【日本という国】  公的機関の文書を国民が「捏造」と疑う日が近づいている。財務省の文書改ざんを無罪放免で沸き起こる「右へ倣(なら)え」。どうやったら罪に問えるのか、という悲痛な声も…

 今回は国内の刑事事件だが、そのうちに国際関係で同様に日本政府の文書は『捏造だ』と主張されることが増えるだろう。現在国民が「沈黙」を守り、政権を擁護することは今後に大きな禍根を残すことになる。中国やロシア、韓国との外交問題が先鋭化したときに、日本政府の後ろ盾となる「公文書の信頼性」が他国から見て大きな疑問符がつくのだから。

 千葉・松戸の女児殺害  無罪主張 被告「検察が捏造」
                                毎日新聞  2018年6月4日
 千葉県松戸市立小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)=ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人、死体遺棄などの罪に問われた通学先の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の初公判が4日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。渋谷被告は「全て違います。検察官の主張は架空で捏造(ねつぞう)されたことであり、私は一切事件に関与していない。全面的に無実、無罪を主張します」と起訴内容を否認した。

 
  「困難」を乗り越え捜査していく
                     山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」引用
公文書をあれだけ改ざんして罪に問われないのなら、一体どういうことをしたら起訴になるのか。
大阪地検の山本真千子特捜部長の見解がおかしい、なぜならすべて問題を、認定が「困難」で済ませている。「困難」を乗り越え捜査していく、それが地検の「困難」を調べるのが地検の仕事なはずだ。あなた方の仕事だろう。

森友疑惑の38人不起訴に落合弁護士が語った。
「単に改ざんだけが行われたというのではなくて、国民をだまし、国会をだます、非常に悪辣な企みの中で行われたんだと。積極的に罪を問うていくということをきちんと行っていかないと特捜部の存在意義というものがどこにあるんだということになる」


 この結論を大方の国民は予想していただろう。最近では「政治家」はよほど清廉潔白らしく、全く起訴されることが無い。大臣室で現金授受が行われようが、疑われるような補助金支出があろうが、「不起訴相当」という言葉が飛び交う。

 今回の財務省による公文書の改ざんは「大規模」なものである。数百箇所に手を加え、自省のみならず、関連して文書をやり取りしていた国土交通省まで出向き、それすら改竄したものに合わせたという。これで全く罪に問えないというのなら、「どのようにしたら罪に問えるのか」という佐々木公哉氏の質問が多くの国民感情だろう。検察は行政機関の一部であり、官邸の意向によって人事権を掌握されている。政権中枢の行為に手が出しにくい仕組みであればこそ、「特捜」があるのだろう。(公開の)裁判で最終的に決着がつく--仮に無罪になったとしても--のであるから、捜査が困難を理由に「不起訴」とすることは、納得できない。

                                時事通信  2018年6月4日
 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんで、財務省職員がつじつまを合わせるため、国土交通省に出向き、同省内に保管されていた文書を改ざん後の文書に差し替えていたことが4日、財務省の調査報告書で分かった。それによると、財務省理財局の職員が昨年3月以降の時期に、国交省の室長級職員に対し、同省で保管する決裁文書に「最終版がある」と説明。4月下旬ごろ、国交省で文書を確認したいと申し出た。

 国交省職員は不審に思い「原本を部外者に触れさせるべきではない」と判断。原本のコピーを含む紙ファイルを用意し、同省会議室で閲覧させた。同省職員は立ち会わなかったため、室内で何があったか不明だったが、財務省の調査報告書によると、理財局職員はこのとき文書を差し替えた。


 日本の中枢が腐っているから、末端の腐り方も早い。いや、腐っているという自覚も無い。国家そのものが何をやっても無罪放免と思っているのだから…。

                                読売新聞  2018年6月4日
 いじめを受けていた神戸市立中3年の女子生徒(当時14歳)が2016年10月に自殺し、同級生からの聞き取りメモが隠蔽(いんぺい)された問題で、当時の校長が市教委幹部の指示で隠蔽する方針が決まった後、教職員らに「メモは存在しないものとして扱う」と伝えていたことがわかった。

 複数の教職員がメモのことを知っており、市教委は校長が隠蔽の発覚を免れるため、口止めを図ったとみている。

 市教委が3日公表した弁護士の調査報告書によると、メモは生徒の自殺から5日後の同年10月11日に教員が同級生6人から聞き取り作成。いじめの内容やいじめを行ったとされる生徒の名前などが書かれていた。



                                 長谷川博一‏ @hanycafe
すごい世界だなあ。教委と校長が協議して「存在しない」ことにし、校長から教職員に「存在しないこととして扱いなさい」と指示していたとは。勿論、亡くなった生徒のためではない。

スポンサーサイト