FC2ブログ

SEASON4  日本の現状 --冷和(つめたいわ)2年--  ボリス・ジョンソン首相 酸素吸入に 国民に一人一人に「イギリス政府はかならず助け舟を出します」と手紙。総理会見、都知事会見はマスコミの完全敗北。地域限定は「経済支援」をしないためか。「検査したもののうち80%が陽性」に諸外国が冷笑。

 ボリス・ジョンソン首相が集中治療室に入った。このページが公開される頃、どうなっているのかさえ分からないのが「新型肺炎の特徴」である。容体が急変する。徐々にではないので、病気が進行しているのか、回復しているのかさえ分からない。「季節性インフルエンザのようなもの」という一部の専門家の見立ては全くの間違いだったわけだ。

                              茂木健一郎
ボリス・ジョンソン首相の病状が悪くなって集中治療室に移ったというニュースは英国内で衝撃をもって迎えられている。政治的な影響はもちろんだけれども、ジョンソン首相が強健な心身を持つ人というイメージで、軽症で済むことも多いコロナウイルスで悪化するという予想ができなかったのである。  ※ 人工呼吸器ではなく、酸素を送っているだけだと情報が修正された。

                             イセキ アヤコ
今朝、ボリス・ジョンソン首相から封書が届いた。全国民に一斉に送ったもよう。この国に長く住んでいるけれどこんなの初めて。「家から出てはいけません」「多くの人が金銭的な影響を心配していること、私は理解していますイギリス政府はかならず助け舟を出します。」「何千人もの、すでに現役を退いた医師たちがコロナウィルスと戦うため、また現場に戻ってきてくれています。何百、何千もの一般市民も、ボランティアで最も困窮している人々に手を貸してくれています。これこそ、皆でコロナウィルスに打ち勝てるであろう英国精神です。」
パソコンや携帯電話を持っていない国民(お年寄りや貧困層など)もたくさんいるので、首相が直々に本人の言葉で署名つきで書面で送るというのは非常にまっとうで、効果的で、必要なことだったと思う。手紙は1枚、両面印刷。封筒は切手なし、宛名印刷なし。受取人の国籍に関係なく送られてきた。

イセキ アヤコ

 けっして支援をしていないわけではない。イギリスでは、3月20日にスナック財務大臣が雇用を維持する企業に2500ポンド(約34万円)を上限として、給与の最大80パーセントを助成することを発表。その予算規模は3500億ポンド(約47兆円)に上る。

 そんななか、アーツカウンシル・イングランドは1.6億ポンド(約216億円)の緊急支出を決定。内訳は、フリーランスを含む個人向けが2000万ポンド(約27億円、1人当たり最大2500ポンド=約34万円)で、ナショナル・ポートフォリオ助成団体向けには9000万ポンド(約122億円)、それ以外の団体には5000万ポンド(約68億円)となっている。

                     蔦 💥無能でウイルス蔓延
戦中派がいなくなった後、この国はタガが外れてしまい、あきれるほど民度が下がってしまったので、自業自得です。機能不全の日本。これから地獄が来ます。

                           James F.
なるほど。でも外から見ているぼくには、あなたがたはすでに地獄にいるように見えます。案外、現に地獄に突き落とされた人間のほうは、そうおもわないものなのですね。
そういうものなのかも。


 そんな中、日本では安倍首相が「緊急事態宣言」を7日(今日)出すという。「緊急」だとは、だれも思わない。「宣言」であることは間違いない。それも全国に対してではなく、7都府県に限定する。なぜ限定するかと言えば『所得補償』をしたくないためであろう。

 安倍首相は「所得補償は難しい」とずうっと言っている。この話が出ると「シナ人やチョウセン人に金をやるのか。日本人に限定せよ。」「ナマポ(生活保護)にカネを渡すな」「1、2か月収入が0になって生活ができないなど自己責任だ」という連中がワラワラとわいてくる。これが現政権を支えている人々であり、安倍氏も本根ではそう思っている。だから、この議論はいくらしても、前には進まない。

 昨夜、「期限を5月6日までとし、対象地域は東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県とする」と記者団に緊急事態宣言を宣言することを宣言した。

 おお、すごい日本語だが、自分でも正しく表せたと思う。この宣言の対象地域がすべてPCR検査相談件数のトップ10であることはご存じだろうか。そして、日本の検査拒否率は平均でも90.6%という恐ろしい数字であることも…。小池都知事は今テレビで記者会見中。「感染爆発が目前だ」と言っている。ところが都が出した感染者数は何と都内では「6日は83人」。半減しているではないか。なぜなのか。7日も80人程度という。言っていることと、数字の違いをマスコミは全く指摘していない。総理会見も都知事会見も、マスコミの完全敗北だと思う。

 下の資料を見ても、検査数の8割が陽性と判断されている。諸外国から「失笑」されている。バカかと。当たり前だ。拒否された97.7%のうちのどの程度が感染者と考えているのか。4月5日の検査人数が65人となぜ少ないのか、全く理解しがたい。だれも質問しない。正確な数字を包み隠さず公表することこそが必要なことだろう。

