スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳からも放射性ヨウ素検出   どこまで上げ続けるのか?許容被曝量

 福島第1原発事故で水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」(村上喜久子代表)は20日、福島市内で記者会見し、福島など4県の女性9人の母乳検査で、茨城、千葉両県の4人から1キロ当たり最大36.3ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。

 厚生労働省は水道水の放射性ヨウ素が同100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう求めているが、母乳については明確な基準はなく、村上代表は「今回の数字が高いとも低いとも判断できない」としている。
と時事通信が伝えている。(2011/04/20-20:14)

 水道水が汚染されて問題となったとき、世の「大丈夫コール」に対して、次のように反論されている方があった。

1歳未満の乳児に水飲ませるなって。母親が危険な水のんだら母乳からも放射性ヨウ素出るでしょ? 

乳牛の原乳からも検出されているんだから、母親も摂取しちゃダメでしょ。

妊婦さんも同じでしょ?胎児は母親の摂取したものを共有しているのに、大人と同じ基準で対応していいとは思えないな。


 当たり前の意見である。大げさでも、you tube の見すぎでもない。ほんの少し前までは、WHOの基準で運用していたのに、突然の暫定基準値である。

●世界の基準値              ●日本の暫定基準値
WHO基準     1ベクレル(Bq/L)      乳児 100ベクレル(Bq/L)
WHO緊急時基準  10ベクレル(Bq/L)    大人 300ベクレル(Bq/L)

 食品衛生法では、食品が放射能で汚染される事態を想定していなかったため、安全性を判断する基準がなかった。食品中の放射能は「未検出」が当然であったわけだ (当たり前だが)。

 そのため、厚生労働省は今回の原発事故後、急きょ、政府の原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に関する指標」を基に、暫定的な規制値を設定した。1年間毎日摂取し続けても健康に害がでないとされる値を基に、

牛乳・乳製品は1キロ・グラム当たり放射性ヨウ素300ベクレル以上、
                       同セシウム200ベクレル以上、
野菜類は1キロ・グラム当たり      同ヨウ素2000ベクレル以上、
                        同セシウム500ベクレル以上。
ウランやプルトニウムなどの規制値もある。

 食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し、なのだそうだ。

 農産物などの中には、その基準を上回る物がある。その際に、マスコミなどでは、現在の暫定基準が、安全性を考慮しすぎている数値であり、体に影響のある数字とはいえないとか、洗えば「その数値」は半分以下になる、などと、無責任に報じている。

 ところが、この暫定基準を出した際に「厚生労働省の食品安全課」は、各検査機関に次のような通達を出しているのである。(各検査機関に送られた事務連絡 実物 →) 3月17日付け暫定基準値検査についての留意事項 

 ご覧になって分かるように、「流水でよく洗って (基準値を上回ることのないよう)十分に留意するよう」通達がなされているのである。こんな通達をもらえば、余程のことがなければ、基準値を上回る数値は出てこない。再検査でもやって(サンプルを変えて)、問題ない数値を出したいと思うのは、人情である。(上回る数値は検査方法--検査をした個人--に問題があるかのようにとれる)

 上回った数値が出ても、以後、3回下回れば、出荷制限を解除する、などと言い出すのは、正にそれであろう。特に汚染した場所の物は、自己責任で「食べるしかない」と考えるのが普通である。子供や母親・女性は控えるべきかもしれない。

 さて、2011年4月20日 東京新聞 朝刊 によると、政府は3月15日に「情報を知らされた志願者たち」には、被ばく線量を無制限にする案を検討していたとのことだ。 (以下引用)

 福島第一原発の事故で、政府が一時、志願して現場で救命活動にあたる民間作業員や公務員に限り、放射線の被ばく線量を「限度なし」とするよう検討していたことが分かった。政府は今回の事故で作業員の線量限度を急きょ二・五倍に引き上げていたが、さらに決死の作業が迫られるほどの事態の深刻化を懸念していたとみられる。

 政府は三月十五日、同原発で事故対策にあたる作業員に限り、被ばく限度を従来の計一〇〇ミリシーベルトから二五〇ミリシーベルトにする規則の特例を定めた。十七日には自衛隊員や警察官、消防隊員などに対する限度も同様に引き上げた。複数の政府関係者によると、政府がさらに被ばく限度を引き上げようと検討を進めたのは、この直後だった。

