日伝えたもので、ポンペオ氏は3月末から4月初めのイースター休暇の際に極秘で北朝鮮を訪れ、金正恩委員長と会談したということです。

 トランプ大統領の信頼が厚いポンペオ氏は北朝鮮を訪問する直前、国務長官に指名されたばかりで、6月初旬までに行われる見通しの米朝首脳会談の準備では、中心的な役割を果たすものとみられます。


 韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は18日午前の記者会見で、南北首脳会談を巡り「朝鮮半島での敵対行為の中断や、恒久的平和政策、北朝鮮の明るい未来を保証する方法について深く議論する」と述べた。鄭氏は南北首脳会談の開催後に米韓首脳会談を開いたり、米朝首脳会談後に米朝韓の3者で首脳会談を開いたりする可能性にも言及した。米国側と調整しているという。(最終的には、米中朝韓の4者会談となる。)

 米朝の間で、大筋『平和条約の締結』『国交の正常化』という話がついているので、今韓国は動いている。前からいうように、「トランプ大統領への配慮」から、「平和条約の締結」とはいかないが、それを前提とした話が文政権との間で進んでいる。もちろん、アメリカも中国もその件に関しては「承認」しているということだ。この朝鮮戦争を終結させるのに、日本は出る幕が無い。終結後、国交が正常化される際に、「日本」はどういう立場をとるのかが、今問われている。

 朝鮮戦争が終れば、朝鮮半島の国連軍は撤退するだろう。『朝鮮半島の非核化』はアメリカも合意しているので、在韓米軍の撤退も行われるだろう。多分、北朝鮮の完全非核化の実現と同時期ということになる。いずれにしても、日本に「韓国」「中国」とまともに話し合いのできる政府が実現すれば、東アジアでの軍事的緊張は大幅に減少することは間違いない。

                                  2018年4月18日  AFP
 トランプ米大統領は17日、安倍晋三首相との首脳会談の冒頭で、「人々は朝鮮戦争が終わっていないことを認識していない。戦争は今も続いている」と指摘。「(南北は)戦争の終結を論議しており、私もそうした議論を支持している」と述べていた。 休戦協定は53年7月に北朝鮮軍、中国軍、米主導の国連軍の3者が署名、韓国は調印していない南北、米朝の首脳会談で、朝鮮戦争の終結と平和体制構築に向けた道筋を付けられるかが焦点となりそうだ。

 韓国大統領府高官は18日、南北、米朝首脳会談に関連し、朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定体制を平和体制に転換する方策を検討していると明らかにした。高官は記者団に対し、「われわれの考えだけで可能なことではないので、関係当事国や北朝鮮と緊密に協議していく」と説明した。


 では、大々的に報じられている「今回の外交的成果」である、拉致問題はどのようになるのか、というと、まず「トランプ大統領」にとっては、三人のアメリカ人の救出が第一である。そして、その際に金正恩に「拉致問題と戦時賠償に関して、日本と首脳会談してはどうか。」という提案を行う。まあ、それが関の山だ。ポンペオ長官が金正恩とあっているならば、『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張は知っていよう。ひょっとすると、「調査結果」などの提出を受けているかもしれない。それでも前に進んでいるのだから、結果的には『復興のための賠償金を日本が支払う』だけに終るかもしれない。この事件は「日朝二国間」で解決すべき問題なのだから…。

 しかし、今回の「日米首脳会談」でのトランプ大統領のあの「厳しい表情」は何なのだろう。前回もあんなふうだったか、記憶をたどってみるが、思い当たらない。それとも、外国通信社のみが「あんな表情のツーショット」を載せているのだろうか。
スポンサーサイト