スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

you tube に負けた「菅内閣」  国民を信頼することが先ですよ。

 昨日は皆さんも朝から大変だったでしょう。なにしろ、どの局もyou tube一色で、好き嫌いに関わらず、一度はこのビデオを日本国民は見たのではないか、と思えるほどでした。本当は私も「元警察官のジャーナリスト練炭自殺事件」をアップしようと準備しかけていたのですが、やはり「尖閣ビデオ」を取り上げることにしました。

 2010年11月5日(金)13時0分配信 リアルライブ  (提供:リアルライブ)
青字は加筆したもの
 9月7日に尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船「みずき」と中国漁船「ミンシンリョウ5179」が衝突した際の証拠ビデオと思われる動画が、11月4日(木)深夜、動画共有サイト「Youtube」に投稿された。タイトルは「本当の尖閣海上保安庁1~5」及び「どうなる尖閣海上保安庁6」の計6本。動画をアップしたユーザのアカウント名は「sengoku38」で、民主党・仙谷由人官房長官にちなんだものだろうか。
         尖閣流出ビデオ
            テレビも新聞も You tube に負けた
 朝2時頃には海上保安庁が内容を確認したと時事通信が伝えており、本物が流出したとみて間違いないようだ。国会に提出されたビデオは編集済みで6分50秒しかなかったと報じられているが、今回は44分26秒もあるため未編集のオリジナル映像と思われる。この長さで編集された物があったことが分かっています。事件を担当した那覇地検が石垣海上保安部(沖縄県石垣市)から捜査資料として提出を受けた十数本の映像のうち1本に、今回流出した計44分あまりの映像とほぼ同一内容の映像が含まれていることを検察当局が確認したことが分かった。そのうち「みずき」で撮影されたビデオは5本目までで、計41分57秒。最後の6本目は巡視船「はてるま」から観た2分29秒の映像。「みずきが漁船から体当たりを受けた」と報告する声も聞こえる。

 最初の3本では漁船が網を揚げる様子を淡々と監視。乗務員が状況を報告する声もはっきりと聞こえる。画像は鮮明で、漁船乗組員の姿も確認できる。そして動画4本目で「本船に船首を向け挑発的な動きを見せています」と伝えられた直後「みずき」後方から漁船が衝突。並走しながら中国語で停船を呼び掛けるが、一向に停まる気配を見せない。日本語で「おい、止まれ!」英語で「STOP!」などの怒号も飛び交う。更に動画5本目で、斜め後方から二度目の衝突。いずれも進路を誤ってのものではなく、意図的に攻撃をしかけてきたようにしか見えない。そして漁船が逃走し遠ざかっていくところで動画は終わる。

 先月24日にフジテレビ系列『新報道2001』に生出演していた石原慎太郎都知事は「巡視艇の乗員が海に落ちたのを漁船側がモリで突いている」と、ビデオを観た政府関係者の数名から聞いたと語っていたが、そのような場面はない。石原都知事のこの発言に関してはリュウマの独り言で紹介。
                    ここをクリック→
マグロじゃないんだから
 けれど後に船長の身柄を拘束しているため、動画には続きがあるはず。今回は明らかにされなかった部分にそれが含まれるのか、気になるところだ。
尖閣衝突ビデオ
   削除しても、削除しても増殖を続ける「you tube」の動画サイト
 PC内のデータをバラまいてしまう「Winnyウィルス」などの影響による政府絡みの情報漏洩は以前から何度かあったため、いつかはこういうことになりそうだとは感じていた。けれど今回は事故的なものではなく、何者かが自ら動画を投稿したかたちだ。映像を編集した石垣海上保安部(沖縄県石垣市)では、証拠などの重要資料のデータを保管するパソコンにパスワードなどのアクセス制限がかかっていなかったことが6日、海上保安庁関係者への取材で分かった。部内者であれば誰でも閲覧したり、データをコピーできる状態に置かれていたことになる。11月13日から神奈川・横浜市で開催予定のAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議を目前に控えたタイミングだが、それに先立って予定されている日米首脳会談の日取りは未だ調整中。何らかの思惑で政府がわざと流した可能性もあると指摘する声も出ている。今後また動画の続きも公開されるのか、流出の経緯が明らかになるのか定かではないが、国民の知る権利に応えてくれた「sengoku38」氏にひとまずは拍手を送りたい。(工藤伸一)

 このビデオが公開されれば、「それ一色」になることはほぼ推測できるので、元警察官でジャーナリスト、黒木昭雄さんの事件を扱うブログの中には、この件をもみ消す陰謀だ、と言う意見もあるほど、国民にとって衝撃的であった。

 なにしろ、民主党は政権をとる前までは「情報公開、国民の前にすべてを明らかにする」などと主張していたのに、とってしまうと、『内閣機密費』からして、公開を拒んできたのである。これでは自民党と何ら変わらないではないか。--自民党 菅派でもいいような--

