スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク タイムスの 「謝罪の見直しを主張する安倍政権を 批判」 を 非難する前に   開戦するという事は どれだけの国費が要るのか 知る必要がある。

 Peace Philosophy Centre さんが New York Times の社説を 日本語訳し、アップされている。 この記事に対しては、 反論が はいて捨てるほど出ている。 記事を紹介したニュースも、 その社の 意向が入った 解説記事となっている。 まずは、 New York Times が 何といっているのか、 そのものを知りたかった。 まことにありがたい記事である。  (日本語訳は Peace Philosophy Centre さんによる)
          The New York Times Editorial of January 2, 2013
        Another Attempt to Deny Japan's History

Few relationships are as important to stability in Asia as the one between Japan and South Korea. Yet Japan’s new prime minister, Shinzo Abe, seems inclined to start his tenure with a serious mistake that would inflame tensions with South Korea and make cooperation harder. He has signaled that he might seek to revise Japan’s apologies for its World War II aggression, including one for using Koreans and other women as sex slaves.

アジアの安定のために、日韓関係ほど大事なものは他にあまりない。安倍晋三は今回の任期を、韓国との緊張を炎上させ協力をより難しくする深刻な過ちでスタートさせようとしているようだ。彼は、朝鮮半島や他の地域の女性たちを性奴隷として使ったことを含む、第二次世界大戦中の日本の加害に対する謝罪を書き直そうする動きを見せている。

1993年に日本は、何千、何万、または何十万の(訳者注:原文では thousands となっている。thousands は、「何千」単位から「何十万」単位までをカバーする)アジアとヨーロッパの女性たちを軍の慰安所で強姦し奴隷化したことをようやく認め、このような残虐行為に対して初めての完全な謝罪を行った(訳者注:「河野談話」のこと)。1995年には村山富市首相がもっと広範囲にわたる謝罪を行い、「植民地支配と侵略によって」、日本は「多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を」与えたと認めた。

右翼ナショナリストの安倍氏は、産経新聞のインタビューに応じ、特定はしなかったが「未来志向の談話」によって1995年の謝罪と入れ替えたいと言い、ロイター通信に月曜日に引用された。彼は前安倍政権(2006-2007年)は、戦時中日本軍の性奴隷となった女性たちが実際強制されていたという証拠は全く見つからなかったと言った。しかし先週の記者会見で、菅義偉官房長官は、安倍氏は1995年の謝罪は維持するが、1993年の談話は見直すかもしれないと述べていた。

自民党のリーダーである安倍氏がどのようにこれらの謝罪を修正するのかは明らかになっていないが、彼はこれまで、日本の戦時史を書き換えることを切望していることを全然秘密にはしてこなかった。こういった犯罪を否定し、謝罪を薄めるようなどのような試みも、日本の戦時中の残忍な支配に被害を受けた韓国、そして、中国やフィリピンをも激怒させることであろう。                                                     (引用終り)

 もちろん、 日本のマスコミの中にも、 この件を伝えたところがある。しかし、 それには 「その社」なりの意見が入り、 事実が 伝わるとは限らない。 代表的な例として、 産経新聞 (1月4日) の記事を取り上げよう。

 【ワシントン=佐々木類】米紙ニューヨーク・タイムズは3日付朝刊の社説で、「歴史を否定する新たな試み」と題し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」に関して、有識者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を「重大な過ち」と強く批判した。

 社説は、12月31日付産経新聞1面などに掲載された安倍首相へのインタビュー記事を引用し、安倍首相について、「右翼の民族主義者」と決めつけ、「朝鮮などの女性を強姦、性奴隷にし、第2次世界大戦で侵略したことへの謝罪の見直しを示唆した」と非難した。
     安部総理         戦争論 2
          戦争論 2 を読めば、 従軍慰安婦捏造の事実が よく分かるのだそうだ。 -笑-

 また、「戦争犯罪を否定し、謝罪のトーンを弱めるどのような試みも、韓国や中国、フィリピンなど、戦時中の日本の野蛮な行為で苦痛を受けた国々を激怒させるだろう」とした。

 最後に、「安倍首相の恥ずべき衝動は北朝鮮の核開発など地域の重要な協力態勢を脅かす恐れがある。こうした修正主義は、日本にとって恥ずべき愚かなことだ」としている。

 ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏は、ニューヨーク・タイムズなど一部米メディアによる「安倍たたき」について、「安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞や一部毎日新聞の見立てを輸入したものだ」との見解を示している。              -- 中略 --

