スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題   パピヨン「リュウマ」の知られざる秘密 (爆)

 このブログが「リユウマの独り言」となっているが、「リョウマ」の間違いではないかと、思われている方もおられると思います。

 間違いではありません。「わざ」とそうしてあるのです。何しろ、リュウマ君の父親の名は「蘭丸」と言います。母親はと言うと、聞いて驚くなかれ、「ねね」なのです。ものすごい不貞の子です。
        竜馬3-1-
        子犬のときはどの犬でもとても可愛いですよね 
 打首、獄門が当然でしょう、これでは。そこで、里親 (私) として、なんとか生きながらえるために、名前を検討しましたが、戦国時代に「この情況」を打破する名前が見当たらず、幕末の「坂本龍馬」にたどり着きました。彼とて暗殺されたのです。社会から身を隠すために () 偽名の「リュウマ」となったわけです。 ()
          竜馬3-2-
           舌がとても長いような気がします。 
 パピヨンと言う犬種は「耳」がとても大きいのです。顔の半分は耳ではないか(?)とも思えます。しっかり躾をして、立派な犬にという「当初の目標」とは違って、やんちゃ坊主のまま育ってしまいました。これは、この犬種の特徴なのかどうか知れませんが、涙を流すのです。上の写真でも「目の周りの黒いところや目じりの黒い線」はぬれています。

 男は涙に弱い (?) ですから、厳しく躾が出来なくなって……(言い訳です)
もう、8歳になります。そろそろ寿命かもしれませんが、現在ではパピヨンらしい体型になっています。
 最近の写真は、後日機会があったらアップします。

 1つ困ることがあります。女の人にはニコニコと尻尾を振りながら愛嬌を振りまくのですが、男の人には敵意むき出しで吠えかかっていきます。分かるのですかネェ。人間の男女の別が…… 「飼い主に似たのでは、ですと…」
それは絶対にありませんぞ。

 通学中の女生徒から「可愛い・可愛い」と言われて上機嫌ですが、……

 今日も平和な日本でよかったですね。今日は閑話休題で……すみません。 

わざわざご訪問、ありがとうございました。

 
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。