スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物界の異常も福島原発のせい。  拡散する放射能に世界はビクビク。 福島4号機の爆発原因は3号機の水素ではない理由。

 世の中、奇妙なことが起こる。アラスカでアザラシに奇妙な病が発生して、多数が変死しているのだそうだ。ノルウェーの海岸では20トンものニシンが浜に死んで打ち上げられたそうだ。ニュージーランドでは、60頭以上のクジラが浜に打ち上げられ、日本でも、昨年から今年にかけて数頭のクジラが浜に打ち上げられ、ニュースにもなった。

 これらの怪奇現象 (?) の原因も福島原発の「放射能のせい」ではないか、というデーリーメール紙のような報道もある。一部は皆さんもご存知だろう。そんな馬鹿な (?) とは思いながらも完全否定は出来ないもどかしさがある。

 なぜ、そうなるかというと、ほとんど研究がされていない、分かったことも「軍事機密」ということで公表されない、そういう悪循環が続いたせいである。

        アラスカなどで多発するアザラシの謎の死
    アラスカなどで多発するアザラシの謎の死 ……福島の放射能の疑いも、とデーリーメールが報じた 
(写真説明→) Harmed: Seals like this one in Barrow, Alaska, have been found with bleeding lesions, damaged fur and flippers thought to have been caused by radiation from Fukushima, Japan.

     Seals with damaged flippers and hair loss 'are
   being killed by radiation from Fukushima plant',
             biologists warn
 ←見出し
 目が充血し、ヒレが傷つき出血し、毛が抜けているのだそうだ。言われてみれば、原爆の症状に似ていぬこともない。日本近海ならともかく、アラスカである。 と逃げたくなるのは山々だが ……

 下の画像はフランスの研究機関が作成した福島原発の放射性物質の拡散のシュミレーションである。これを見ると、そう逃げられないことがよく分かる。見てもらいたい。
    

 子供の甲状腺ガンは特異で目立つので、注目を集めているが、実際は「放射能」によって、どのような障害が起こるのかは、『肥田医師』が言うように、何も研究されていないのである。まずデーターがない、あっても信用できない。

 事故以来、どのように対処すればいいのかと「あちこち」探したが、あの原爆でさえ「熱線や爆風」で死んだものはいても、放射能で死んだものは、公式には一人もいない。 (日本政府の国連報告)

 第5福竜丸を調べても、安全地帯で操業していたにもかかわらず、思いのほか計算どおりの爆発となり、さんご礁のかけらを降りかけてしまった、船などを汚して申し訳ないと「米軍」が慰謝料を払ったのであって、この事件での犠牲者はいない (ことに公式にはなっている)。

 放射能の低線量被爆などになると、全く分からないというのが実情だろう。今、言われているような「ガンや白血病」は、それほど多くないのかもしれない。私は、「免疫不全・代謝異常・精神疾患」のような、総合的なもので、少しずつ弱っていくのではないか、と最近は思っている。

                使用済み燃料の数

 ネイチャーに「使用済みプール主因説」が載ってから、急に訪問してくださる方が増えている。4月1日以来の私の主張だ。上の図は5月中旬、事故後2ヶ月くらいのものだが、まず、建屋の様子を見ていただきたい。

 5階の天井部分に損傷、という東電の発表のみが垂れ流され、全くきれいな4号機が描かれている。それだけでも噴飯物だが、国民の多くが火災だと信じきっていたのは事実だ。

 4号機のプールを問題にしたのは、ここに書いてあるように『定期点検中』だということだ。

 逆に考えると、さっきまで原子炉の中にあった燃料棒が、一時的に、この使用済みプールにあるということになる。圧力容器も格納容器にも入らず、その数「548本」。

 これは、原子炉を冷やすと同様に冷やし続けなければ、重大な災害が起こる、直接大気に触れる状態で燃料棒があるということに他ならない。その影響は、本数から見て『3号機の3倍』になってしまう。

  福島3、4号機
  現実の福島 左が4号機、右が3号機  3号機から水素が流入したはずのパイプは破断していることが分かる。 
         水素爆発のマスコミ説明用
 上の写真は「3号機の水素によって4号機の爆発が起きた証拠」として東電がマスコミの説明で使用したものだ。下側に3号機、上が4号機になる。その上の大判の写真を右側から見たものということになるが、よく見てもらいたい。3号機に繋がるパイプは「滑落」している。そこは下の写真では見せていない。全くもって、どうしようもない会社だ。

 3号機の水素による爆発ではないことは、これで納得していただけるのではないだろうか。

 3号機でさえ、上層階だけの破損ですんでいるのに、4号機は根元からごっそりやられている。火災が2度起きたとか、5階の屋根に損傷が見られた、などといわれても納得できるものではない。

 まして、いつ爆発したか、はっきりしないなどといういいわけが通るようなものでもあるまい。

 4号機が爆発すると、何か不都合があるのか、とかえって疑ってしまいそうになる。悪い癖かなァ (笑) 。


スポンサーサイト

COMMENT - 1

ケメ  2012, 04. 18 [Wed] 19:07

カレイドスコープさんの所から来ました。
事後連絡で申し訳ありません。
半分転載させて頂きました。
中途半端な私をお許し下さい。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。