 インタビューにおける安倍首相の見解はこうした経緯を踏まえたものだが、ニューヨーク・タイムズ社説は物証を挙げないまま、強制性を前提に見直しの動きを批判している。

 一方、戦後50年の節目に当たる平成7年8月、村山富市首相が、「植民地支配と侵略」への「心からのお詫びの気持ち」を表明した村山談話。安倍首相はこれに代わり、歴史問題への立場を示す未来志向の「安倍談話」を新たに出す考えを示している。これについても社説は、村山談話を不明確な未来志向の談話に置き換えたがっている、などとと否定的に伝えている。                                                   (引用終り)

 慰安婦問題は、余り触れたくないものである。 どちらにつくにせよ、 なかなか 決め手になる材料が 乏しい。 ザ・リバティweb‎ では、 次のように書いているが はたして 国際世論を納得させられるか。 (色文字は 反対意見)
                                                          -- 以下引用 --

 こうしたNYTの論調は、歴史的事実を見極めようという冷静さを欠いている。そもそも日本軍の相手をした慰安婦は、民間業者が募集した娼婦であり (その業者は 軍が指定していたことに触れていない。)、高額の給与をもらって (その給与は、軍が一括して払っていた場合がある。) 戦地で「勤務」していた。

 業者の中には女性を騙して徴用する悪辣なものもあったが、日本政府はこうした業者の取り締まりを行っている。日本軍が女性を慰安婦として組織的に強制連行した事実はない (公式文書は 敗戦時 「戦犯を恐れた」軍の命令により、焼却処分された。 なくて 当然ではないか。) のだ。韓国で名乗りを挙げている「自称元慰安婦」の証言も、「家が貧しくて売りに出された」というケースばかりで、日本軍が強制連行したと証明 (相手方のみに 証明の責を負わせている。軍が関与していなかった証拠は 日本側も出す必要がある。) できるものはない。

 慰安婦問題は1983年、元軍人である吉田清治氏が、戦時中に韓国の済州島で女性を慰安婦として強制連行したと告白する本を出版し、これを朝日新聞が大々的に報道して火が付いた (慰安婦問題が こじれる原因となっている出来事、当時の 兵士の証言が欲しいのだが、 これは 南京事件同様、強い圧力でつぶされている。) 。これを韓国が日本に対する外交カードとして利用し始め、「謝れば済む」と勘違いした日本政府は「宮沢談話」に代表される謝罪外交を行い、火に油を注ぐ結果を招いた。

 しかし韓国紙の調査の結果、この本が全くのでっち上げだったことは明らかになっており、吉田氏自身も嘘だったと認めている。日韓国交正常化の協議の際にも持ち出されなかった慰安婦問題 (慰安婦であったと 証言することは 世間的に難しい、という 慰安婦側の主張が 一般に 国際世論から 理解を得ている。) は、後代の創作であり (捏造、創作という主張は、 一件も無かったことを意味する。日本が、それを証明できるのか。) 、それが嘘だと明らかにされている以上、この問題で騒ぐ理由はないのだ。

 こうした史実に目を向けずに、「日本は人権を蹂躙する独裁国家だった」という一方的な先入観で報道を行い、韓国などのプロパガンダを復唱するNYTは、メディアとしての倫理を「恥知らずにも」踏み外していると言わざるをえない。安倍氏を執拗に批判するくらいなら、米国内で「慰安婦像」を次々と建てている韓国系団体の異常な行動をたしなめるべきである。(呉)                                                     (引用終り)

 まあ、 こういうことに 関心を持ち、 ちょっと調べたことのある方なら お分かりと思うが、 「日清」「日露」戦争での 日本軍人の 礼儀正しい、勇気ある行動が 多々 書かれている。 もちろん、 武士道を重んじ、 天皇の名を汚さぬように 行動した 多くの軍人がいたことは、 事実であろう。 それが、 なぜ行われたのかは、 一切書かれていない。 そういう 礼儀正しく、国際法を重んじるのは、 日本人だから … と述べられている。 他の 「劣等民族」と 「大和民族」は 違うのだと … ( こういう論調であるから、国際世論になかなか受け入れてもらえない、 ということを 理解すべきだ。 )

