スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな音がするね。  野田総理 ……  日本語を解せぬらしい  ……     海外の方が 積極的に報じた 6.29 デモ   大飯原発再稼動 スイッチを入れるために (道路封鎖に対抗して) 船で原発に向かった

 今日の反対デモは、どうだったのであろうか。 そう思いながら 夜の11時少し前に帰宅した。 ネットで 「検索」をかけても、 毎日新聞と 系列のTBS以外、 全国紙、 系列キー局では どこも完全無視である。東京新聞や 中日新聞はどうした ?  もう少し、時間がたって どうなるか 見てみるか と筆が止まっている ……

                                                   毎日新聞 2012年06月29日 

 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を2日後に控えた29日夕、東京・永田町の首相官邸前で毎週金曜日に行われている再稼働への抗議行動が一気に拡大し、官邸前から霞が関への車道が人で埋め尽くされた。警察の機動隊も出動し、警戒に当たった。ツイッターやフェイスブックでの呼び掛けなどで集まった人々は組織化されておらず、デモ行進はなし。官邸前でひたすら「再稼働反対」と叫ぶのが特徴だ。なぜ、これほど多くが集まるのか−−。騒然とする官邸周辺を歩いた。【町田結子、池田知広】

 人が集まり始めたのは午後4時ごろ。「再稼働に断固反対」と書かれたプラカードを手にしている人がいれば、帰宅途中の会社員や手ぶらの家族連れ、お年寄りの姿もある。

 埼玉県蓮田市の会社員、田中秀行さん(38)は勤務先からスーツ姿で訪れた。参加はこの日が初めて。「集会やデモに出たことはないが、もう無関心ではいられないと思って。政治色もなさそうだったので抵抗感はありませんでした」と言う。


                                                 ( TBS ニュース 29日22:45)
 7月1日に大飯原発3号機が再稼働されるのを前に、官邸前では再稼働の撤回を求める大規模な抗議活動が行われました。

 道路を埋め尽くす大勢の人々。29日午後6時から、官邸前で2時間にわたって大飯原発3号機の再稼働に反対する大規模な抗議活動が行われました。抗議活動は今年3月から毎週末行われていますが、主催者の発表によりますと、今回は過去最高の20万人が参加したということです。

 参加者が爆発的に増えた背景には、ツイッターなどのソーシャルメディアがあり、口コミ的に参加者が増えたと主催者は分析しています。
      (引用終り)

 結果的に 余り大きくは取り扱わなかった。 外国紙の ウォールストリート New York Times などの 紙面の割き具合 の方が 大きかったかもしれない。 

                                 ウォールストリート 日本語版 2012年 6月 29日 22:06
  野田首相「大きな音だね」=官邸周辺の反原発デモに
[時事通信社] 野田佳彦首相は29日夜、首相官邸を出て徒歩で公邸に移動する途中、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に抗議する官邸周辺のデモ隊の掛け声や鳴り物の音を耳にして「大きな音だね」と傍らの警護官に語った。驚いた様子だったが、そのまま立ち止まらず公邸に入った。

 デモはここ数カ月、金曜日ごとに行われており、この日も官邸周辺は「再稼働反対」と叫ぶ参加者と、警戒に当たる大勢の警察官がひしめき合い、騒然とした雰囲気。首相は25日の国会答弁で「シュプレヒコールの声は官邸にも届いている」と発言していた。 
                                       Published: June 29, 2012 New York Times
 In Tokyo, Thousands Protest the Restarting of a
              Nuclear Power Plant

TOKYO — Shouting antinuclear slogans and beating drums, tens of thousands of demonstrators gathered in front of the Japanese prime minister’s residence on Friday in the largest display yet of public anger at the government’s decision to restart a nuclear power plant.
  New York Times
The crowd, including women with small children and men in suits coming from work, chanted “No more Fukushimas!” as it filled the broad boulevards near the residence and the national Parliament building, which were cordoned off by the police.