 国際放射線防護委員会(ICRP)勧告で「情報を知らされた志願者による救命活動」は線量制限なし、その他の緊急救助活動は五〇〇ミリシーベルトを限度とされる。この勧告に基づき、志願者の救命活動は限度なし、その他の緊急時は五〇〇ミリシーベルトに限度を上げるかどうかが検討の焦点となった。

 首相官邸で菅直人首相、北沢俊美防衛相、中野寛成国家公安委員長、細野豪志首相補佐官らが集まり協議したが、結論が出ず、その後、「時期尚早」として見送られたという。 (引用終り)

 では、国民は3月15日に、どんな情況におかれていたかを、官房長官の会見を元に再現してみると………

2011/03/14 の時点では

(官房長官の会見) 爆発は1号機の爆発と同種のものであると考えられ、現時点で格納容器の健全性は維持されていると説明。放射性物質が大量に放出される可能性は低い。格納容器の内部圧力は安定。

放射線量はモニタリング結果、発電所内で11時37分時点で57マイクロシーベルト。正門付近では11時44分時点で20マイクロシーベルト。約5km離れたオフサイトセンターでも12時36分時点で昨日と同じ1マイクロシーベルトを記録。中性子線について問題があるデータは出ておらず、中央制御室も維持されている。

 この1号機、3号機の爆発に対しては、国民は「ほとんど問題なし」という印象を強く持たされたはずだ。なにしろ、3号機が爆発したからと言って、「昨日と同じ」水準を維持しているのであるから。そして、当時「私」が書いたように、日本では「その映像」が、ほとんど放送されない状態が続いたのである。

 15日のブログの書き出しに「私」は、こう書いている。 福島原発1号機、3号機の爆発時の映像がようやく日本のテレビでも「頻繁」に流されるようになった。初めのころは、you tubeのカナダなどのテレビ放送(日本のテレビ局の映像)を見るしかなかった。爆発の解説にしても、後ろの映像は、数年前の立派な建物が映っている。 
 この時点で多くの人々が、福島原発について「東電」が言うように、『爆発的事象』程度に捉えていた、ということである。ところが……

2011年3月15日11時ごろには

 枝野幸男官房長官が開いた記者会見の内容で見ると

 4号機は現在、火災が生じている。こちらの原子炉は震災発生時において休止中だった。しかし、原子炉そのものに燃料などはないが、使用済み核燃料が4号機の中にあり、熱を持ってそこから水素が発生し、いわゆる水素の爆発を起こした。これまで1号機、3号機で生じてきた事象が起こったものと推察される。なお念のためだが、核燃料そのものは火災にはならない。--余りこの事故に関心の無い方は、4号機は「火災」と今でも思っているのではないだろうか。爆発、火災のいずれにしても、その映像は今だに公開されない--

 水素が出ている状態であり、同時に放射性物質もその時点から排出されていたと思われるが、全体が建屋で覆われている状況ではなくなったので、これ(放射性物質)が大気中に出ているという状況になっている。何とか火災を早期に鎮火し、その上で使用済み核燃料の冷却を進めることで事態を収束させたい。            (中略)

 一方、2号炉の方で「ポン」というような音がしたという事態が生じました。その方が時間的には30分程度遅れた6時半過ぎだったかと記憶をしておりますが、これは従来から申し上げておりましたが、2号炉については上空に穴も開いておりましたので、少なくとも大きな水素の爆発の起こる可能性は低いということを申し上げてまいりました。

 そうした中でありますが、小規模の水素の爆発が起こったか、何らかの爆発的事象が起こり、その結果として、これは朝の時点の丁度会見で御報告を申し上げたような圧力部分の一部が若干の破損をしたのではないかと思われております。ここから若干の放射性物質が気体として流出をしていることが推察をされている状況でございます。2号炉から煙が若干見えるというような報告もございますが、これは先ほど私が御説明をした欠損のあると思われる部分が、水と水蒸気の交換をする部分でございますので、ここから水蒸気が出ているものと推測をいたしております。   (以下省略)