 「日清」「日露」戦争は 特殊な戦争である。 そのことをまず 理解しておかねばならない。 日本は 当時 欧米との間で、 条約改正の 真っ最中であった。 東洋の 「黄色い土人たち」が、 列強に対して、 対等な条約を結べ、 と 要求していたのである。 日本は、 欧米諸国と比べて 「引け」 をとるものでないことを 証明せねばならなかった。  末端の軍人にまで 「国際法のハンドブック」を 持たせ、 国際法を逸脱せぬように 戦っていた。 これは 条約改正が 国家の最大の目的でもあったことに由来する。 そういう 基礎知識なしに これらの戦争を見ると、 誤った結論を導くことになる。 このことに関して、 皇国史観的なブログには、 次のように書かれている。

  資源のない島国の小国日本は、戦力不足を国際世論で補う為に、人一倍、戦時国際公法の遵守に心がけた。 創建当時の日本軍は、不法行為を行う犯罪集団に近い東アジア諸国の軍隊(兵匪)ではなく、尊敬される規律のとれた近代的軍隊にするべく欧米の軍律や軍紀を取り入れた。

 陸軍はドイツ陸軍に学び、海軍はイギリス海軍を手本とした。 国外に派兵する時は必ず法律家を同行させ、日本軍に違法行為がない様に細心の注意を払っていた。 日本軍が如何に戦時国際法を守り正々堂々と戦っているかを見せる為に、日清戦争や日露戦争には欧米諸国からの観戦武官や報道記者を軍司令部を招き、作戦内容や部隊移動など軍事機密以外は情報を公開していた。
 ( 筆者 注: 日露戦争の際には日露両国に対して欧米諸国から多数の観戦武官派遣の申し入れがあり、日本はイギリス、アメリカ合衆国、ドイツ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、スペイン、イタリア、スイス、ノルウェー及びスウェーデン(スウェーデン=ノルウェー連合解消の時期と重なる)、ブラジル、チリ、アルゼンチン、オスマン帝国といった13の国々から70人以上の武官を迎えたと記録されている。その内、先に日英同盟を結んだイギリスからの派遣が最多の33人となっている )

 他人の目を病的に気にし、他人の評価を臆病なほど意識する日本人は、悪評が立ち後ろ指を指される事を恐れ、戦争の仕方や敵軍捕虜の扱いに細心の配慮をつかっていた。 日本軍は、清国兵にしろ、ロシア兵にしろ、捕虜となった敵兵を差別せず収容所に入れ、手厚く保護し、傷の手当てをして健康を回復させてから本国に帰した。

 皇族は、天皇の御稜威・大御心から国際赤十字活動に積極的に参加して、日本軍兵士はもとより敵軍兵士をも分け隔てなく平等に接して治療に協力した。 敵兵捕虜を虐待する事は、皇室への不敬・不忠に当たる行為とされた。 大和魂とは、「弱きを助け、強きを挫く」事であって、中国や朝鮮の様に「水に落ちた犬は打ち殺す」事ではなかった。

 武士道において、武士の情けとして、傷ついて戦う意志のない者は敵は助けた。 明治時代の日本軍は、人間不信の中国軍や欧米諸国軍隊の大陸軍隊とは違って、占領地での強姦や略奪行為は行わず、サムライとして振る舞っていた。
                                                          (引用終り)

 「日清」「日露」戦争は、 大変綺麗な戦争 (そういう表現が許されれば) であった事は 確かだろう。 条約改正への手前もあるが、 それ以上に 日本が 外国との戦争を 数百年にわたり 経験していないことも あるのではないか、と思う。 世界中の国が、 戦場において ことごとく 「国際法」を 守っているとは とても思えない。 敗戦した場合は (ここが重要だが) その点を強く問われるとしても、 戦勝国側は お咎 (とが) め無しとなる場合が多い。 -- 開戦を決意することは、 絶対 勝利がある場合のみに 許されると思う。--

   戦争経費とGDPに対する割合
                                             The Capital Tribune Japan 引用
 そもそも戦争の遂行には、どの程度の費用がかかるのものなのだろうか?日本が経験した主な戦争である日清戦争、日露戦争、太平洋戦争を例にとってみよう。
 日清戦争の戦費は約2.3億円、日露戦争の戦費は約18億円であった。日清戦争開戦当時のGDP(当時はGNP)は13.4億円なので、戦費総額のGDP比は0.17倍である。日露戦争の開戦当事のGDPは約30億円なので、戦費総額のGDP比は0.6倍ということになる(図1)。

