FC2ブログ

【戦争にひた走る国】  共同通信さえ「安倍晋三首相の戦略の行き詰まり」と書かざるを得なくなった日本外交。「日本政府は一体何をやっていたのだろう。僕らは一体何を信じ込まされていたのだろう」(三浦英之)。なぜ、自由に情報をとれる日本で、ここまで海外と違った、まさに社会主義国のような報道管制ができるのか

 ようやく共同通信でさえ『安倍晋三首相の戦略の行き詰まり』と書かざるを得なくなった。NHKの岩田明子や田崎スシローはどう解説するのだろう。こんなことははるかに前から分かっていた。「領土問題の譲歩による支持率低下の懸念」など嘘に決まっている。領土返還の反対デモなど「プーチンの力」をもってすれば、いとも簡単に抑えられる。ここは「香港」ではないのだ。三浦英之氏が「僕らは一体何を信じ込まされていたのだろう」と述べているが、正直な日本国民の気持ちなのかもしれない。

                                  三浦英之
日本政府は一体何をやっていたのだろう。僕らは一体何を信じ込まされていたのだろう

                           2019年7月14日  共同通信
安倍政権が進める日ロ平和条約交渉で、ロシア側が日米同盟による脅威などを理由に、1956年の日ソ共同宣言に明記された歯舞群島と色丹島の2島引き渡しの協議入りも拒否していたことが14日分かった。複数の日ロ関係筋が明らかにした。プーチン政権内で領土問題の譲歩による支持率低下の懸念が高まったためという。

 日本側はロシア側に配慮し、北方四島は「日本固有の領土」との従来の主張を封印して2島返還での決着を図ったが、こうした安倍晋三首相の戦略の行き詰まりが明確になった。ロシア主導の交渉が続けば、さらに譲歩を迫られる恐れがある。


ロイターが伝えた記者会見の様子

 上の写真はご覧になったことがあるだろうか。多分「初めて」の方が多かろう。左はロイターが海外で使った「日ロ首脳会談」での記者会見の模様だ。プーチンの机上には何もない。安倍晋三の机上には原稿がある。記者質問も決まっているのだろう。それを読み上げる様子をプーチンがジィーと見ている。「二人に信頼関係がある」など日本人の妄想だ、ということが、はっきり分かる写真である。

 右は「岸田・ラブロフ外相会談」後の海外記者との会見の時、
日本人記者の「ところで、領土問題についてはどのように話し合われましたか。」
という質問に対して「突っ込んだ話し合いをしました。」と岸田外相が答えた。
ところが、ラブロフがそれを遮るように手を挙げ
「領土問題は議題にも話題にも一度も上ったことはない。一言も話していない」
と発言、その場を立ち去る様子である。
これも初めて見られる方もいるのではないか。ここで3年近くこういう見方を紹介している。領土問題は0回答であること、信頼関係はないということ。

 
日本民間放送連盟は「憲法改正国民投票のテレビCM量に関しては一切、自主規制しません」と理事会で決議した。
                                  町山智浩
しかし、日本のテレビ局は、通販生活の意見広告「9条球場」の放送を拒否しておいて、自民党のCMを選挙期間中に流しっぱなしなのって、完全に倫理感覚がおかしいだろ。

権力者を褒めるのが言論の自由? 民主主義? いや、権力者を褒めるのは独裁国家でも奨励されますから、民主主義の条件ではありません。権力者を批判できるのが民主主義であり、言論の自由なんです。



                     December 04, 2016   リュウマの遺言
 「自分の手で一人残さず救出する」。安倍政権が再び誕生した際、「北朝鮮との交渉」が前進するかのように、ほとんどのマスコミが伝えた。今では北朝鮮の「き」の字も言わない。そのうち「朝日の誤報記事が日本を貶(おとし)めた」一色になって、国会でも激しく総理が批判し続けた。「朝日新聞」はそれに屈して、わざわざ検証記事なるものを大々的に載せた。(安倍政権で目的を達したのはこれくらいだろう)

 次いで、「ロシアのプーチン大統領との親密さ」が主題となった。ラブロフ外相が「領土問題は議題にも話題にも一度も上ったことはない。一言も話していない。」と言うような外相会談、首脳会談を重ねた。『プーチン大統領は来日を熱望しているはずだ』という日本外務省の考え、安倍総理の考えから、2島返還は当然視され、4島一括返還もあるかのように報道された。


 なぜ、自由に情報をとれる日本で、ここまで海外と違った、まさに社会主義国のような報道管制ができるのか、不思議である。が、事実できている。今回の参院選でも、少しは話題になってよい「山本太郎の動き」なども、一言も報道されない。なぜか。「公平、公正」の名のもとに、情報が統制されているのだ。それがいかに間違っているのか、この「対ロ交渉」ではっきり分かっているにもかかわらず、マスコミは押し黙ったままだ。

  
          たつみコータロー 格差社会是正の魂の訴え

 三浦英之氏は「僕らは一体何を信じ込まされていたのだろう」と述べて疑問を呈している。一般国民とは違い、そういう情報を自由にとれる「マスコミ社会」では、この疑問すら起きていないのか。

 期日前投票で、NHKの出口調査があった。タブレットを渡されたが支持政党を「れいわ」すると、選択肢がない。「支持政党なし」でお願いします、と言われた。こんな支持率の調査、アリかよ? NHK。(森子‏ @taiyakiugh)本当の社会の動きを伝える気があるのか。今、報道各社の予想では「れいわ」は1名だという。支持政党なし、で換算される人がいるわけだ。もっと大きな流れかもしれない。

 裸一貫で、たった一人で旗揚げしたわけだが、最初に嘲笑されながら『裸踊り』をした『山本太郎』は次々と仲間を増やしつつある。勇気をもってついていき、他の人々にその方法を示す人々がたくさん現れている。このやり方は今後日本に根付いていくことだろう。



 消費税の引き上げに賛成する国民が42%もいるという。国の財政を心配しているのだろうが、総理個人の考えで外国への援助を50兆円以上もする。国の借金1000兆円の大半は国会審議を通っていないだろう。攻撃兵器を10兆円以上(必ずこういう金額になる)も買う。当たり前に運営していたら、こういうことは起きていないはずであろうに。

 マスコミが正確に報道していたなら、国民は日本政府は一体何をやっていたのだろう。僕らは一体何を信じ込まされていたのだろうなどと思はないはずである。

                                なると ヒカル
 消費税10%の意味は月10万使う人なら 年間で生活費の他に消費税を年間12万円払うんだよ。月20万使う人は24万円だからね。説明はこれだけで若い人が唯一消費税廃止「れいわ新選組」に投票に行く!!
スポンサーサイト