スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤー、空焚きでした。「東電」1号機の原子炉水位を発表。  足柄てすら、放射能汚染という実態

 東京電力は12日、東日本大震災で爆発事故を起こした福島第一原発1号機の原子炉圧力容器に、燃料を冷やすために入れている水が容器の5分の1以下しかたまっていないことを明らかにした。燃料が溶けて底の方にたまり、圧力容器の底に穴が開いて水が漏れているらしい。燃料損傷は東電のこれまでの想定以上に進んでいるとみられる。

 東電は圧力容器の水位計を修理、改めて測定したところ、値が出なかった。測定限界である原子炉底部から約4メートルの位置より下に水位があることを意味する。圧力容器は高さ20メートルで容積360立方メートル。現在は毎時8トンのペースで、これまで1万358トン以上注水したが、容器の5分の1以下しかたまっていない計算だ。

 東電によると、水は格納容器に漏れ出ているとみられる。溶けた燃料が圧力容器の底に落下、その熱で、制御棒を動かす棒を入れる管の溶接部などに亀裂が入り、圧力容器の底から水が漏れている可能性がある。

 1号機では、原子炉を安定的に冷やすため、圧力容器から水をあふれさせて格納容器を冠水させる作業をしている。圧力容器底部の温度が現在、100度前後で推移していることから、格納容器にある程度水がたまり、冷却が進んでいるものとみられる。

 一方、圧力容器の水位からみて、燃料は3.7メートルある全長のうちすべてが露出している計算になる。空だきの状態が続いていることになり、圧力容器内の温度が100度前後と比較的低いことと矛盾する。

 東電原子力・立地本部の松本純一本部長代理は「実際には燃料は形状を保っておらず、大半が溶けて底にたまり、底にわずかにたまった水で冷やされていると考えられる。今のところ核燃料が圧力容器の外に漏れているとは考えていない」と話した。            (2011年5月12日 asahi.com 引用)
福島原発 1号機 水位
      公表されている福島原発 1号機 水位のグラフ  
 今日の東電の発表を聞いて、多くの方が「唖然(あぜん)」としたであろう。今までの発表とは、全く違う、データーとして公表している数字 (この場合、原子炉水位) とは、全く違うことを言い出したのであるから。

 多くの方が、今の原子炉の状態を心配して、「ああでもない、こうでもない」と言い合っている根底には、公表された数値が元になっている。1号機もこのまま「収束」していくと考えておられた方の多くが、数値が安定していることを根拠にあげている。

 「空焚き状態」は、いつからなのか、全く分からないが、公表されていた水位を見ると、昨日燃料棒が冠水したのではないか、と思われたはずである。それが「水位計」を直したら、水がないことが分かったと言われても……

 この話も鵜呑みにしていいのか、疑問に思う。また、データーが間違っていました、でひっくり返る可能性がある。360トンしか入らぬ容器に1万トン以上の水を入れているのであるから、漏れていることは分かっていたはずである。

 いつから、空焚きになったのか、が問題であるが、今までの言動を振り返ると、東電も保安院も分かるまい。最悪は「今回の水の注入」で、11日より後に水位が大きく下がった場合である。そうだとすると、2~3日後に「水蒸気爆発」が起きる可能性がある。これだけ計器の数字が当てにならなければ、自分の目で見て判断するしかない。

 民放も、NHKもテレビカメラを据える気はないようなので、(今のように離れていては良く分からぬ) 政府が各原子炉の前に一台ずつ設置して、報道機関に利用させるようにできないものか。

 これは皆さんもご存知と思うが、福島第一原発から約三百キロも離れた神奈川県南足柄市で9日に採取した「足柄茶」の生葉から、1キログラム当たり500ベクレルの暫定基準値を超える550~570ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表された。同県産の農産物が暫定基準値を超えたのは初めて。 (輸入品は370ベクレル以上は本国へ送還していのに)

 例によって「すぐに健康被害はないレベル」としているが、今年産の茶の出荷自粛と自主回収を呼び掛けた。 (なぜ自主回収なのか、出荷自粛なのか、知りたいものだ)