 これが太平洋戦争になるとケタが変わってくる。太平洋戦争の戦費総額は約1,900億円、日中戦争開戦時のGDPは228億円なので戦費のGDP比率は何と8.5倍である。国家予算に対する比率では72倍という途方もない数字である。現在の状況に当てはめると、4,000兆円もの戦費を投入した計算になる。

 現代においてこのような戦争が勃発する可能性はかなり低いものの、いざ全面戦争となった場合に必要となる経費は、国家予算を大幅に超える巨額なものとなる。                                (引用終り)

 The Capital Tribune Japan さんの指摘どおり、 戦争をすることは、 そんなに 簡単に決められることではない。 政府負債が 1000兆円になる、ならないで 騒いでいるどころの話ではないことが お分かりいただけると思う。-- 「寄らば切るぞ、戦争してでも 解決 …」などと 簡単に考えられては 困ることは確かだろう。--

 もう一点は、 参加した 「兵力」に 注目していただきたい。 日清、日露戦争は、 ある一定の 訓練された兵士で賄われたが、 日中戦争時は そうでないことが お分かりいただけると思う。 このことが、 「慰安婦騒動」「南京事件」の いずれの解決にも 深く関わっている。 日清、日露戦争を 引き合いに出し、 「皇軍 日本」は 世界の他の 「野蛮な軍隊」とは 違った、 と言い切れないところなのである。 

 当時としては 綺麗な戦争 をしたはずの 「日清戦争」で 大虐殺が起こったと される場所がある。 これが真実という 確定された書物があるわけでもなく、 断片的に 報じる新聞記事や、各著者が 自分の思い入れも含み著した本などから 類推するしかない。 日本では ほとんど知られていない、「旅順口虐殺事件」である。 Wiki によると 以下のごとく 簡単に書かれている。

 旅順を簡単に攻略できたものの、大きな問題が生じた。『タイムズ』(1894年11月28日付)や『ニューヨーク・ワールド』(12月12日付)で、「旅順陥落の翌日から四日間、幼児をふくむ非戦闘員などを日本軍が虐殺した」と報じられたのである。虐殺の有無と犠牲者数について諸説があるものの、実際に従軍して直接見聞した有賀長雄は、民間人の巻きぞえがあったことを示唆した。現在この事件は、旅順虐殺事件(英名:the Port Arthur Massacre)として知られている。なお同事件は、日本の外交上、深刻な事態をまねきかねなかった。条約改正交渉中のアメリカでは、一連の報道によって一時、上院で条約改正を時期尚早との声が大きくなり、日本の重要な外交懸案が危殆にひんした。そのため、『ニューヨーク・ワールド』紙上で陸奥外相が弁明するような事態におちいった。しかし翌年2月、上院で日米新条約が批准された。 (WIKI 引用)  この点を次のように著した著作もある。 

 伊藤(博文)首相と陸奥(宗光)外相は、旅順攻略戦に成功した第二軍の処罰を提案することができず、強力に弁明を始め、事件の糊塗(こと)に走った。陸奥外相は、十二月十四日栗野慎一郎在米公使に、「事件を「被殺者の多数は無辜(むこ)の平民に非(あら)ずして、清兵の軍服を脱したるものなりという」(『蹇蹇録(けんけんろく)』)と弁明し、新条約(日米通商新条約)の批准のために全力を挙げよ、と指示した。(原田敬一『日清戦争』)

 事件は 次のようにして起きた (と思われる) 。 多くの諸説があり、 どれを正しいとするかは 困難な状況であるが (櫻井女史や 小林よしのり氏らのように 断定することは 私には理解できない。) 、井上春樹氏が、著書中で引用している 「明治二十七八年戦役余聞戦役夜話」が、 一番 真実に近いのではないか、と推測される。 ( 当時第2軍の主力をなした第1師団司令部付き通訳官だった向野堅一(こうのけんいち)のまとめたもの ) 。同資料は、大連にあった当時の満鉄図書館に 1部 寄贈され、それが現在の大連図書館に引き継がれ、今でも閲覧することができるとのことである。

