スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の責任で、原発再稼動 …… と 野田総理   思ったとおりの展開になった 原発        シリア 100人の虐殺は イランの特殊部隊と アメリカの発表  どうしても戦争したいのか

                                                   毎日新聞 2012年05月30日
  大飯再稼働:野田首相「私の責任で」…来月初めにも決定


 政府は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を近く最終決定する方針を固めた。電力消費地や周辺自治体でつくる関西広域連合(連合長=井戸敏三・兵庫県知事)の同日の会合で、再稼働におおむね理解を得られたと判断。原発が立地する福井県、おおい町が求める条件をほぼ満たした。野田佳彦首相と関係3閣僚は来月初めにも会合を開き、決断する。

 首相と関係3閣僚は30日、首相官邸で会合を開いた。首相は、細野豪志原発事故担当相から同日の広域連合との会合について報告を受け、「関係自治体からは一定の理解は得られつつある。国民の負担増抑制などのため安全が確保された原発は再稼働させる必要がある。福井県とおおい町の判断が得られれば、私の責任で最終判断したい」と述べた。


追加 : 31日 福井県にある関西電力大飯原子力発電所の運転再開について、大阪市の橋下市長は31日、記者団に対し「事実上容認する」と述べ、この夏を乗り切るために大飯原発の運転再開を容認する考えを初めて示しました。
                                                         (引用終り)

 とうとう、私の言っていたように 原発再稼動の方向が、はっきりしてきました。1年も前から、 原発の安全性、 放射能の危険性を訴えた 『反原発の運動』 は、議論が平行線になってしまう。 そして、再稼動の方向に向かうから、 使用済み燃料の処理一本で 原発反対運動を 進めるべきだと 書いてきました。

 残念ながら、 そういう方向に 反原発運動は行きませんでした。 ロシアや中国の原発ならともかく、 日本の原発が爆発することは無い、 その確率は 地球に小惑星が衝突する (人類滅亡) 確率と同じくらいだ、 と言われていたのです。

 小出助教や 肥田医師は 今でこそマスコミにちやほやされて、 講演会でも 大ホールで 何百、何千という聴衆の前で スピーチされていますが、 私が紹介したころは、 炎天下の 何もないようなところにマイク一本で 話されていたわけです。 彼らは、異端の徒だったわけです。

 私も含めて、皆さんの多くも、原発の事故の前なら、 彼らのスピーチの前を足早に通り過ぎていく人々の 一人だったのではないでしょうか。

 原発事故の直後、 電通や 農水省の音頭の元に、 「食べて応援、福島」 なる取り組みがありました。農水省の食堂では、福島県野菜まで使用したり、 福島県野菜を売る ショップも あったようですね。

 反発は承知で 「地獄への道は善意の心で覆われている」 などと見出しをつけて、 福島県産野菜を廃棄すべきだと書いたこともある。 いずれが 正しいのか分からぬが ……

 放射能の影響も、 『癌だ 癌だ 』 と騒がぬほうが良い。 医者でないので、 あまり強くは言えぬが、目に見えるほどの増加には ならないと 思っている。-- だから、影響がなかったと、主張される。-- では、影響がないかと言えば、 言われているように、若い世代を中心にではなく、 すべての世代にわたって、何らかの影響が出る、そう考えている。

 平均寿命の伸びが止まり、逆に短くなっていく。 死因は、「突然死」だと書いたことがあるが、心筋梗塞や脳溢血などの 心臓や血管系の病気だと 思われる。 もちろん、死後、すべての人を解剖すれば、 あちこちに癌が見つかる場合はあろうが、 まず、それは行われない。 表面上の死因 ということになる。

                                                5月30日 17時31分 NHK 引用
                 駐日シリア大使に国外退去を要求

玄葉外務大臣は、記者会見で、シリアで市民100人以上が虐殺された事件に抗議するため、欧米諸国と足並みをそろえる形で、駐日シリア大使に国外退去を求めたことを明らかにしました。

シリアでは、25日、中部ホムスのホウラ地区で、女性や子どもを中心に100人以上が虐殺され、アメリカやヨーロッパ諸国などは、この事件に抗議するため、29日、相次いで、自国に駐在するシリアの大使や外交官を国外に退去させる、と発表しました。
これについて、玄葉外務大臣は、30日の記者会見で「非人道的な暴力を断固として非難する。このような悲劇が生じるに至った責任は、主としてシリア政府にあることは明らかだ」と述べ、シリア政府を強く非難しました。 (引用終り)

 シリア政府軍がホムスのホウラ地区で住民を虐殺したとして、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアのアングロサクソン系4カ国のほか、フランス、ドイツ、そしてイタリアがシリアの外交官を追放したのだが、この決定の根拠が揺らいでいる。国連人権高等弁務官の広報担当、ルパート・コルビールは、ホウラで発見された遺体108人のうち砲撃で殺されたのは20人以下で、大半は至近距離から射殺されていると語った。

