スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無視できなくなった 反原発の運動  マスコミ各社も 一応報じる。   政府の 原発への 意見聴取会で 連日 電力関係者が 賛成意見を発表

                                               毎日新聞 2012年07月16日 

 脱原発を訴える「さようなら原発10万人集会」が16日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。猛暑の中、主催者発表で約17万人、警察当局の集計で約7万5000人が参加。東京電力福島第1原発事故後に広がった脱原発運動の中で最大規模の集会となった。
 さよなら原発10万人集会
                ヨーロッパの各新聞にも載った さよなら原発 の集会の模様
 市民団体や労働組合などでつくる「さようなら原発一千万人署名市民の会」が主催。作家の大江健三郎さんや音楽家の坂本龍一さんらが呼びかけ人となった。福島県や、関西電力大飯原発が立地する福井県の住民も参加、毎週金曜日に首相官邸前で抗議行動を続けている市民も加わった。

 坂本さんは集会で「電気のために子どもの未来を危険にさらすべきでない」とあいさつした。参加者はその後、新宿、原宿、渋谷の3方向に分かれて行進し、「原発いらない」「再稼働反対」などと訴えた。         (引用終り)
  
    時事ドットコム 7月16日 は、もう少し詳しく述べている。 ( 要約引用 )

 集会では、ルポライターの鎌田慧さんが「大成功です」と興奮冷めやらぬ様子で語り、会場を沸かせた。今秋にも脱原発集会を企画するとし、「まだまだやりましょう」と呼び掛けた。

 経済評論家の内橋克人さんが「福島の悲劇から学ぼうとしない政治家を二度と国会に送ってはいけない」と声を張り上げたこと、 作家の落合恵子さんは、民主党が国民の生活重視を訴えて政権を獲得したにもかかわらず 「命より原発を選んだ」 と痛烈に批判した。 ノーベル文学賞作家の大江健三郎さん、音楽家の坂本龍一さんらも次々と脱原発への思いを訴えた、と続けている。

 一般参加者の声として、「毎週、官邸前で行われるデモを見て来ようと思った。原発の存在そのものが問題だと思っている」や、「同じ気持ちの人がこんなにたくさんいると分かった」 「野田首相にはがっかりしている。大勢の方がこの問題を考えていると分かり、また参加したい」などの声を伝えた。                  (引用終り)

 参加者間の意識には違いがあるだろうが、 方向として、 原発をなくそうとする人々が 多くいることに心強くすることだけは確かである。 事故のあった福島近郊ならともかく、 実際 遠く離れた 関西や九州などでは 事故自体の風化は著しい。 NHKの風化も著しい。 大相撲中継終了直後の午後6時のニュース枠では全く触れず、 どこかの地方の100メートルのソーメン流しイベントが、1メートル長くなったなどと報道していたが、このデモは 意識的にスルー。 午後7時のニュースでようやく流すも、ゴミ扱いであった。 事故当初から、故意に誤報を流し続けた罪は大きい。

 デモに批判的な意見は、 感情論が多い。 「デモから帰って、クーラーあたるなよ。」とか「電気を止めたら死んでしまう病人がいるし、熱中症で死ぬ人が出る」「プロ市民」とか「生保」とからめたり、「朝鮮、中国」とからめたり、と一々取り上げるのも むなしい議論である。が、一方で こういう意見が ニュース下のコメントに 投稿されていることも事実である。
     さよなら原発10万人集会-2-
            列の最後尾が見えないほど 長い行列になった この日の デモ (パレード)
 政府が市民の意見を聞く聴取会が、 15日、16日、仙台市、名古屋市で開かれたが、20%から25%程度の案を支持した意見発表者の中に どちらも電力会社の社員が含まれていた。大勢の中から、無作為に抽選で選ばれるそうだが、偶然が2度重なったのか、支持する人は電力会社関係者しかいないのか、分からない。

 名古屋会場の場合、「中部電力の社員です。個人として意見を述べます」と話し始め、そのうえで「原子力のリスクが過大に評価されている」とか「去年の福島の事故で、放射能の直接的な影響で亡くなった人はいない。5年、10年たっても変わらないと考えている」などと述べた。

 会場から 「うそをつくな」「うそつき」などの声が上がり、騒然とした空気になった。 反原発を掲げて 意見を言う人々の中に、 この手の死亡者がいる、口止め料一人3億円、などと、 はっきりした事実関係の確証のないまま、 意見を披露する向きがある。 たしかに、センセーショナルで 面白いのではあるが、 では、どこの誰が死んだのか、 となると 証明は難しかろう。 相手の策略にはまってはいけないのであって、 放射能による 直接的な健康被害は、 何度も書いたが なかなか実証が難しい。

 あと数年の余裕しかない、「廃棄物保管場所問題」は、 話題にもしたくない 「最大の弱点」であろう。 大飯原発のように、 稼動時に プールの 保存可能燃料棒の数を 大きくするくらいしか、手はあるまい。 こういう 過密の保存をすれば、 福島4号機のような 燃料保存プールの火災に つながり、 一度起きてしまうと、 今回のように、 偶然 仕切り板が壊れて 大量の水がプールに流れ込むような 幸運のない限り、 日本全滅にすらなりかねない。

 公募抽選とは名ばかりで、 まるで電力会社専用の意見聴取会のような、 アリバイ工作をし、「選ばれた方のみにご意見をいただくことになっております」と、多数の意見も聞くことなしに、原発"万歳"世論誘導 で、次々と 再稼動が始まる。 東京を中心に 20万人、40万人と 声なき声が 集まることによって、 政府・財界の 利益のみを考える 政策に 『待った』 をかけるしかない。

 東京が変わってこそ、日本が変わるのである。   面白いポスターがあったので ……

  面白いポスター
                  囲んでしまえ!99%が1%を囲んでしまえ!

                  紫陽花革命が今起きている。2012年の初夏。  












スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。