 その資料の中の「三崎山の追想」という講演録がある。 ( この「追想」は、三崎山30年祭にあたって、金州民政署という 公の場で語られたもの ) 日清戦争当時 向野の同僚であった 山崎、藤崎、鐘崎 という3名の通訳官であり軍事探偵であった人物が、清国軍に捕らえられて惨殺されるということがあったが、彼らの墓地となった山が3名にちなんで「三崎山」と名付けられた。

 それによると、11月18日の土城子(とじょうし)付近の戦闘で、騎兵斥候隊約二十名が捕らえられ、首を切られるなど惨殺されたが、それを見た第1師団長山地元治中将は大いに怒り、「この如き 非人道を 敢えて行う国民は 婦女老幼を除く外 全部剪除(せんじょ)せよ」 という命令 を発したという。

 数十の いろいろな方の書いたものをまとめると、 その様子は 次のようになろう。 -- ただし、 これらの日本兵は 中国兵の服装をしていたという 説もある。 -- 

 旅順に突入した兵士は、まず、 村の入り口の門に 生首が下がっている (まだ、 血が滴り落ちていたという) のを見つける。 一歩入ると、道路わきの柳の樹に吊るされている 生首がある。鼻はそがれ、耳もなくなっていた。 さらに進むと、家屋の軒先に針金で吊るされた二つの生首があった。 土城子付近での戦闘後、清国兵は残虐を極めた方法で傷つけた第二軍の兵士の死体を放置した。死者、あるいは負傷者に対して、首を刎ね、腹部を切り裂き石を詰め、右腕を切り取り、さらに睾丸を切り取りたり、 陰部を口にくわえさせたり、 生きたまま 油をかけ 焼いたようなものもあった。

 そこには、 清国兵の姿はすでに無く、 一切の組織だった 反撃も無く、 あっという間に 旅順は攻略できたわけだが …… 日本兵は 激昂し、憎悪の念 -- こんな生易しい事ではあるまい -- を燃やした。 もちろん、 直接見たもの以外にも、 話は伝わったであろう。 この状況をさらに悪化させる 条件があった。

 それは、 清軍 が撤退する際に、 村の入り口付近の住民の家に 徹底抗戦するように、 いくらかの武器を残していったのだ。 (永世中立国 スイス では 徴兵時の武器を そのまま、 自宅に持ち帰らせ、 徹底抗戦するようにしていることを 思い出してしまう。)  さらに、 女・子供には 笑顔で 日本兵に近づき 一撃の下に 殺せ、というような指示もあったようだ。 ( これも、日本の戦争末期の 大本営の「国民必携」の指示を思い出させる。 )

 これが 現実に実行されたかどうか この事が 「真実」か どうかも はっきりしないのだが、 二、三の事例は あったかもしれない。 そういう 中で、 無差別殺戮が 起こったようだ。 -- もちろん、 皇国史観の方は 一切無かった、 もしくは、 殺したのは 「民間人の服装」を した 「清国兵だけ」だ、 と主張されている。--

 こういう 状況でも 「冷静さ」を 保てるだろうか。 「戦友」の敵討ちとして、 「同じチャンコロ」を 殺ってしまえ、とならないとは 言い切れまい。

一一月二八日の英紙『タイムズ』による「〔旅順での〕戦闘後二〇〇名の中国人が、日本人捕虜を扱った際の冷酷な暴行に対する報復として虐殺された、という噂があるので確認が必要だ」という報道から事件は広がる。翌日にも「両軍が残虐な行為を行ったという報告が確認された。多くの日本人捕虜が首を切られ、手足を切断されて発見された。それゆえに日本軍は住民を一掃した。無差別の虐殺である」という旅順に上陸した英国人将校の情報を掲載した。一二月には、米国の新聞『ワールド』に「日本軍の大虐殺」と題し、「三日間にわたる殺人」「無防備で非武装の住民は家の中で殺された」などの記事が掲載され、欧米各地の新聞に転載された。(原田敬一『日清・日露戦争』)

 この件は、 時の政府の 海外マスコミへの 対策で やがて沈静化するのだが、 余りに長くなりすぎた。 また この件については、 改めて書こう。


 いずれにしても、 一冊の漫画の本によって 「歴史」の すべてが分かるというような 虚構を信じてはいけない。 もちろん、 皆さんに申しているわけではないのだが ……

 まだ、 知らされていない 「日本の歴史」が多い …  つくづく そう思う。



スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。