スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発 4機ともお手上げ状態。   石原都知事、原子力推進を発言

   [参考:注]   ドイツ気象庁による放射能汚染予測地図は末尾に掲載

 今日の朝の「福島原発の様子」を見ると、4つの手に負えない原子炉から「もくもく」と水蒸気が上がっている。本当に大丈夫なのか、と思っているのは私だけではない。しかし、NHKに出ていると東大大学院のそれも、原子炉が専門の教授がそういうのだから、致し方ないか。我々「素人」の口の挟めるような分野ではないかも……

 3号機の爆発の映像を見て、数百メーターは上がったであろう、きのこ雲のような黒い煙。そして、火山爆発の溶岩のように、コンクリートの塊が、近くに散乱しながら落ちる様子を見て、建屋上部は完全に破壊された、原子炉はどうなったのか、と気が気ではなかった。

 その数日後に、原子炉建屋の5階に燃料貯蔵プールがあり、使用済み燃料がそこに保管されていることを知った。『アッ、終わったな』--素人の直感--である。今だに、燃料貯蔵プールは問題なく存在していると、すべての専門家は主張する。素人が勝つか、東大大学院教授が勝つか。数ヵ月後に分かる。

 ところで、何日か前、ドイツ気象台の福島原発の予報を紹介した。これにたいして、毎日載せて欲しいという要望があり、最後に乗せているが、コメントは私独自のもので、ドイツ気象台は関係しない。あしからず。

 こんなコメントを頂いた。

 気象情報(風向き)載せて頂きありがとうございます。 すごく参考になり、助かりました(T_T) 明日は安心して娘と一緒に娘のパスポートを作りに行けます。

毎日チェックして危険な時には家から一歩も出ないようにします。

リュウマのパパさんのブログにたどり着けて本当に感謝しております。
                 たどりつきにくいんですネェ……反省

また、ブログを見て自分なりに原発について調べ、やはり娘を連れてしばらく海外へ避難することにしました。
旦那は仕事があるので日本に残りますがとても心配です。
そちらでもリュウマのパパさんのブログを拝見させて頂きます。
                 忘れずに時々お寄りください

 さて、もうすぐ東京都知事選が始まる。今度のメンバーを見ると、また「石原氏の圧勝」になるのかもしれない。私には選挙権がないので、見守るしかないが、都民がそれでよいと思えば、致し方ない。

 以下は昨日のニュースからであるが、彼が当選することは、都民が原子力推進を今後も続けることを意味する。

東京都の石原慎太郎知事が福島県災害対策本部を訪れ、佐藤雄平・福島県知事と会談しました。会談後、石原氏は報道陣に「私は原発推進論者です、今でも。日本のような資源のない国で原発を欠かしてしまったら経済は立っていかないと思う」。 朝日新聞福島総局

 石原氏は今回の福島第一原発の事故について「私は原発推進論者」として「資源のない日本で原発を閉ざしてしまったら日本の経済は成り立たない。10メートルの津波やマグニチュード9など誰も想像できなかった。原発を冷静にとらえるべき」と述べた。 福島民報

                      ぷぅこの吐き出し日記 さんによると、

       「東京湾に原発」石原知事が推進論(読売)

「完ぺきな管理が行われれば、東京湾に原子力発電所を造ってもいい」。
二十六日に東京国際フォーラム(東京・丸の内)で開かれた日本原子力産業会議の年次大会で、 東京都の石原慎太郎知事が思い切った原発推進論を展開した。

招待講演者として立った同知事は「首都としてエネルギー問題は重要だ」と切り出し、「どこかの新聞が『知事がバカなことを言った』と書くかもしれないが」と前置きした上で、東京湾原発を容認。
「(日本には)それだけの管理能力があると思うし、技術もある」と話し、原発技術に対する信頼性を強調した。

[追記:注](2011年3月24日18時56分  朝日新聞)

 宮内庁は24日、天皇、皇后両陛下が福島第一原子力発電所事故に伴う東京電力の計画停電に合わせ、皇居・御所で15日以降毎日、自主節電を続けていることを明らかにした。

 羽毛田信吾長官らによると、御所では計画停電の第1グループに合わせて自主的に電源を切っている。17、18、22、23日は1日2回実施。東電が停電を見送った場合も実施しているという。

 羽毛田長官によると、天皇陛下からは「大勢の被災者、苦しんでいる人たちがおり、電源すらない人もいる。私の体調を気遣ってくれるのはありがたいが、寒いのは厚着をすればいいだろう」「いつこういう事態があるかわからないし、こういうことはやってみないとわからないから、学ぶ機会ではないか」という趣旨の発言があったという。



   [参考:注] 予測は「リュウマの独り言」の独断です。
ドイツ気象庁 放射能マップ 27日
3月27日予報  海に向かって風が吹くようです。関東は安全、宮城、岩手「要注意」
ドイツ気象庁 放射能マップ 28日
3月28日予報  大きく蛇行が予想される。千葉、茨城は要注意。


スポンサーサイト

COMMENT - 1

ユージンスミス  2011, 05. 08 [Sun] 23:34

石原さんは有言実行の方ですし、東京湾に原発を任期中には稼働できるでしょう。管理は東電ですか?ふくいちの反省を生かしていただきたい。宮城県と茨城県の会社の原発は無事でしたけど、お膝元の東電は事故を起こしてしまいましたものね。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。