スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発での被曝は別枠扱い 他では0と扱うそうな。 沖縄国際大のヘリ墜落事件の真相はストロンチュウム90だった

                    「しんぶん赤旗」 2011.08.14 から引用 
 東京電力・福島第1原子力発電所事故の収束のための緊急作業に従事した作業員の被ばく線量の限度をめぐって、別枠扱いが行われていることが関係者の証言で分かりました。厚生労働省は「別枠」を認めておらず、行政指導に反するとしています。   (山本眞直)

赤旗 8月14日1面
   写真は(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々さんから借用

 問題の「別枠」は、被ばくした作業員の作業場所を第1原発から他の原発に変更する際の放射線業務従事者登録などの手続きで、「福島第1原発での被ばく線量は別枠扱いになった。(被ばく線量は)記載されない」との対応をとっているというものです。

 これにより福島第1原発での緊急作業で高い線量の被ばくを受けても、他の原発作業では被ばく線量がゼロからのスタートになります。

 別枠扱いを証言した作業員によると、東電柏崎刈羽原発(新潟県)への移動に関連して、内部被ばく検査を受け、放射線業務従事者登録手続きをした際に、担当者から別枠扱いを告げられたといいます。         (引用終り)

 前回のやらせメール事件でも「赤旗」にスクープされた。その後、数日たって何食わぬ顔で「ヤラセメール」を追求したマスコミであるが、今度も、同様ですかね。しっかりしたコンセプトに基づいて報道しているのは「NHK」だけかもしれません。本当に残念なことですが…… 

 他の原発作業では被ばく線量がゼロからのスタートになります。など、どういう論拠があるのだろうか。関心が薄れるたびに、知らぬ間に「いろんな事」が決められていっている。

 もう一つ、放射能関係で、13日に沖縄の講演で「小出先生」が、沖縄国際大への米軍機墜落事故について言及している。なんと、米軍の施設封鎖、立ち入り禁止処置は「ストロンチュウム90」の飛散にあったというのだ。その講演ビデオの書き起こしを「ざまあみやがれい」さんが行っている。 (以下引用)

米軍ヘリが沖縄国際大学に墜落
              写真は「ざまあみやがれい」さんより借用

丁度今から7年前、今日、7年前の今日、この出来事が、起こりました。えー多分みなさんは私以上にご記憶だと思いますけれども。沖縄国際大学に米軍のヘリコプターが墜落して、(中略)すぐに米軍が国際大学の敷地に入ってきまして。米軍が国際大学を封鎖してしまった、わけですね。

国際大学といういわゆる私立大学ですけれども、そこの職員すらが現場にはもう行かれない。米軍がもうすべてそこを支配するというそういう状況があらわれました。

これおわかりになるでしょうかみなさん、ここで米軍の関係者がなにやら作業をしている。これは実は放射能の検知器です。これをもっているのは。

私は毎日こういう検知器を使って仕事をしている人間で、あ、放射能をはかってると、すぐにわかりました。なんで米軍のヘリコプターが落っこちて放射能の調査をしなければいけないか、私はいぶかりました。えーそして調べてわかったことがあります。

米軍ももちろん放射能の調査をして、そのあとにこんなの防護服を着た人たちがやってきて、液体を撒いているのですね。これは多分、こ の一帯に放射性物質が散らばってしまっていてそれが空気中に飛び出さないように、多分、ゴム、ゴム状の何かの液体というものをかけて、飛び散らないような作業をするということをやっていたのだと思います。そして放射能の正体はこれです。

これはヘリコプターのぐるぐる回転するブレードと言っている翼ですね。あ、3本分映っているのですけれども。そのこれのここの位置になにやら変なものがついていて (上の写真参照) ちょっとちいちゃくて見えにくいんですけれども。ここに放射能のマークが付いている、のです。ここですね。ここのところ。つまり個々の中に放射能が入っているということがわかりました。
       (以下省略、詳しくは→ざまあみやがれい)

 当時は日米安保条約の不平等な権利関係にだけ、焦点が当てられていたが、当然「時の政府」は内容を知っていたはずである。知らぬは国民ばかりなり……だろう。

 関心をそらす、関心が薄れる、は権力の思う壺だ。我々が「真剣に見ている」ことを常に相手に知らせておかねばならない。それから、小出裕章氏の新刊本の案内があったので、併せてお知らせしておこう。

●9月1日発売予定「小出裕章が答える原発と放射能」
●9月2日発売予定「福島第一原発メルトダウンの深層」

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。