【日本という国】  晩餐会の席で金正恩が「韓国高官」に酒をついでまわり、「返杯」されて酔ってしまった…それを伝えた報道はあるのか。普通の国の普通の政府である、話し合いで解決できる、それを教えたくない日本がある。「ノーベル賞を取りなさい」との祝電に文大統領は「ノーベル賞はトランプ大統領が受け取り、われわれは平和だけもらえればいい」とコメント

 藤田純夫‏氏がツイッターで『知らないことを知らないと言えなくなったらジャーナリストとして終わりですよ池上さん。』といっていたが、池上氏だけでなくテレビ、マスコミで発言する有識者、専門家と称される人々はよく知らないことでも平気で「あたかも真実」のように意見を述べる。人間「森羅万象ことごとく」知っているわけではないので、苦手分野はそれなりに遠慮するべきだと思うのだが…。

                                        館野公一‏
「65年に及ぶ戦争がやっと終わるかもしれない、離れ離れになった民族が一緒になれるかも知れない」そんな気持ちに寄り添える報道はないものだろうか。どいつもこいつも北朝鮮は支援目当て、また裏切りをくりかえすといった報道ばかり。この国があの戦争で経済成長したことなど、もう忘れたというのか。
                                         Sentoze‏
文大統領の父親は、本来今の北朝鮮地方の公務員で、共産党入党を避けて朝鮮戦争時に韓国に避難して来た。そんな人の釜山生まれの子供が、親が北朝鮮出身だから北朝鮮寄りだというのは日本のメディアの韓国分析がどれだけデタラメなのか以外何も教えてくれない。脱北者とか北朝鮮出身の人はむしろ北朝鮮を憎悪し保守政党を支持する場合が多い。北朝鮮によって故郷を奪われたと思うから当然。

池上彰の韓国関連解説がデタラメなのは何も新しいことでもないんだが、本当にひどすぎる。こんなのを見ると視聴者としては、文大統領が単純に親が北朝鮮出身で北朝鮮が好きでしょうがない頭おかしい人間にしか思えないだろう?デタラメ専門家達って、本当に日韓友好の敵だと思う。


                                     ぽむ‏ @nattytotty
私も文大統領の両親が朝鮮戦争で北にあった故郷を捨て韓国に逃れてきたことを知って、そうした出自にもかかわらず偏狭な反共と北朝鮮憎しになびくことなく韓国の民主化に挺身した氏の生き方に感銘を覚えました。親が北出身だから北に友好的なんて戯言を垂れ流す池上氏はジャーナリスト名乗る資格なし。

 池上彰の韓国関連解説がデタラメ1
                                     Hideo‏ @hideo7757
池上さんのあの番組、見てたけど酷かったね。まぁあの乱暴な解説を真面に受け取る人も少ないだろう、と思いたい。でも、ああいう単純なデマが一部極右カルトに利用されて流布されるんだろなと思って見ていた。池上さんは罪深い。

 この番組を私は見ていないので論評は避けるが、どの番組を見ても館野公一‏ 氏の言うように「そんな気持ちに寄り添える報道はないものだろうか」という思いがしてならない。日本の報道であったか、無いのか知らないが、私が編集責任者なら、下の写真は必ず載せただろうと思う。金正恩が晩餐会の席で「韓国の役人」にお礼をこめて酌をしてまわってる様子だ。その度(たび)ごとに「返杯」され、酔ってしまった…という。 思いもよらない光景だ。こういう1枚、1枚が本当の意味での報道であり、その社が伝えたい「事実」を体現する。金委員長の妹、金与正氏も席を立って韓国関係者の間を回った。意識していない北朝鮮蔑視の気持ちを日本国民から取り去る本当によい光景だと思うのだが…

韓国高官にお酒をついでまわり返礼をうけた1
        韓国高官にお酒をついでまわり返礼をうけた

ワシントンを訪問している自民党総裁外交特別補佐の河井克行衆院議員は講演で「南北首脳会談の開催は核やミサイルの問題に何ら進展がないにもかかわらず、政治ショーとしてあたかも緊張が低くなったかのように演出されるに違いない」 河井氏はさらに、「金正恩委員長はアメリカや韓国との対話で何らかの結果を得ようとすら考えていないのでないか」と述べ、北朝鮮の対話姿勢は時間稼ぎ戦略だと指摘しアメリカと韓国は安易に対話に応じるべきではないと訴えました。(ANNニュース引用)