 こういうマスコミの状況に 長周新聞 が次のように指摘している。
                                                2012年6月25日付  長周新聞
 大飯原発再稼働反対を掲げて毎週金曜日に首相官邸前(東京・永田町)でおこなわれてきた抗議集会が22日には4万5000人(主催者発表)というこれまでにない規模に膨れ上がった。仕事が終わる夕方6時から8時までの2時間にわたって、歩道から首相官邸に向かって再稼働反対を叫び続けるもので、当初数十人からはじまった行動が口コミやツイッターを通じて話題となり、週を重ねる毎にその規模が拡大している。民意に逆らってごり押しをはかっていく政治――その象徴である大飯原発再稼働を一つのきっかけにして、直接行動によって国民世論を突きつけようとする機運が盛り上がっている。

 なお、15日の1万1000人行動をメディアがこぞって黙殺したが、その後「脱原発」を主張してきた東京新聞が記事にしなかったことについてお詫びを掲載。100件以上もの抗議があったことを明らかにしている。4万5000人行動についてはテレビ朝日が特集した他は大手新聞社や民放、NHKは黙殺する姿勢を貫いている。現場にたくさん記者が押しかけていながら、まるで報道協定を結んでいるかのように報道しない。全国規模で世論に火がつくことを恐れ、これ以上爆発的に行動が広がるのは困るという権力側と気分を共有した態度を続けている。これは同時にジャーナリズムの自殺行為にもなっている。                                            (引用終り)

 チュニジア や リビア でおきた数千人規模の反政府デモを ワァワァと 取り上げたマスコミ報道から見てみると、異常である。 今回は、主催者発表で 20万人、 警察の公式発表はなかった。 (ただし、産経だけは、 警察関係者という 得体の知れないものを引き出して、17000人 としている。)  まぁ、私の言う 実数の計算方式からいくと 10万人を超えたと言うレベルだろう。

 しかし、安保闘争のときとは 打って変わっておとなしい。 紳士的といったら 言いすぎだろうが ……   今回のデモの映像を見ていると、 デモ隊は、歩道を通り、 交通信号の赤で止まっている。 憲法で保障された 国民の権利を行使するのに、 道交法 が 優先するようだ、 そんなバカな …… などと思うのは、安保世代だけだろうか。

 これで、政治が動くのかと言うと、残念ながら 動くまい。 人数で、100万人程度になれば、いくらか考えるのかもしれない。 国民の声など、なかなか届くものではない。 1回やってだめであきらめれば、 相手の思う壺である。 ご苦労ですが、何度も何度も、官邸や国会に 国民の声をぶつけるしかない。 You Tube などのコメントから 少し紹介しておこう。

行きます。
子供たち、みていてね!
たいした大人じゃないけれど、君たちの未来をけがしてしまったからには、
このくらいのこと、どーってことない。
デモに参加するからね!


もしも君が、参加するかどうかで迷っているなら、来い!
参加せずに後悔する日がくるかもしれないが、
参加して後悔することはない。
日本を我々の手に取り戻そう。


始まったばかりだ。継続が大事だ。官邸前・永田町を囲もう!
若者、特に学生よ起てよ!君たちの時代なんだよ。
オジサンも行くんだ。老若男女・職業関係ない。


これ際、共産党も創価学会も関係ない。
そんなにブランド好きですか?
行けるのに、家でNHKを見ているなんて出来ます?


29日は仕事を休んで参加します。
あれだけの福島の事故を放置して再稼働を押し進める、神をも恐れぬ仕業です。


 テレビのニュースで、 家庭で 数件のお子さんを持った主婦たちが、 お酒を飲みながら、 私たちはデモにいけないけど、 こうやって (デモの実況中継を)  見て、 気持ちは一つ、で応援している、 などと話していたが、まだ 切羽詰っていない …… ということだろう。彼女たちが、 子どもの手を引き、 デモに参加するようになったら、 その時こそ 政治は動いていくだろうと思う。

 先駆者は いつの時代でも 大変なのだ。 今回 デモに参加された方が、 次も 次も 参加され、 大きな輪になっていくことを 願っている。

 すこし、話は変わるが、 小沢氏が 離党して新党を作るような ニュースも流れている。 もちろん、これに対しては、 マスコミは (突然) 敵意むき出しにして、否定的見解を述べる。 -- 私はあまり、小沢氏については、取り上げないのだが -- 真意が読めない、人柄を良く知らないので、 確信が持てないからだが ……

 世調は朝日、共同とも、消費税増税法案が衆院で可決された直後の26~27日にかけて実施された。それによると、「小沢新党に期待する」が朝日で「15%」、共同では「15.9%」だった。
 この結果を受け、大マスコミは相変わらず、「期待しないが8割」とネガティブキャンペーン一色だが、この見方は大間違いだ。同じ調査で、民主党の支持率は「17%」「17.1%」、自民党は「15%」「22.1%」だった。「小沢新党の期待」=支持率と見れば、民・自の支持率とほぼ拮抗しているのだ。
(ニッカンゲンダイ)
                小沢新党-1-
 これだけ、汚職だ、 賄賂だ、 裏献金だ、 さらには、 分かれた奥さんの手紙だ、と出て 17%もあるのが不思議だ。 国民が、マスコミを信じなくなっているのだろうか …… なんとも 不思議な国になってしまったものである。