 さて、ビデオの内容であるが、これを国民に見せても「すわ、中国と戦争だ」などと思う者が何人出てこようか。さほど問題になるとも思えない。国内でも、警察に停止させられて、パトカーを振り切って逃げようとする者もいる。そのレベルであろう。確かに悪質とはいえるが、国家間の争いになるとも思えない。
    ロイター通信の画像は、中国船捕まえた当日、TVのNEWSで流れたものの
        中国船捕まえた当日、TVのNEWS速報の静止画像
 なぜ見せないとしたのか、疑問が残るところだが --だから、この後にすごいことがあるなどと言う石原都知事のような話になる-- 世に言う「マグロじゃないんだから」と船員が海保の隊員を銛で突いたような話になるとすると、この写真からしてみて、船上から突くには「人の背丈の2倍以上」の銛が必要になってしまう。 (船上の人の大きさを見て欲しい。)
          ジョーズの船
     ジョーズの船と大きさが違いすぎる。これなら、銛でつけるが……
 ジョーズの見すぎではないのか。モチロン、私は漁師ではないのでトロール船にそのような銛を積んでいるのかどうか知るよしもない。そういう事件があっての逮捕であるなら、凶器として「その銛」は押収されていようし、写真もあるはずである。余り軽はずみに事を大きくするものではない。

 そうでなくとも、ネットでは海保職員が殉職した、と言う話が結構出回っている。とうとう個人名も明らかに (?) なった。その根拠となるのが、次の中国の記事で、自動翻訳機にかけると、そういう意味で出ることがあるらしい。 (緑字の部分)

尖閣、海上保安庁職員の殉職で、外務省は中国大使館に抗議していた!

釣魚台撞船事件 中日兩國相互提抗議
一艘中國漁船在中日兩國有主權爭議的釣魚台列嶼(日本稱尖閣諸島)海域與日本巡邏船相撞。
日本海上保安廳稱,〓撞最初在星期二(9月7日)上午10時15分(格林尼治標準時間1時15分)發生,事故沒有造成人員傷亡

 ところが、別のブログでは「この部分の意味」を死傷者はいなかった、と訳すのが正しいとしている。中国語の基礎だとも述べていたりする。私としては「中国語」が分からないからなんとも言いようがないが ……

 『漢文』などの授業を止めて、中国語でも教えたら、もっと理解できるだろうに……話題がそれました。(笑)

 今回の漁船衝突とは比べ物にならない事件が、今年の3月に韓国でありましたよね。天安号事件です。韓国哨戒艦「天安」が北朝鮮の魚雷で沈められたという事件です。乗員46人が死亡しています。この事件が日本だったらどうなっていたでしょう。靖国神社は日の丸で埋め尽くされていることでしょう。
 興味のある方は「リュウマの独り言」(CMです)クリック→ 韓国哨戒艦沈没事件の真相
      哨戒艦「天安」が魚雷攻撃を受け沈没
          哨戒艦「天安」が魚雷攻撃を受け沈没
 しかし、韓国では「戦争機運」よりも、政府の発表に懐疑的な論調も多く見られました。その原因の1つが、この演習を国民に知らせずに行っていたことです。--これで、韓国政府は大きなダメージを受けています。--

 日本政府もそうです。国民はそれほど「バカ」ではありません。ビデオを公開したからといって、大多数が「反中国」になるわけでも、中国と全面戦争を希望するわけでもありません。それは、一部は都知事のような方もいらっしゃいますし、マスコミで大きい顔をしている人々の中には、戦争待望論の方もいるでしょうが、国民の多くは平凡なその日その日を望んでいるわけです。

 漁師は明日も漁をしたいのですし、農家の方は明日も野良仕事をしたいのです。

 世論や内閣支持率ばかり気にして、国民に隠したり、うそを言うと逆に何かあるのではないかと、下賎の者たちは疑ってしまいます。「仙石さん、もっと国民を信頼しなさい。」

 民主党は野党のころのように「国民を信頼して」政治を行いなさい。情報を公開することは、お互いの信頼を築く「第一歩」ではありませんか。


スポンサーサイト

COMMENT - 3

花園祐  2010, 11. 07 [Sun] 17:07

 記事中にある中国語は「死傷者はいなかった」で正しいです。非常に簡単な構造の文章で、恐らく大学の第二外国語に中国語を選んで一年も勉強すれば簡単に読解できる程度なので、あれを根拠に死傷者がいたと書いた人がいるとすればちょっと神経を疑ってしまいますね。

 自分がブログ休んでいる間にいろいろあって、これからどう復帰しようか悩み中です。この件も書かざるを得ないだろうな。

Edit | Reply | 

リュウマのパパ  2010, 11. 09 [Tue] 00:29

Re: タイトルなし

>  記事中にある中国語は「死傷者はいなかった」で正しいです。非常に簡単な構造の文章で、恐らく大学の第二外国語に中国語を選んで一年も勉強すれば簡単に読解できる程度なので、あれを根拠に死傷者がいたと書いた人がいるとすればちょっと神経を疑ってしまいますね。
>
>  自分がブログ休んでいる間にいろいろあって、これからどう復帰しようか悩み中です。この件も書かざるを得ないだろうな。

 早速お返事をいただきありがとうございます。これからもお互いにがんばりましょう。ではなく、貴殿を目標にがんばります。

Edit | Reply | 

リュウマのパパ  2010, 11. 12 [Fri] 01:30

Re: タイトルなし

>  記事中にある中国語は「死傷者はいなかった」で正しいです。非常に簡単な構造の文章で、恐らく大学の第二外国語に中国語を選んで一年も勉強すれば簡単に読解できる程度なので、あれを根拠に死傷者がいたと書いた人がいるとすればちょっと神経を疑ってしまいますね。
>
>  自分がブログ休んでいる間にいろいろあって、これからどう復帰しようか悩み中です。この件も書かざるを得ないだろうな。

 早速のコメントありがとうございます。心強い援軍です。感謝!感謝!です。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。