FC2ブログ

SEASON3  日本の現状 --冷和(つめたいわ)2年-- 政府に言われるまま防空壕に入り続ける国民。さいたま市の「朝鮮幼稚園」へのマスク供給拒否は国際社会の理解得られず。}検査の抑制を積極的に支持する日本国民と検査の早期実施を唱える諸外国。

 漆黒の沈黙が日本を覆いつつある。夜の8時過ぎに車で走ると、まさに深夜のように車の台数が少ない。走りやすい。時間がかからないといいことづくめなのだが、こんな状態が何か月続くのだろう。これで人々は暮らしていけるのだろうか。

 あと10日したら判断する、と政府は言う。高校野球も中止にした。台風が過ぎ去るのを待つように日本社会は首をすくめて何とか通り過ぎるのを待っているようだ。確かに台風ならいつしか通り過ぎるだろうが、「ウィルス」はどうだろう。防空壕に入って首をすくめていれば通り過ぎてくれるのか…。

 モーニングショーで、尾身専門家会議副座長は「37.5度が続いても自宅で4日間経過必要としたのはPCR検査のキャパシティ(装置などが発揮できる最大の能力)がないからと連発告白。2日間でも良いと思っているがキャパがない。」と述べたと伝えている。設備がないのか、人員がいないのか、分からないが、「熱が出てもしばらく様子を見よ」、はPCR検査体制の問題らしい。だから中国がいくらキットを日本に提供したとしても、それらが「検査」に利用されることは日本ではないわけだ。

   和歌山県、いいね。立派だ

 東京では13000人が「自分は検査の必要があるのではないか」と相談したものの、実際の検査は127人。一方積極的な検査を宣言している和歌山では相談者472人について実施した検査は317人。


 もう一つは『国民世論』の違いである。韓国では政府のやり方を支持する声が圧倒的である。また、世界的に見ても「検査」を迅速に多数行う方向の国ばかりである。ところが日本では、韓国とイタリア、それに武漢を加えて「過剰な検査による医療崩壊だ」とみる意見が、テレビに出る専門家に加えて、ネット上でも多数を占める。安倍政権のやっている「検査の抑制」が支持されているという不思議な現象がある。これはひとえに「韓国の現状」が影響しているのだと思える。日本人の3割程度が「嫌韓派」であり、その人々が「いいざまだ」と内心思っているからではないのか。

 備蓄用マスクの配布対象から朝鮮幼稚園を除外
《市職員が幼稚部に配布しないと10日説明した際に、配ったマスクが「転売されるかもしれない」との趣旨の発言をしたことも分かり》って、なんだこれ? マスクの配布対象から除外したのみならず、その理由として「転売」を持ち出したわけ? マジ? どこの地獄の話?   小田嶋隆さんのツイートから
『市によると配布量は1施設につき50枚入り1箱程度となる。朴園長は「1箱が欲しいのではない。子どもの命を平等に扱ってほしい」と話した』 世界から見て、日本の負けだ。

                         2020.03.11  朝鮮新報
 さいたま市は6日、新型コロナウイルス危機対策本部員会議で、備蓄用マスクを放出することを決定。市の持つ備蓄用マスク24万枚のうち、保育所、幼稚園、放課後児童クラブ、放課後等デイサービス事務所など1057施設の職員向けに9万3千枚を、高齢者施設、介護施設などの職員向けに8万7千枚、合計18万枚を配布するとした。この日、担当職員の説明によれば、対象外となったのは、「朝鮮幼稚園のほか民間の塾など」とのことだった。

 WHOですら「日韓」に今は喧嘩すべき時ではない、と言ったほど、日韓の間はうまくいっていない。問題は世界から見て、どちらに軍配が上がるかだが、「韓国は汚い手で世界に根回しをする」などと言って『日本の負け』を自ら認める風潮がある。どちらかいうと、かの国のほうが「理」にかなっていることが多い。この幼稚園の話も世界が聞けば、どちらの国に同情がいくかわかりそうなものである。日ごろは「朝鮮学校」に教育支援をしていなくても、こういう時は「協力しましょう」と言うのが人間だろうに…。もちろん、この決定に多くの賛同者がいることは書くまでもない。

 今回のウィルス検査でも韓国が始めた「ドライブ方式」は、日本では最低の評価である。『一人一人、ゴム手袋を変えているのですか。映像ではそう思えません。あれでは集団感染しますよ。』

