スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格差はもっと拡大すべきだ。 仰天!小泉改革応援団の意見

 「地域間格差をもっと拡大すべきだ。」これは問題提議のための「主張」であろう。
 まさか高名な方が本心からそう思っているのではないと思うが、「アゴラ」論壇プラットホームの池田信夫氏の主張を検証する。

 池田氏は小泉構造改革の正しさの傍証として以下のような意見を提示されていた。

 この人口の都市集中が都市と地方の格差を拡大したことは事実ですが、それがなぜ悪いのでしょうか。格差が問題なのは地域ではなく、個人です。いくら村がさびれようと、移動の自由があるのだから、職のある都市に移住すればいい。人口が減って困るのは、村役場の公務員だけです

 たとえばロンドンから郊外に出ると、建物がまったくなくなり、田園風景が広がります。これはゾーニングによって都市の境界を決めているからです。ところが日本では、東京からどこまで郊外に行っても、切れ目なく住宅が続きます。
 これは大規模な戦争を経験しなかったため、城壁としての都市がなく、農村の田畑の上にそのまま家が建ち、スプロール的に都市化したからです。このため薄く広くインフラが必要になり、公共投資の効率が悪い。高速道路や新幹線や光ファイバーを津々浦々まで引く必要はないし、財政的にも不可能です。

 比較優位から考えても、農業や在来型製造業から知識集約的な都市型の産業に労働人口が移るのは当たり前で、成長率を高める上でも労働人口の都市への集中がもっと必要です。むしろ知的労働者を都市に集中しないと、国際的な都市間競争には勝てません。


 まず、「格差が問題なのは地域でなく個人だ」とは正しいのだろうか。地方は東京や大阪のように地下鉄やモノレールが欲しいと言っているけではなかろう。せめて生活できるようになりたいと言っているに過ぎない。

 まして、「移動の自由があるから、職のある都市へ移住すればよい」は暴論に近い。
If you have much money,--君たちに十分なお金があるなら--が抜けていないだろうか。貧しいものの視点がまったく欠落している。
 また、住み慣れた土地を離れることに何も疑問を感じないのだろうか。

 地方の貧しい人々が、東京に行ってスラム街を作ることを「善し」としているのだろうか。人口が極端に減って困るのは、村役場の公務員だけではない。地域住民である。

 この主張を更におし進めていけば、日本がダメになれば国さえも捨てる考えに行き着くのではないか。国敗れて、山河あり --とも言う。東京や大阪が永久に繁栄するとは限らない。日本もである。
 都市のためにきれいな空気と水を大切にし、食料を供給するのが「田舎の勤め」ではない。

 地方も生きて生きたいのだ。それも少しでも「より良く」。未来に夢を持って。

 次に これは大規模な戦争を経験しなかったため、城壁としての都市がなく、農村の田畑の上にそのまま家が建ち、スプロール的に都市化したからです。は意味が分からない。
 東京は「大空襲」で焼け野原になったのではないか。大規模な戦争をいやと言うほど経験したのではないか。明日食べる食料を得るために都市計画を作る余裕もなく、バラックが広がっていったのではなかったのか。
 高速道路や新幹線はともかく、光ファイバーや携帯電話は全国津々浦々とまでは言わないにしても整備すべきであろう。氏の論調で行くと、「使いたいなら都市まで出て来い」となるだろうが。

 成長率を高める、都市間競争に打ち勝つという観点だけで、今後の日本の方針を決めることは今回の衆議院選挙で「否定された政策」ではないのだろうか。

 氏は結論として次のように述べている。

今後は高度化するインフラ整備はコンパクト・シティに集中し、過疎地は自然や文化財を保存してリゾートとして生き残ればよい。それぞれの地域が個性をもって競争するために、「格差」はもっと拡大すべきです。

 地方は自然や文化財を保存し、と言われても、明日の生活を心配する情況で文化財が保存できるのか。リゾートとして生き残るにしても交通インフラの整備ができていない土地に都会の人は来てくれるのか、「個性を持って」競争するにしても「医者がいない個性」や「電気が通じていない個性」などにならないのか。

 丁度「ゆとりの教育」が「個性」を競った結果、「漢字が読めない個性」「掛け算九九ができない個性」豊かな生徒を生み出したように。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。