 茶葉から放射性セシウムが検出された南足柄市の生産農家は「どうして福島からこんなに離れたところで検出されたのか」と困惑気味。「風評が心配」「他産地はどうなのか」など不安に包まれた。
             足柄茶の放射能汚染
                    東京新聞より借用 
 これで、首都圏が汚染されたことがハッキリした。今までは、東北地方の問題であるかのように、首都圏の人々がおとなしすぎたが (水騒ぎを除いて) もう少しは関心を持つだろう。--地方から見ると、そう見える。そうでなかったらすみません。--

 政府に対しても、東電に対しても、情報公開の仕組みに対しても、東京が動かなければ、ほとんど直らない。今回のような「情報のミス」が立て続けに起こる。一度や二度ではない。

 4号機の爆発に関しても、『東京新聞』は次のように伝えている。

 福島第一原発4号機の原子炉建屋が大破した原因をめぐり、謎が深まっている。建屋内プールの使用済み核燃料が損傷し水素が発生したと考えられてきたが、水中カメラで調べても燃料に損傷は見あたらない。 (表面の一部しか調べていない。内部、下部の情況は分かっていない。) 地下で接する3号機から水素が流入した説も出てきたが、説得力に欠ける。専門家の間でも「原因は分からないかも」との声が出始めた。

 大震災当時、定期検査中で、炉内の燃料は全てプールに移されていた4号機。1~3号機の対応に追われ、忘れられがちだったが、三月十六日撮影の衛星写真で大破していたことが分かった。 (いくらなんでも、鉄筋コンクリートの建物が、あれだけ大破して、近くに人がいながら気がつかなかったなど、とても信用できない。)

 柱を残しほとんど壁が吹き飛んでいることから、東京電力は水素爆発が起きたと判断。計千五百三十五体の燃料を保管していることから、注水冷却に追われることになった。 (冷却に追われたのは、激しく水蒸気が出ていたからで、燃料棒の破損がないとは、とてもいえない。)

 だが、四月二十八日と今月七日にプール内を水中撮影すると、がれきなどは入っているが、いずれも予想以上にきれいな状態。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は八日、「燃料は比較的健全と思っている」と述べた。燃料が無事なのはいいことだが、大破の原因究明は振り出しに戻った。

 次に浮上したのが、隣の3号機から水素が流れ込んで爆発したとの説。先に3号機は大爆発を起こし建屋は無残な姿になっており、水素が発生したのは明らか。3、4号機は地下の配管などでつながっているため、流入説が出た。ただ、経済産業省原子力安全・保安院の担当者は「空気より軽い水素が下に回り込むものなのか疑問がある」と否定的だ。

 水素以外の爆発説もある。点検時に持ち込まれた有機溶剤などが原因という。ただ、持ち込み量は「地震前日の作業終了時で石油類二・六リットルとスプレー缶三十三本」(東電)。民間シンクタンクの原子力コンサルタント佐藤暁氏は「壁一枚飛ばすどころか、人がやけどする程度でしかない」という。

 テレビカメラで爆発が撮影された1、3号機と違い、4号機は爆発の目撃者もいない。原子力安全委員会の関係者は「どの仮説も検討するとあり得ないという結論になる。いつ壊れたかすら特定できていない」と途方に暮れる。 (亀裂ならともかく、コンクリートの壁が爆風で飛んだのである。いつ壊れたか分からないなど、子供でもいうまい。)

 私の説(4号機は保存プールの燃料棒が原因)は、この「映像」で、ほとんどの方が否定的である。が、よく考えてみて欲しい。定期点検中ということは、今まで使っていた「燃料棒」もそこにあるわけだから、少しの弾みで核分裂が起こり、高温になる、制御棒も入っていない。

