FC2ブログ

SEASON2  日本の現状 --冷和(つめたいわ)2年--  200人の東京マラソン、新型肺炎対策で総理がテレビCMの怪。ついにお台場の五輪会場に「海かきまぜ装置の導入」

 ようやく「東京マラソン」が規模を大幅に縮小して行われることが決まった。この決定が「1週間前」にできていたなら、青梅マラソンも熊本マラソンも違う形になったと思う。遅すぎるが、何もしないよりはましである。(一億玉砕がポツダム宣言受諾に変わった程度だが)いくらかの『対応』が、まだ日本ではできることを示した。

                  毎日新聞  2020年2月17日
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、東京マラソンを主催する財団は17日、3月1日の大会について、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施すると決めた。東京マラソンの定員は約3万8000人だが、大幅に規模が縮小される。男子は東京五輪代表選考会を兼ねている。男女合わせて200人規模となる見込み。車いすの部もエリート選手に限られ、男女計30人が出場見込み。

 4万人近いマラソン大会が200人規模になるなら、大感染の心配はまずなかろう。私程度が言ったところで何の影響もなかろうが、書いてきてよかったと自己満足している。方針を誤ったら潔(いさぎよ)く舵を切ることだ。舵を切れない原因が「面子(めんつ)」にあるなど、最低である。日本が「コロナウイルスの一件」で中国に対しての『渡航制限』が他国に遅れたのも、これ(安倍総理のコメント)が原因だと思っている。(クリックすると拡大して見られます。)

春節祝辞(2020年1月23日)
1月末に削除されたそうだ。こうやって消し去るから痛くもない腹を探られる。

 原稿を書く段階とその後の環境が変わったのだから、何もなかったことにする必要はない。(こういう手法が「内閣への不信」を生んでいる。)これが、安倍内閣ができたころに行われていたなら、日本の経済状況も、国際的な立ち位置も今とはずいぶん変わっていただろうと思う。もちろん、岩盤支持層は今でも「習近平の国賓招待反対」を言い募っているわけだから、そんなことはできるはずもないが…。

 その中国は全国人民代表大会(全人代)常務委員会で、3月5日から北京で開催する予定の全人代の延期について24日に審議することを決めたという。事実上の延期決定をした。都市封鎖と言い、公共交通の停止と言い、懸命に抑え込もうとしている様子が伝わってくる。日本の方はというと、クルーズ船の検疫でさらに「99人の感染」を発表し、相模原市の病院で、40代の女性看護師1人、クルーズ船で検疫の関連業務に当たっていた厚生労働省の50代の男性職員1人の感染、東京で5名の感染者を発表している。国民にとって頼りは正確な(?)NHKだけなのだが、何のニュースもない日ならともかく、こんなニュースに時間をつぶす理由がわからない。あまりのニュースなので端折ってある。無能のそしりは免れまい。

                       2020年2月17日 NHK
 フィギュアスケートのザギトワ選手に贈られた秋田犬「マサル」のきょうだいで、秋田県大館市の観光施設で客を出迎えている「勝大」が15日、2歳の誕生日を迎え、訪れた人たちが誕生日を祝いました。勝大の前に好物のヨーグルトや、さつまいもで作ったケーキが登場すると、勝大は夢中で食べ始め、すぐに平らげていました。このあと施設を訪れた人たちは、勝大と記念撮影するなどして2歳の誕生日を祝福していました。

 NHKしっかりせよ、と言いたいところだが政権に阿諛追従. (あゆついしょう.)-- 相手に気に入られようと調子のよいことばかりを並べたてこびへつらい、相手のきげんをとり従うこと。--の上層部の顔触れを見ると、あまり期待しないほうがいい。
                  NHK  2020年2月17日
厚生労働省によりますと、横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、17日、新たに乗客85人と乗員14人の合わせて99人の感染が明らかになりました。このうち日本人は43人いるということです。これでクルーズ船では、乗客・乗員の延べ1723人の検査が行われ、合わせて454人(うち19人が重症)の感染が確認されたことになります。

                                清水 潔
メディアが「誰のために、何のために報じているのか」新型肺炎の記事やニュースを見てずっと考えている。「政府が会議を開いた」「総理が指示を出した」そんなイメージを流し続けているうちにウイルスは増殖。患者は増えるばかりだ。正確な事実を報じないのはもはや罪の段階に来ていると思う。

                    毎日新聞 2020年2月17日
 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎対応に関し、テレビCMでの注意喚起を同日から始めると表明した。放映局を逐次、拡大していく考えも示した。国民への情報伝達について「正確な情報発信は極めて重要だ。私自身が先頭に立ち、国民の不安解消に全力を挙げていきたい。さまざまな手段を考えている」と強調した。

 さあ、こんどは政府がCMを打つという。「私自身が先頭に立ち」と、あの顔を毎時間見る日が近づいている。秋田犬をロシアのスケート選手に贈呈する時にも見た。先のブラジルでの閉会式でも見た。テレビに映るなら何でもする。選挙のためなら何でもする。総理とはそういうものなのか、冷静に考えるときだろう。こんな事は末端の役人や芸能人にお任せすればよい。「テレビに映る」のが彼らの仕事である。総理自身が出ていったときは、それで決着する最終段階だけでよい。今度のコロナウィルスなら「終息宣言」の時だけで十分だろう。

                               青木 俊‏
このCMはホント変。感染の注意喚起のような公共性が強烈なものは、総務省が民放幹部を呼んで告知の協力要請をすれば済む。その際1日◯時間以上と目安を言うことも可能。これを拒否する民放局はない。わざわざ有料のCM枠を買い上げる必要などまったくない。

                                木村知‏
「風邪でも、絶対に休めないあなたへ。」エスエス製薬が、まだこの反社会的コピーを拡散している。体調不良でも職場を休ませない日本特有の悪習を正当化、さらにこの薬を飲めば休まずとも風邪が治せると消費者を欺く誇大広告。これはもう犯罪だ。

 東京オリンピックと言えばお台場の海を『アサリ○○個分の力』で浄化する作戦を伝えたが、今度は水温の上昇を懸念する声にこたえて『海かきまぜ装置の導入』を決めたらしい。四方が海に囲まれる日本なら、太平洋に面したきれいな海、水温の低い海などいくらでもあろうに、他国から「トイレくさくて汚い」と言われるお台場の海になぜ固執するのかわからない。もう、どうなってもいい。

                  NHK  2020年2月14日
東京オリンピック・パラリンピックのトライアスロンとオープンウオータースイミングの競技会場となるお台場海浜公園について、水温の高さが懸念されることから、海水をかき混ぜて水温を下げる効果が期待できる水流発生装置の導入が検討されていることが分かりました。

 先日書いたバッタの追加情報。大きさは殿様バッタくらい、5センチ程度。なぜかネットでは20センチ以上もある南米のバッタの写真が…。なぜ、そんなことをするんだ…。 

                   2020-02-16  即時新聞
非洲4000億隻沙漠蝗蟲陸續成群結隊侵襲東非、中東地區後,已於近日抵達印度西部開始覓食,中國政府近日示警,「4000億隻蝗蟲已到達中國邊境」,須密切注意蝗蟲們後續的移動路徑。

アフリカから来た4千億匹のバッタ
アフリカの4000億匹の砂漠のイナゴが東アフリカと中東地域を襲い、最近インド西部に到着し、餌を採り始めた後、中国政府は最近、「4000億匹のイナゴが中国国境に到達した」と警告し、イナゴの今後の行動経路に細心の注意を払う必要があると警告した。
スポンサーサイト



COMMENT 0