 言ってくれますね。もちろん、これに盛大な拍手が送られる。また明日も同じ「コメンテーター」で決まりだ。ところが、米国は韓国に対してその「ノウハウ」の提供を求めているし、ドイツ、英国、ベルギーも導入した。NZも導入するみたいだ。

【3月11日 AFP】ドイツの小さな町グロースゲーラウでは、ファストフード店だけでなく、新型コロナウイルス検査所もドライブスルーに対応している。 同様のドライブスルー形式の検査所は最近、ドイツ各地のほか、韓国や米国、英国、ベルギーなどにも登場した。

 グロースゲーラウ地域病院のロクサナ・ザウアー医長はAFPに対し、「非常時には非凡な解決策が必要となる」と述べた。サンプルはラボに送られ、検査結果は24時間以内に電話で知らされるという。



This Australian hospital has opened a "drive-through" coronavirus testing clinic to help stem the spread of the virus.
                        James F.‏
NZなどまだ初期段階にある各国はイタリアや韓国の専門家に問い合わせてドライブスルー検査など懸命に学んでいる。二国とも惜しみなく成功や失敗の例を教えてくれている。国境を越えて協力している所に「韓国は...」等とやっているのは日本人だけに見える。

それでも人類の内か、と言いたくなる。

他人/他国をバカにして冷笑するのが国民性になってしまっているよね。よほど自分/日本人がすぐれた高みにいると確信しているのでしょうね。もうすぐ、その自己評価が本当かどうか判るでしょう。


 かといって台湾の蔡英文のように適宜に相手の心をくすぐるような「コメント」を送るような技は持ち合わせていまい。

                        蔡英文 Tsai Ing-wen
災害に遭う度に台湾と日本はお互いに寄り添って逆境を乗り越えてきました。東日本大震災が発生して9年になった今日も一緒に新型コロナウイルスに立ち向かっています。だからこそ、本日の午後2時46分、私は日本の皆さんと一緒に犠牲者のご冥福を祈り、黙祷します。
ESyqJ63UUAEIa0U.jpg


 コロナ(新型肺炎)問題が出てくる前は、日本政府は中国に対して「南シナ海での拡張主義」「尖閣への公船の侵入」などで対立し、中国包囲網などという妄想の中にいた。この騒ぎがひと段落したら、またそういう路線に戻るのだろうが、今ですらアメリカに協調する国は「日本」と「オーストラリア」くらいしかいないのだが、この騒ぎの後はもっと中国寄りの国が多くなっていると思われる。中国からの間髪を置かない援助が伝えられている。

                    2020年3月10日 Eric Feigl-Ding 
China to the rescue of Italy- “Chinese government has offered to send Italy 1000 lung ventilators, 2 million face masks, 20,000 protective suits and 50,000 test kits.”
中国政府はイタリアに人工呼吸器1000台、マスク200万枚、防護服2万着、コロナ検査キット5万台を提供する。


中国政府はイタリアに

                         2020年3月10日  CNS
中国外交部が9日に行った定例記者会見で、中国政府は韓国に対してN95マスクを10万枚、医療用外科マスクを100万枚、医療用防護服を1万セットと5万人分の検査試薬を提供することが発表された。この他、中央政府以外に、近来、中国の多くの地方政府と企業も相次いで韓国側に慰問と支援を表明し、可能な限り、感染症対策物資を積極的に援助している。

アメリカの大統領選では「サンダース」は選ばれないようだ。それなら、トランプ再選のめがある。強力な個性には、強力な個性をぶつけるのが最も有効だ。「社会主義国アメリカ」を見てみたかったが、どうもだめらしい。

 日本も同様に「山本太郎」を首相に選ぶことはなさそうだ。「対案」や「是々非々」などと言っているようでは、政官財が一体となった現政権は倒せまい。安倍政権のすべてに反対。安倍政権のやったことの逆をやる、そう、「トランプ流」の政策こそが、今野党が掲げることだ。「世界で最もうまくいった社会主義国家 日本」をもう一度見ることは、若い方も含めてあるまい。もう一度戦争して、ガラガポンして、ネットゲリラさんの言うような『皇居前広場の松の枝に……を○○するまでは』でも起きない限りは…。


〈聖火リレー 通るところは復興し〉  朝日川柳
スポンサーサイト



COMMENT 0