 上から見れば、そんなに損傷はないかもしれないが、ずれたり、落ちたりして、距離が近づけば、再び反応を始める。今回のビデオ程度では、結論は出まい。

 今日は「自説」の補強のつもりで書いているのではなかった。こんな発表をさせてはいけないのである。なぜ爆発が起きたかは、後日の調査でも致し方ないが (火事の出火原因と同じで) 、爆発のあった日が特定できないなど、言い訳にもならない。

 首都圏の皆さん、わが身のことです。
 足柄ですら、汚染されたのですから。
 もう、放射能で心配したくない、と主張しましょう。



スポンサーサイト

COMMENT - 4

aya  2011, 05. 12 [Thu] 21:44

こんばんは、いつもブログで勉強させていただいております。

私も、東京で、パピヨンの女の子と暮らしています。
彼女のごはんやおやつを手作りしているため、事故後、野菜や肉は九州か西日本から取り寄せるようにしています。

当然お友達も同じ気持ちだと思い、ブログに「食材に気をつけましょう。」など、自分なりに勉強した原発事故の情報とともに載せたところ、ある人から反撃をくらいました。

いわく、「福島県の人が見たら悲しむ、ひどい」だそうです。
私は、事実を書き、福島県の人達も政府と東電に補償を求めるべきだと書きました。それでも、だめなのだそうです。

本当は、ワンコのこともとても心配だし、記事をもっと書いて、みんなに真実を呼びかけたかった。

でも、今東京はそういう空気じゃありません。
想像するに、家を買ってしまった人、どうしても仕事で離れられない人はピリピリし、避難する人や、野菜を買わない人を非人道的だと責めます。私も、非人間だと言われ、かなり落ち込んでしまい、もう記事を書いたり、他の人と話すことがこわくなってしまいました。

今は、同じ思いの主人と二人で、自衛に努めるのみです。
今東京に残っている人達の大半は、なかったことにしようと、自分をも騙している人が多いのかもしれませんね・・・

Edit | Reply | 

ニャン子太郎  2011, 05. 13 [Fri] 13:36

どうして?

ayaさんのコメント、とてもよくわかります。同感です。
私は東京の江戸川区で、妻(妊娠3ヶ月)と二歳半の娘、私の母と猫(ニャン子太郎)と暮らしています。
本当に不思議でならないのですが、首都圏の人間に危機感など殆どありません・・、私にはそう思えてしまいます。職場でも放射能の危険などの話題は皆無です。娘が通う保育園の保護者会でも全く話題が出ません。私が給食の食材の安全性について質問した時は「安全な食材ですので心配はいりません」とどこかでよく聞く台詞が返ってくるだけで産地やモニタリングの説明はありませんでした。
私はこれといって人一倍心配性や神経質な性格ではありません。本来は典型的な楽観主義者なのですが、そんな私ですら福島原発の情報が日々気になります。放射能拡散予測、東京都健康安全健康センターのモニタリングデータを毎日見ますし、食材の安全性も当たり前にチェックします。家族を持つ人間にとっては当然のことだと思っています。
でも周囲からは必要以上に神経質だと認識されています。
中国産の食品にあれだけ注意を払い、国産物に拘った世の中はいったいどこにいってしまったのか?「食の安全性」なる言葉はもう死語?3/15以降(福島水蒸気爆発⇒放射能汚染)ここまで物事に寛容に鈍感になってしまったのは何故?
私にはどう考えても理解できません。それとも私が変?
どこだかの世論調査で、原発容認(仕方が無いを含めて)が6割でした。この期に及んで原発が必要とは私には驚愕です。
使用済み燃料の無害化に1万年もかかる(今まで知らなかった自分の無知も情けない)ような無責任で危険な代物(原子力)でしか現代社会が維持出来ないのなら私にはそんな社会等必要はありません。
電力不足で不便な生活に現代人は耐えられるはずはないとか、産業界に多大なダメージだと言う人がいますが本当にそうなのでしょうか?
私は人や社会はそれほど軟ではないものだと信じます。
私のいる業界(建設業・電気設備業)の話なのでお門違いと言われるかもしれませんが、、、、
突然必要な物が手に入らなくなった時には知恵と経験で必ず代替の物を拵えて解決します。多すぎるツールでは新しい発想と技術は生まれません。トラブルや何か足りない事態が発生した時にこそ新しい発想と技術が生まれます。

・・・話がとり止めなくなってしまいました・・・、
「メルトダウン」でも昼番組ではTBSが御用学者をゲストにサラッっと20分間、その後6億円強奪事件の特集。テレ朝は内田裕也のどうでもいい脅迫事件に自殺したタレントのニュース。

本当にこの国は大丈夫?