 このあたりで、「国民」は、大事故だ、と思い始めたわけだ。「私」のブログから引用すると


 昨日もそうだが、「日本政府や東電」が、さし当たって問題ない、などと述べているのに、フランス・アメリカの対応から何かおかしそうだ、とブログを書いているうちに「水素爆発」が起きた。今回も「人体に影響のない程度の、少量の ……」と言っているのに下の記事を見て、「事実を述べているのか?」と思っていたら、2号機--安全に停止しているはずの--が「空焚きになった」というニュースではないか。

 確かに、福島に住んでいない「国民」には、関係のないことであるかもしれない。が、こういう事態においても、政府・東電が「事態」を正しく説明し、現状やこれからの方向、また、最悪の事態への対処などをしっかり説明することが、今後の政府・企業への信頼にもなるはずである。 

 今諸外国では、津波の被害と『核危機』がニュースのトップだそうである。『核危機』とは私を含めて日本人は思っていないのではないか。どちらが正しい情報を得ているのか、それはこれからになるが、国内のことを調べるのに、外国からの情報を見てみるなど、残念でならない。

 とある。その裏は、政府は「決死隊:無制限の被曝」を検討していたことになる。
パニックを恐れる余り……を認めると、事実の隠蔽に手を貸すことになる。情報を公開し、国民各自が「考え、意見を言う」環境を作ることこそが、重要であろう。


スポンサーサイト

COMMENT - 4

ぴーぴ  2011, 04. 21 [Thu] 06:19

ありがとうございます。

おはようございます。
ひ、ひえ。。。(汗)
朝起きたら、ニュースよりも新聞よりも真っ先にパパ様のブログチェックをすることにしました。いつもいつも貴重な情報をありがとうございます。
本当にありがとうございます。

Edit | Reply | 

ニャン子太郎  2011, 04. 21 [Thu] 18:19

私にとっての朝刊です。

初めましてリュウマのパパ様

あの原発事故後にたまたまヒットしたブログでした。
それ以来毎日仕事中に見ています。

私が必ず読むブログは、
週一で〔週間・上杉隆〕
日々は〔田中龍作ジャーナル〕と〔THE JOURNAL〕と〔植草一秀の知られざる真実〕
そして〔リュウマの独り言〕です。

正直に言いますが、
PC立ち上げたら〔リュウマの独り言〕を必ず最初に開きます。
本当に楽しみにしています。
毎日欠かすことの出来ない日課となりました。

この〔リュウマの独り言〕は本当に秀逸ですね。
しっかりとした目線で物事を見られていますし、
客観的な事実と独自の考察を見事に纏め上げています。
最初は思わずプロのジャーナリストかな?と思ってしまいました。
どんなお仕事をされているのですか?
又はされていたのですか?

あまり他のブログランキングに参加をされてないようですが、
非常に惜しいです、本当に残念です。
間違いなくどこのランキングに出してもトップ3には確実に入りますよ!

これからも頑張ってくださいね!
・・・というのは変?かぁ・・・
これからもパパ様の独自な視点で鋭いコメントを御願いします!
楽しみにしています!

Edit | Reply | 

足  2011, 04. 21 [Thu] 23:29

お久しぶりです

今、このブログを避難先の海外から見ています。
リュウマのパパさんの助言?通り、避難してよかったです。
今は地震にも放射能物質やヨウ素入りのお水にビクビクしない
生活で、申し訳ないくらい快適です。
娘への心配ごとも減って、幾らか食欲が出てきました(笑)

旦那に会えないのが寂しいですが、しばらくの辛抱ですよね。。

引き続き地震・原発ブログ拝見させていただきます(*^_^*)

Edit | Reply | 

ニャン子太郎  2011, 04. 22 [Fri] 13:37

国民健康保険

4/22のブログがまだ表示されていなかったので、
過去のブログ≪国民健康保険1&2≫を読みました。
今は4/22(金)13:32です。
仕事中にも関わらず笑いが止まりませんでした。
面白すぎます。
突然オフィスで爆笑する私に衆目の嵐です。

しかしリュウマのパパさん、面白い。

ちなみに塾を経営されていたのですね。

今日はパパさんお忙しいのかな?22日のブログ待ってます。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。