全国検査相談数ランキング

 安倍首相をはじめとする政権幹部はマスコミを掌中に収め安心しきっている。「緊急事態宣言」は、ある種『ドカーーン』とやってこそ、意味あるものではないか。出すぞ、出すぞ、緊急だぞ、緊急だぞ、と言いながら、こんなものだ、あんなものだと示唆しながらでは、聞くときにはみんながすべてわかっている。ボーーーと聞くことになる。

 どの国でもやったことがないすんごい方法をまた取ろうとしている。いや、そうではなく『日本の緊急事態宣言』は他の諸国とは違うものかもしれない。「あれもできない」、「これもできない」、「今と全く変わらない」という報道が多い。じゃあ、何が違うか。ほんの少し違う。これでは不十分だから「憲法を改正しよう」、そんな話らしい。まるで真正面から向き合っていない。この騒動に巻き込まれ、収入が激減した人々こそ「いい面の皮」だ。まさか、そんな方がこの政権を支持しているとは思わないが…。

                          一色登希彦
「緊急事態だって言うからなぁ…」と、補償を約束されてないのに、例の如く渋々と多くの人、多くの業種が「自粛」を受け入れて閉めてしまったら、残りのほぼ全ての「店」は、ボンヤリとそれに従うだろう。そうなれば抵抗して店を開け続けることは非常に難しくなる。「都市の村八分」が出来上がるから。
「あそこだけ開け続けてずるい」→当局に通報、「みんな我慢してるんだから従え」→ネットとリアルで総攻撃、の、市民どうしの潰し合い。でもこの都市の我慢は、本当にこんなの1〜2ヶ月続けたら、倒産破産再起不能の事業主が続出するよ。「それでも我慢」の相互監視を続けながら、少しずつ死んでゆく。


                        こーえん@まつろわない
誰もが言ってるけど、今国が求められているのは「コロナが終わるまでのパンは心配するな!」であって、「コロナが終わった後にはド派手なサーカスを用意してるぜ!楽しみだろ?」じゃあないんですよ。

予算規模はそれなりとなったが、現金給付は6兆円規模と明言。特定の方々には恩恵が有り余るほど降るのだろうが、我々には「忍従」の二文字しかない。結果として、連休明けにはたいして感染は収まっておらず、経済は崩壊寸前となっていよう。200兆円以上の再度の対策をしなければならなくなる。『Too little Too late』がまた繰り返され。

 全国一斉にしないことで、政策の幅は狭まった。どうしても現金給付が好ましくないと考えるならば、全体ならば、NHKの受信料や携帯電話(インターネット接続料)などを無料にすることで、国民負担は減らせたし、我々も助かるのだが。

BBC Tokyo Correspondent(東京特派員)であるRupert Wingfield - H‏さんが
Japan - the only place in the world using the English phrase “over-shoot”. What does it mean?
世界で唯一日本だけで使われる英語のフレーズ『オーバーシュート』って、どんな意味なんだい。

 多分、多くの日本人が「エッ」て驚く。政府の専門家委員会の副座長で、ほとんど毎日テレビで尾身 茂氏が得々と話し、それ以外のコメンテーターも多用する「オーバーシュート」がBBCの東京特派員に通じていないなど「想定外」だろう。わざわざ外国語を使う必要はなかったのかもしれない。

                                読売新聞
 新型コロナウイルスの感染拡大で6日、21都府県と空港検疫で新たに187人の感染が判明した。東京都は、都内で新たに83人の感染を確認したと発表した。このうち、感染経路が特定できていない人は9割近い73人。

 都内では4~5日、2日連続で1日当たりの感染者数が100人を超え、5日は過去最多となる143人に上っていた。これに比べて、6日は、前日が日曜日で検査数が比較的少なかったという。


 明日、『緊急事態宣言』が東京都の「たっての要請」で発表されるというのに、日曜日に検査をしない保健所があるのか。なぜ、どうして検査ができないのか、読売新聞は明らかにしないといけない。ただ、言われたまま書くから「政府広報」と言われ、無価値と評される。本当に腹立たしい。


                      2020/4/6  共同通信
 安倍首相は政府対策本部会合で、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、1日当たりの実施可能数を2万件に増加させると表明した。

さて、クイズです。あなたは上のニュースをどうみますか。
           ①  いつまでとは言っていない。
           ②  ハッタリをかましただけだ。
           ③  初めからできていたのにやっていなかった。
こんな「笑い話」しかできなくなりましたねぇ。何を言っても信じられない。



        yjimage.jpg
                           エミン ユルマズ
エルサレムにある聖墳墓教会が感染拡大で閉鎖されたそうです。ここはキリストの墓があるとされている教会です。最後に閉鎖されたのは1349年で実に671年ぶりのことです。前回閉鎖された理由もパンデミック、いわゆるペスト感染ですね。
スポンサーサイト



COMMENT 0