スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故は5000年に一度 --東電試算-- 誰も信じないでしょう   誤った裁判なら適切な賠償を

 バカな計算をするものだから、取り上げねばなるまい。監督官庁の指示があったのだろうが、なんと無駄なことをするのかと多くの国民が思っていることだろう。これも、潤沢な電気料金を使って、あの「高名な専門家たち」が多数の時間と会議をしながら、まとめたものに違いない。

                      (2011年10月17日 読売新聞)によると
 東京電力は17日、福島第一原子力発電所1~3号機で再び炉心が損傷する確率は、約5000年に1回とする試算結果をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。

 事故前の試算では1000万年に1回としており、2000倍も高くなった。保安院は、試算の内容を検証し、安定化の目標である「冷温停止状態」を維持するための施設運営に生かす

  考えて物を言え。1000万年の間にはこんなことも起きるかもしれない。 

 損傷確率の計算は、原子炉の注水系統の故障、外部電源の喪失、大津波など7項目を想定。それぞれの原因で、1~3号機の一つに約20時間にわたる注水の中断が起き、炉心損傷が起きる1200度に達する確率を合計した。

 項目ごとの確率では、大津波による炉心損傷が8000年に1回と最も高く、次いで、注水系統の故障による炉心損傷が1万1000年に1回だった。
                                       (引用終り)
  
 以前の計算は『原子力ムラ』内の関係者だけが知っていたくらいだから、問題にはならなかったのだろうが、今度は多くの国民が知ることになる。こんな数字は「ほとんど」信用されまい。これを「冷温停止状態」を維持するための施設運営に生かす などと言っている保安院も同類だ。

 原発事故の発生を「1000万年に1度」などと言っていた前回などは、一般国民に言わせると『狂気の沙汰』とでも言うしかない。が、5000年に1度でも「似たり寄ったり」である。こんな数字を出すくらいなら、推測不可能と言った方が、まだましだろう。

 明日の地震さえ予測できないのに、5000年も分かるはずがなかろう。台風進路でも、それほどの精度でもないのに、8000年に1度や、1万1000年に1度など聞いて呆(あき)れる。今日はネットでは「非難轟々(ごうごう)」の意見に満ち溢れるだろう。

 この件の詳細は、専門的に扱っているブログに任せるとして、もう一つ大きく報道されていたニュースがある。
                                   asahi.com 引用 
 郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長が国などに約4100万円の損害賠償を求めた訴訟で、国側は17日、東京地裁(堀内明裁判長)で開かれた第4回口頭弁論の場で、村木さんの請求の大部分を認め、約3700万円を支払う意向を明らかにした。
   村木厚子

 国側は書面で請求を認めた理由について「証拠改ざんという特殊性を考慮した」とだけ説明した。国が事実上、違法捜査で村木さんに損害を与えたことを全面的に認めたため、今後の裁判で、この点については争われない。法廷で捜査の違法性が議論され、裁判所が判断を示す機会は失われることになった
                                      (引用終り)
 意外と高額の賠償金が出たな、と感じたのだが、皆さんはどうだろう。

 今まで、いくつかの免罪事件があり、その賠償額が「話題」となったことが多い。人生の大半を獄中で過ごした代償にしては、低すぎると思えた。なぜ、今回は「納得できる」ような金額になったのか、知りたいものだ。

 甲山事件(かぶとやまじけん)…… 1974年に兵庫県西宮市の知的障害者施設・甲山学園で園児2人の死亡事故 (浄化槽の中から遺体を発見) が発生したことに端を発する一連の事件だが、起訴された者の全員の無罪が確定した。

 警察は園児の力でマンホールの蓋の開け閉めができないと判断し、また甲山学園は外部から隔離され、外部進入の形跡がなかったことから、内部犯として捜査が絞られ、最終的にアリバイのない者は保育士の山田悦子に絞られた。

 1980年、園児の女児が「自分を含めた5人で浄化槽の近くで遊んでいた際に、マンホールの蓋は少し開け、それから横の方に動かして全部開けた。私が、被害者女児の手を引っ張ったら浄化槽に落ちた後、マンホールを閉めた。その時に被告人はその場にいなかった」と、マンホールを園児が複数で動かすことによって開け閉めができたことと、一人目の被害者が殺人事件ではなく事故であったことを供述した。

 その冤罪に対する補償額が2090万円。そのうち弁護費用と認められた費用が2030万円、刑事補償はわずかに拘留された48日分の60万円。無罪が確定するまでに要した25年間に対する精神的肉体的社会的苦痛に対する補償はない。

 法律論議は専門家でもないので、碁法の谷の庵にて さんのブログを引用しよう。
                         碁法の谷の庵にて さんによると
 免田事件と呼ばれる名高い死刑再審無罪事件で34年以上身柄拘束、そのうち31年7ヶ月は死刑囚として身柄を拘束された免田栄さんには、刑事補償として9070万円あまりが支払われた。

 同じく死刑再審無罪事件の松山事件で再審無罪となった斉藤幸夫さんは、獄中生活28年余り、死刑囚生活23年半で7500万円あまりだ。 (これらに弁護士費用も含まれるのだろう) 

 刑事補償法は、「ある一定程度の金額」を支払うことしか約束していない。金銭の支払の計算方法には裁量の余地があるので、実際の損害を多少考慮に入れて計算されるだろうが、実際に起こった損害を全部賠償してくれるわけではないのだ。

 全部賠償してもらおうと思ったら、公務員の不法行為に当たる、として別に国家賠償を請求するしかないことになる。

 だが、窃盗容疑で逮捕・裁判されながら途中で真犯人が見つかり、検察が無罪判決を求めるという異例の進行を遂げた事件で無罪になった元被告人の男性が、刑事補償とは別に国家賠償を請求した裁判で、訴えは斥けられてしまった。

 他にも、先述した死刑再審無罪となった斉藤幸夫さんも、刑事補償のほかに国家賠償を求めて訴えたのだが、こちらも斥けられている。

 それどころか、この手の国家賠償の裁判で、国への損害賠償請求が認められたことは一度もない、と言う。

 元々間違った人間を起訴してしまうことは、法律の想定の範囲内なのである。だから、例え判断ミスがあったとしても、それは法律が想定している範囲内。起訴を決定した検察官の判断が違法だ、と言うのは難しいのである。

 当該裁判官が違法又は不当な目的をもって裁判をしたなど、裁判官がその付与された権限の趣旨に明らかに背いてこれを行使したものと認め得るような特別の事情がある場合にはじめて右責任が肯定されると解する(最判平成2年7月20日)

 ただし、これまでしてきたのはあくまでも「間違った起訴」「間違った判決」の話。
 捜査をするために拷問をしたりすることは最初から問題外である。もちろん問答無用。例え容疑が真実であっても賠償金が取れる。

 もっとも、密室で行われるそれは、現実には立証が大変である。実際、今回のそれは証拠が十分にそろわず、その点に賠償が認められなかったという。 
                                     (引用終り)

 今回「高額の賠償金」が認められたのは、検察の違法捜査があったからだと思う。まさか『政官民』の身内だからとは思いたくないが …… 今後は一般国民にも「この程度」の補償はなされるべきではないだろうか。

 なにしろ、メキシコと日本の関係を調べてから、「格差」について敏感になってしまった。悪い写真を見たせいもあるかも知れぬが …… 

 タイも大雨で、自動車工場も浸水しているそうだ。

 その分を、日本工場で『日本人を雇用』して生産しなさい。
 ただ、労働賃金の節約ばかり考えていると、高い代償を支払うことになる。





スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。