【日本と言う国】  一体日米首脳会談では何が中心に話し合われたのか。「拉致問題の取り上げ」と「制裁の継続」と引き換えに日本は何を譲歩したのか。

 日米首脳会談のニュースが報じられている。所変われば品変わる(同じ品物でも土地が変わると、名称や用途は変わるものだという事)と言うが、このニュースも日本では「総理の直談判」が強調された。

 「何を」直談判するのかと思いきや、「日本人の拉致」だと言う。それは「北朝鮮に直談判」する話であるが、スシローも岩田明子もそうは思わないらしい。『約束を取り付けた。安部外交の勝利だ』と目を潤ませて報道している。もう一つは「最大限の制裁を続けることで米国と完全に一致した。」と安部総理は発言している。

 世界の誰一人として日米の考えが「完全一致」などと思っていまい。アメリカは「北朝鮮が非核化の行動をとり始めたら制裁解除に動く」のであって、日本のように「北朝鮮の非核化が完全になされて制裁を解除する」という立場とは全く違う。今回の会談が友好的に行われるなら、トランプは「金委員長」をホワイトハウスに(国賓としてかどうかはわからないが)招待する、とまで言っている。

 韓国でのこの首脳会談の報道は次のようなものだ。戦争終結を重点に報じている。
、  
トランプ氏は安倍晋三首相との会談後、ホワイトハウスで記者会見を開き、記者団からの質問に「(朝米首脳)会談が上手くいけば、(招待は)受け入れられるだろうし、彼(金委員長)は好意的に受け止めるだろう」と答えた。また、「われわれは(朝米首脳会談で)朝鮮戦争の終戦に関する合意に署名することができる」と述べた。北朝鮮が非核化措置を取れば国交を正常化する方針も示唆した。

                               Kan Kimura (on DL)‏
北朝鮮問題でアメリカは日本の言うことを聞いてくれるはずだ、という人は未だにいるみたいだけど、彼らがどうしてそう思っているのかは謎である。アメリカはアメリカの利益に沿って行動するだけに決まってるじゃないか。短中距離ミサイルはギブアップした雰囲気になっている。このまま行くと、拉致も含めて日本の要求事項にはゼロ回答の可能性が。

 NHKの速報を時間系列どおりに並べておこう。

【速報】アメリカのポンペイオ国務長官は、NHKとの単独インタビューで、 #北朝鮮 の非核化について「体制保証に加えて経済的に実現可能な道があることを北朝鮮が認識する必要がある。非核化と経済支援はリンクしていて日本の経済支援は重要だ」と述べた。
【速報】アメリカの トランプ大統領 は、安倍総理大臣との会談のあと、共同記者会見に臨み、来週12日にシンガポールで行われる #米朝首脳会談 に向けて日本人の 拉致問題 をめぐって緊密に連携していく考えを示した。
【速報】アメリカのトランプ大統領は安倍総理大臣との共同記者会見で、 #米朝首脳会談 がうまく行けば、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長をアメリカに招くこともありうるという考えを示した。
【速報】アメリカのトランプ大統領は共同記者会見で「われわれは貿易の不均衡を是正し、アメリカの輸出にとっての障壁の撤廃に取り組む。日本が アメリカに新たな工場を開くよう促していく」と述べ、日本に貿易赤字の削減を求めアメリカへのさらなる投資を求める姿勢を強調した。

                                       Siam Cat_036‏
米朝会談に先立ちトランプ大統領に直談判した安倍首相の雄姿を目を潤ませながら誇らしげに語るNHK政治部の岩田明子さん。朝から薄気味悪いものを見てしまった。こういう時ほど受信料不払いを思うことはないね。

NHK政治部の岩田明子さん
 こうやって、香港を制圧し、 マニラを制圧し、ハワイで大戦果を挙げ、アメリカの「太平洋艦隊を全滅」させ、イギリスの東洋艦隊を全滅させた、となっていった…。今と同じだ。

 『会議の成功にいかなる支援も惜しまない』と安部がいかに言っても、何もできないことは世界に証明されている。韓国からは「日本はしばらく黙っていて欲しい」と言われ、中国からは「首脳会談は忙しいから来年の6月ごろでどうだ」と言われ、プーチンからは首脳会談を部下との打ち合わせのために45分遅刻され、トランプからは………

 世界的にはどのように報じられているかを「ロイター」で見てみると

  Trump says working with Abe to improve
      U.S.-Japan trade relations

     トランプ大統領は安倍と協力して「日米通商関係の改善」を図ると述べた。
  貿易で難癖つけられるためにトランプに会いに行ったんかい
                           REUTERS  June 8, 2018
(Reuters) - U.S. President Donald Trump said on Thursday after White House talks with Japanese Prime Minister Shinzo Abe that the two leaders were working together to improve trading relations and that Abe promised new Japanese investment in the United States.
会談後トランプ大統領は「二人で協力して、貿易関係の改善に取り組んでおり、安倍首相からは日本がアメリカへの新しい投資を約束があった。」と話した。
At a joint news conference, Trump said Abe told him Japan was buying “billions and billions of dollars of additional products of all kinds - military jets, airliners from Boeing, lots of farm products.”
共同記者会見でトランプ大統領は「安倍首相はボーイングからの戦闘機、航空機、多品種の農産物について新たに何十億ドルもの追加購入をするとのべた」と話した。
“We’re working hard to reduce our trade imbalance which is very substantial, remove barriers to U.S. exports and to achieve a fair and mutually beneficial economic partnership,” Trump said.
『我々は懸命に実質的に米国の輸出障壁をなくすよう、公正で互恵的な経済パートナーシップを造るために、貿易不均衡をなくそうと働いている。』とトランプ氏は述べた。

                                    高橋 浩祐‏
貿易不均衡縮小のため、トランプ大統領は「安倍首相がこのちょっと前に、アメリカから、軍事や農業製品など追加で何十憶ドルものの商品を買うと言った。ボーイングからジェット機や旅客機を買う」と述べた。日本はアメリカから追加で何の兵器を買うのか。安倍首相は何を買う約束をしたのか。

 日本の報道からわかることは、「トランプが拉致問題を取り上げてくれるらしい」ということ。米国も「北朝鮮が全く非核化に向けて動かないなら制裁を続ける」ということ。この2点のみが極端に肥大化して伝えられている。ところが韓国では「終戦協定、平和条約」などが中心であり、英語圏へ絶大な影響力を持つ「ロイター」では、『日本のアメリカへの経済協力』が中心となっていることがお分かりだろう。

 一体どれが「共同記者会見」の中心事項となったのか。『神のみぞ知る』では余りにも悲しいではないか。
スポンサーサイト