スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発見直しは「福島苦戦」の証   あふれる使用済み燃料の処理はどうする?

 菅直人首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所について、安全対策として中電が検討している新たな防波壁が完成するまで、定期検査中の3号機のほか、現在稼働中の4、5号機も含めてすべての原子炉の稼働停止を要請した、と表明した。海江田万里経済産業相を通じて中電に伝えた。

 上のニュースはもうご存知だろうし、これについては、多くの方が書かれているので私は遠慮しておこう。しかし、唐突に「なぜ」行われたか、その背景があるのではないか、と思う。もちろん、数週間たたないと、事実は分からぬが、福島原発の処理が上手くいかないことが原因ではないだろうかと思っている。

 福島が「収束する見込み」があれば、無理にこれを実行する必要はないが、福島で手一杯なら「浜岡」まで構っていられないということになる。言われているほど、福島が上手くいっていない、収束の見込みが立たないということであろう。海外に避難されている方から「帰国しても良いか、意見を教えてくれ」というような、お便りを頂くが、事情が許せば、後1、2週間は「様子見」されたほうが良い。最悪は脱したとの見方が多いが……

 原子力発電とは、核物質によって発生する膨大なエネルギ-を利用する発電方法である。そのエレルギ-は巨大というしかない。まさに、夢みたいな話である。

 代表格のウラン235が核分裂して発生する熱量を、石炭や石油と比較して見ると良く分かる。ウラン1グラムから発生する熱量を得ようとすると、石炭では3トン、石油では2トンが必要となる。すなわち、ウラン1gに対し、石炭では3000000g、石油では2000000g必要となる。

 これでは、ピンと来ないが、カタツムリのスピードの世界記録(?)は、3分で60㎝らしいが、ウランと石油の熱量の比較から言うと、このカタツムリがミサイルの速さの半分程度の速さで飛ぶエネルギーだと例えている方がいた。人間には手に負えない「力」だとは、実感できるのではないだろうか。

 もう一つ、我々にも分かった事がある。それは、後々が大変だ、ということ。始めの1,2年燃料棒としてウランを燃やして発電できても、その後「2~30年」かけて冷やし、さらにガラス化して1万年保存しなければならない、そんなことが出来るのか、という疑問である。

 事故がなくても、これはやらなくてはならない。今の文明でも、千か二千年しかたっていないのに、一万年など、子や孫の代などという範疇にすら入らない、地球の温暖化などの話の外になってしまう問題である。

 その使用済み燃料がアメリカでは、処置に困っている、と書いたとたん、時事通信が次のようなニュースを流していた。

米国の原子力発電所でドライキャスクと呼ばれる円筒形容器に密閉され、保管されている使用済み核燃料(米原子力規制委員会提供)。原発施設に保管されている大量の使用済み燃料の扱いが、大きな政治問題になっている
行き場ない使用済み核燃料=米【時事通信社】
        行き場ない使用済み核燃料=米【時事通信社】
 なんとも巨大なゴミの山だ。こんなのが、アメリカだけで50万トン以上あるそうだ。日本はいくらあるのか調べてないが、毎日、原発1機で広島型原爆2~3個分のウランを燃やしているのだから、その分の死の灰を生産していることは間違いあるまい。どう考えても、早く手を引くことが「利口」に思える。
NYtimes 放射線量グラフ
                NYtimes 放射線量グラフ
 色んな推論の中で、4号機の爆発(火災といわれている)は、3号機から発生した水素が、通路などを通じて4号機に充満し、起きたものではないか、と述べているものがあった。4号機の燃料棒が正常である写真が公開されたのであるから、4号機での水素爆発の原因は「そう」考えないと理解できない、と述べられている。

 この説が「正しい」とすると、今回の汚染の主犯は3号機ということになる。そう考えているうちに、「3号機で黒煙が上がった」という情報も……

 さらに産経新聞によると、福島第1原発3号機で、燃料を入れた原子炉圧力容器の温度が大幅な上昇傾向を示し、8日には容器上部で206度に達した。

東京電力は、差し迫った危険はないとの見方だが「燃料が崩れて(圧力容器の)底に落ちた可能性も否定できない」として、 温度の監視を強め原因を分析している。

4月末、圧力容器上部の温度は80度台で推移。多少の上下はあるが比較的安定していた。5月に入り上昇傾向が顕著になったため、東電は4日、圧力容器への注水量を毎時7トンから9トンに増やした。

 しかし上昇は収まらず、5日朝には144度に。さらに7日夜には202度に跳ね上がり、その後も“高止まり”の状況だ。圧力容器下部の温度も上昇傾向を示している。   (引用終り)

       3号機炉内温度

 原子力から、火力にシフトしようとすると、まず「原油の先物」相場を整理しないと、実需に基づかない「マネーゲーム」の真っ最中。
 今回の暴落で (金井京子さんのブログから)

ゴールドマン、先週の原油急落で8兆円喪失だって(*´∇`)σ
今度は反発予想とか。取り返そうって見え見え
とかいって、このまま急降下してったり
今週も原油価格注視ですね
また100ドルあっという間に乗せて高値行くのか
90ドル割れで商品バブル崩壊か、どっちでしょ?


 原発を考えていくと、「資本主義」自体を考えていくことになる。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。