66年前から何も変わってはいないのだろうか?
戦争末期の日本。
大本営(菅政権&官僚)は自己保身ばかりで自らは決して前線には行かず、
焼け石に水の神風特攻を賛美し(原発の現地作業員)、
沖縄民間人を見捨て(福島&首都圏他汚染地帯の市民)、
挙句には本気で竹やり持って本土決戦と一億総玉砕を謳う(危険な原発を廃止せず)。
それでも日本人は反戦デモなど一市民が立ち上がることはなかった。
自虐?諦め?打算?・・馬鹿?

何故ですか?教えてください。


Edit | Reply | 

ぴーぴ  2011, 05. 13 [Fri] 19:18

ほんとにほんとに

遠い遠い九州にお住まいのリュウマのパパ様が、GW中も休まず毎日記事をアップしてくださってるというのに。。。本当にありがとうございます。大変な時間を割いてくださってますよね。
それにひきかえ。。。
皆様のおっしゃるとうりです。何でこうなんでしょうね。
でも幼稚園や市役所に問い合わせたとこで、3.8μを超えない限り大丈夫の一言で終わり、自分が神経質な親と煙たがられるだけなんですよね。先生からの風当たりは、子供にくるわけだし。
私はホットスポット疑惑のわいてる千葉の松戸市や柏市の近くに住んでます。この高めの値が、収束するのに数年かかるのかと思うと。水や野菜やマスクのささやかな自衛で気休めが精一杯です。

Edit | Reply | 

みなぞう  2011, 05. 14 [Sat] 01:23

笑われてもいい!

先日実家の長崎の母と電話で話をしたんですが、なんでも長崎から支援物資として「カステラ」を被災地(多分福島)に持って行ったそうです。(行政なのかどこかのボランティア団体かは聞いてませんが)でも帰って来る時にたくさんの現地の野菜を持って帰ってきたそうです。

それを長崎で売って売上を被災地に寄付するのだとか・・・。私は正直びっくりしました。気持ちはわかるけどあまりにも無神経すぎます。長崎は被爆地です。これまでもずっと放射能の怖さを子供の頃から叩き込まれてきました。
私の父も若い時にかなりの被爆量(髪の毛が抜ける)でしたので最期は悪性リンパ腫と肺がんをわずらいました。

そんな気持ちも無視して放射能に汚染された野菜を売るなんて・・・。そんな事で応援するのはちょっと違うと思うんです。もし私が福島に住んでいても大事な人にそんな汚染された食物を食べさせようとはしません。
チェルノブイリの時ベラルーシの子供達にたくさん甲状腺のガンが発生したのは食べ物での内部被爆だという事はもうかなりの方がご存知でしょう。

私の母は熊本出身ですが原爆の2年後に長崎に来て20年後甲状腺ガンで手術しています。今思うと内部被爆もあったのかもしれません。

子供の頃は原爆の恐ろしさばかりを聞かされていましたが、幼い頃知り合いに障害者のお子さんをお持ちの方がいました。その子は頭が異常に大きいんです。身体は曲がって寝たきりでした。またダウン症の子も多かったです。
最近ネットで色々調べると放射能が原因だと思われる同じような海外の事例がいくつも出ています。
当時は長崎でもそういう事はほとんど語られていませんでしたが、もしかして放射能とかなり関係していたのではと思います。

私も13歳の女の子がいます。できうる全ての事をやっています。別に笑われても構いません。知らない人にはわからないと思います。放射能で犯された身体の末路がどういう事になるかという事を。







Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。