                                               2012年 07月 1日 21:01 ロイター
 民主党の小沢一郎元代表は1日、支持グループ議員との集団離党と新党結成を2日に表明する意向を固めた。消費税増税法案の撤回要求に野田佳彦首相(民主党代表)が応じないと判断した。衆参両院議員約50人が同調するとみられる。2009年に政権交代を果たした民主党は分裂し、首相の政権基盤が弱体化するのは必至だ。早期の衆院解散・総選挙を求める自民、公明両党との攻防が激しさを増す。     (引用終り)

 これだけ、悪評を立てられて この数字は 別の意味を持つ。 この支持層は、 積極的支持だろうし、 投票行動に結びつくことは 疑いない。 投票率が 50%程度と考えると 30%近い支持率となる。

 ひょっとすると、 次の選挙は 面白い結果になるかもしれない。

【加筆 7月1日】 福井新聞 引用

 関西電力大飯原発3号機(福井県おおい町、加圧水型軽水炉、出力118万キロワット)は1日夜、原子炉を起動する。昨年3月の東京電力福島第1原発事故後、定期検査に入ったまま長期間停止してきた原発の再稼働は国内で初めて。5月5日以来続いた「稼働原発ゼロ」は約2カ月で終わることになる。

 準備作業、検査は順調に進んでおり、当初の予定通り午後9時ごろに原子炉を起動、2日午前6時ごろ臨界に達すると想定している。

 一方、再稼働に反対する市民グループは30日に続き1日も原発のゲート前にとどまり、原発につながる道路を十数台の車で封鎖。雨が降る中、抗議活動を続けている。特別な監視体制の責任者として中央制御室で起動に立ち会う予定の 牧野聖修 経済産業副大臣らは急きょ  を使って夕方までに原発構内に入った。

スポンサーサイト

COMMENT - 2

ニャン子太郎  2012, 07. 02 [Mon] 14:31

あのさ、でもさ、でもね、デモ

“先駆者は いつの時代でも 大変なのだ。 今回 デモに参加された方が、 次も 次も 参加され、 大きな輪になっていくことを 願っている。”

パパさん、遅ればせながら7月6日、仕事を切り上げてデモ参加してきます。
妙な考え方かもしれませんが、
私は誰かのピンチヒッターのつもりで行ってきます。
(勿論私も原発大反対ですから理屈抜きで参加すべきですけど)

とあるどこかの見知らぬ会社員。
その人は22日、29日と官邸前デモに参加してきました。
俄然7月6日にも行くつもりです。

・・・あれ?待てよ・・・確か今週って・・・んん?
やばい、今週はダメだ。。。・・・んんん、、、
いやいや、やはりデモは行かねば!あの頭のとち狂った首相にデモという形で怒りを示さねばならない!これは大儀なのだ。。。。。。。
・・・し、しかし、、、うぅぅ・・今週末の予定だけは何ともならん・・・。いやッやっぱ違う!世の大儀の為、未来の子供達の為にもデモには行くべきだ!そうだ!・・行くべき!い、、行くべきだが・・・、、はぁぁ~よりによって運悪く6日は妻の誕生日・・・、、、どちらも私にとっては重大なこと、、、、どうすれば。。。。
?!そ、そうだ!この際二つを同時に済ませばいいんだ!ハッピーバースデーデモ!、かなり無理やりだがこれしか方法がない。

妻と首相官邸前デート。
“お誕生日おめでとう!!!”“再稼動反対!!”“愛してるよ~!!!”“増税反対!!!”“これからも君を大切にするよぉ~!!”“原発なんかいらなァ~い!!”“愛してるよォ~~!!!”“野田やめろォ~~!!!”

こんなことにならないように、奥さんを大切に!
あなたの代わりにニャン子太郎がデモに参加してきます。

Edit | Reply | 

リュウマのパパ  2012, 07. 03 [Tue] 15:55

Re: タイトルなし

> この記事を読んで涙が溢れて来たんです。

 私も涙しながら記事を書くことが多いです。 いつも激励ありがとうございます。
 今度の 再稼動反対には、 我々ではなく、若い方々が 体を張ってがんばっているようです。
 彼らに 心から エールを 送ります。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。