 もう、話が変わってきている。シリア軍の砲撃による死者だったはずが、至近距離での発砲、別の情報では ナイフによる殺傷も行われたとある。 事実は何か、全くつかめていない。もちろん、シリア軍は関与を否定するが、 それとて事実とは断定できない。

そんな中で、 フランスのオランド大統領は、アサド体制に対する軍事作戦実施の可能性を否定せず、シリア政府支援を止めるようロシアに働きかけると約束した。また欧米諸国は、シリア外交官の大規模な追放を開始した。 欧米諸国でもない 日本も その尻馬に乗っている。一方ロシア政府は、こうした決定を批判し、ホウラでの悲劇を今一度調査するよう求めている。

 そんなに素早く 外交官の追放を決める必要があるのか。 日本独自に それに耐えうる情報を持っているのか。イラク戦争のときのように、 嘘八百の開戦理由で また戦争を始めるつもりか。

 シリアでの市民100人以上が虐殺された事件について、アメリカ国務省の報道官は、イランの特殊部隊の支援を受けた集団が起こしたものだと発言した。 なーんだ、イラン攻撃の口実のために、シリアの女・子供を100人程度殺害したのか …… 恐ろしいことだな。 特殊部隊は、アメリカにも イギリスにもいる。


                                                5月29日 13時32分 NHK 引用
               中国書記官 事実関係の把握努める
 
玄葉外務大臣は、閣議のあと記者団に対し、東京の在日中国大使館の1等書記官が外国人登録証を不正に入手していた疑いがあるとして、警視庁が出頭を要請していたことについて、まずは事実関係の把握に努める考えを示しました。

警視庁などによりますと、東京・港区の中国大使館に勤務する45歳の1等書記官は、4年前、外交官であることを隠して外国人登録証を不正に入手した疑いがあり、外国人登録証を使って銀行口座を開設し、この口座には都内の会社から顧問料や報酬とみられる現金が振り込まれていたということです。
警視庁は、今月、外国人登録法違反などの疑いがあるとして、外務省を通じて書記官に出頭を要請しましたが、中国大使館が拒否し、書記官は帰国したということです。                             (引用終り)

 陽光堂主人の読書日記 さんが 次のように書いています。

 周知の如く、我国にはスパイ活動そのものを取り締まる法律が存在しないため、「スパイ天国」と化しています。米国を中心として各国の工作員が暗躍しています。中国も例外ではなく、国内で活発な工作活動を行なっています。

 問題は、なぜ公安警察が今回に限って事件化したのかという点です。警視庁公安部が、中国書記官に出頭命令を出したのは、外交官の商業活動を禁止したウィーン条約に違反している疑いがあるからですが、もっと深刻な事例は外にもあるはずです。事件化されること自体、珍しいのです。

 相手は外交官ですから、出頭命令を出したところでやって来る見込みはありません。現に中国側は、当の書記官は既に帰国済みと発表しており、事情聴取させるつもりはありません。この点は織り込み済みで、警視庁としては、事件化さえすればよかったのでしょう。


 事件・事故というものは、 ただ表面を聞くだけでは分からない 何かを含んでいることが多いようです。本当のところは、 50年、100年先にしか 分からないのかもしれません。

 ただ、そういう気持ちで 物事を見ることが 大事なのでは ……


スポンサーサイト

COMMENT - 1

ニャン子太郎  2012, 05. 31 [Thu] 20:41

私もパパさんの言う事に賛成です。
反原発の運動は放射性廃棄物の始末はどうするかの一点で行くべきだと思います。

昨年江戸川区に武田教授が講演で来られた時に話されたこと(記憶を辿るので言い回しは不確かですが)

『私達は人工的に作られた放射能という物に出会ってから高々数十年です。だから私達は放射能に対して殆どわからないのです。
わからない事に対して肯定や否定論を戦わせていても平行線になるのは当たり前なのです。わからないことを考えたり判断したりしていてはいけない。はっきりと誰もが一致して分かるようになるまではより慎重になるべきです。
100年後、1000年後、もしかしたら放射能は何の影響も無いのだとわかったら、その時ああ取り越し苦労だったと笑えばいいのです。
そして今すべきことは現時点でハッキリと分かっていることを考えて行うことです。放射性廃棄物は今の技術では無くせない、やっかいな代物だという事。日本は地震国で震度6程度の地震は数年に一度必ず来ること。原発施設は福島だけでなくどこの原発も今まで震度6の地震で無傷ではいられなかったこと。このことはハッキリとした事実ですから、だから原発は日本には向いていないのだと明確に言えるのです』

長文ですいません。
確かこのような感じで講演では述べられていました。

将来に借金を残すことだけでなく、これ以上無用なゴミを残すことも止めなくては我々は子々孫々に永遠に罵られることになってしまいます。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。