【臨時ニュース】  トランプ大統領が「米朝首脳会談」をキャンセルした。今から「習近平」や、「文在寅」がどう動くのか、注目。米朝水面下の攻防。

 トランプ大統領が「米朝首脳会談」をキャンセルした。相談相手だったはずの「安倍総理」も、仲介役である韓国の「文大統領」も飛行機の中か、外遊先であたふたしているところだろう。会談場所が『北京』でなかったのがそもそもけちの付け初めであったが、今から「習近平」や、「文在寅」が動いて、ここからどう修復していくか、2,3日は予断を許さない。

 最も立場がないのは「文在寅」の韓国だろう。今まで居たのに、そこを離れてすぐの発表だ。大きく影響力を低下させた。「習近平」も二度目の訪中で「何を吹き込んだのか」とトランプが疑っていることがはっきりした。修復できなければ、両国とも微妙な立場になる。「ドタキャン」があるなら、北朝鮮の方が大きいと思っていたが…

cancels meeting

President Donald Trump will not meet North Korean leader Kim Jong Un next month, he announced in a letter to Kim released by the White House Thursday morning, scrapping plans for what would have been a historic diplomatic summit.

"I was very much looking forward to being there with you. Sadly, based on the tremendous anger and open hostility displayed in your most recent statement, I feel it is inappropriate, at this time, to have this long-planned meeting," Trump wrote. "Therefore, please let this letter serve to represent that the Singapore summit, for the good of both parties, but to the detriment of the world, will not take place."

5b06c5361ae6624a008b45f8-750-709.jpg

ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)との首脳会談を中止する方針を表明したことを受け、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日午後11時半、外交・安全保障担当閣僚ら国家安全保障会議(NSC)常任委員を緊急召集した。青瓦台(大統領府)が明らかにした。


トランプ氏が金氏に宛てた書簡をホワイトハウスが公開した。

 書簡では「双方が長らく望んでいた会談に関連し、時間や忍耐、努力を示したことに感謝する」としながら、「あなたに会うことをとても楽しみにしていたが、最近のあなたたちの発言に示された極度の憤りとあからさまな敵意のため、残念ながら現時点で会談を行うのは不適切と感じる」と記した。その上で「シンガポールでの会談は開かれない」とした。

 また、「あなたは核の能力を誇示しているが、我々のものの方が強大なため、私は(我々の核能力が)絶対に使用されないことを神に祈っている」とけん制。「北朝鮮は永続的な平和と繁栄、富への偉大なチャンスを失った」とし、「この『失ったチャンス』は歴史に残る悲しい瞬間」と記した。

 一方でトランプ氏は、「この重要な会談に関連し、考えが変われば、いつでも私に電話をするか、手紙を送ってほしい」と表明。「いつかあなたに会うことを期待している」として、拘束していた米国人3人を解放したことに触れ、「ありがたく思っている。美しいジェスチャーだった」と評した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日、米ワシントンでトランプ大統領と会談し、朝米(米朝)首脳会談の開催に向けて連携することで一致した直後だったため、会談中止が知らされると青瓦台には衝撃が走った。

 青瓦台の関係者は、会談中止を知らせるトランプ大統領の金委員長宛ての書簡が公開されると、予測できなかった事態に当惑した様子を見せた。

 青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は書簡が公開されてから約30分後、記者団に対し、「トランプ大統領の意向が何なのか、正確な意味を確認しようとしている」と述べるにとどめた。



                                     George Nishiyama‏
こちらが米朝首脳会談中止を通告したトランプ大統領から金正恩氏に宛てられた手紙。北朝鮮が最近の声明文で明らかにした米国に対する「凄まじい怒りと明白な敵対心」を前に会談をするのは適切でないと。文章が非常に個人的な書かれ方であることも印象的です。

スポンサーサイト