 日本の政府高官は『生き馬の目を抜く世界の外交の中では、どれだけうまく相手国を騙すかが勝負だ』などと公言するものが居る。今の政権では何度会談をやっても文在寅の「実直さ」の前に霞んでしまう。その度ごとに日本の地位は落ちていく結果になる。北朝鮮も当たり前の国だ、話せば分かる国だ、そう国民を納得させるべきである。みなさんは、上の写真をどう思われるであろうか。

 巷の噂では、文大統領がノーベル平和賞の候補とも言われているが、ノーベル平和賞を受賞した故金大中大統領の李姫鎬夫人が文大統領に、27日の南北首脳会談の成功をたたえて「ノーベル賞を取りなさい」との祝電を送ったのだそうだ。これに対し文大統領は「ノーベル賞はトランプ大統領が受け取り、われわれは平和だけもらえればいい」と話したという。もう『格』が違うとしか言いようが無い。今の日本政府の敵ではない。

                                 Nemesisのツイートから
                            April 29, 2018  New York Times
The leaders of North and South Korea met for the first time on Friday, struck an accord to work toward peace and pledged to attempt nuclear disarmament. Officials in Japan noted a lack of specific plans in the agreement, and analysts in the country have suggested the tete-a-tete was merely symbolic.
April 29, 2018
「戦争を終結させ朝鮮半島の完全非核化を目指すことで合意した南北首脳会談に、具体策が無いと日本政府はケチをつけ、象徴的なものにすぎないと日本の識者はほのめかす」

 振り返って、日本国内を見てみると「憲法」の意味さえわからずに、こんな発言を繰り返す馬鹿どもがごった返している。彼らだけが悪いのではなく、有識者や国会議員の中にも同類の「害虫」がいっぱいいる。日本会議の本部連中はそれなりに理解して「日本国憲法が意味を成さないように解釈して、国民に飽きさせる」という戦法を採っているので、そのほうはまだ戦いようがあるのだが、下に上げたような「ウジ虫」は理解そのものができていない。

 まず、憲法は『国と国民』の間での約束であり、日本国憲法があるからといって、他国は影響受けない。「日本」はこういう国です、と表明しているに過ぎない。外国と問題が発生した場合は「外交的努力によってのみ」解決します、と宣言している。だから「話し合いでなく、圧力で解決するようなことはしません」と宣言しているのであって、安倍内閣のやっていることは、憲法違反である。もちろん、分かってやっているのであって、なし崩し的に「現憲法を無効にする」という方針でやっている。

その憲法9条で今まで平和を促進、抑止力として安全を保証できた試しはありませんよね。北朝鮮問題、中国の領海侵犯、韓国の竹島不法占拠など。9条で解決できれば、今頃シリアも中国に侵略されたチベット・ウイグルの中国共産党独裁政権も解決済みですね。

シリアやチベット、ウィグルなど、なぜ日本国憲法と結びつくのか、こういう人々の脳内を是非見てみたいのだが、カラッポなのだろう。少なくとも、ベトナム戦争に参戦せずにこれて、彼らの言う敵国から「宣戦布告」も受けずに来れたのは、「戦争しない」という宣言の力が大きい。武力を持たない国を攻めるなど、「面子丸つぶれ」になるのだから。 

憲法9条=平和という考えほど愚かなものはありません。支那や朝鮮は9条を持つ日本に対してやりたい放題です。北朝鮮の変化は何かしらのアメリカからの強大な軍事的圧力が働いたからであり、対話による変化ではありません

 70年間、宣戦布告もされず、国土を維持している状況で「支那や朝鮮がやりたい放題」って、何をしたのだろう。北朝鮮の変化が「アメリカの軍事力」などという前に、世界160カ国と交易があり、あの制裁下でも核開発をし続けたことを考えれば分かること。中国、韓国の『対話姿勢』があったればこそ、なしえたことだろう。まあ、彼らにかまっていても仕方の無いことだが、ここを訪問してくださる人の中に、若い方がおられて、「憲法」について間違った考えを植え付けられている方がいるとすれば心配だからもう一度言っておくが、憲法とは「国民と政府の約束」であり、主権者の国民から「政権を預かった場合」、憲法にのっとって国家を運営する責務が政府に生じる、そういうものであるということをしっかり覚えておいて欲しい。--これが、世界の「憲法」に対する考え方である。--

スポンサーサイト