スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇后の目線に感心   デフレ政策からの転換が必要

 週末は朝から夜遅くまで、時間がなく「世情に疎く」なってしまったと書いたが、本当にそのようだと今日しみじみ思った。
 ネットをご覧の皆さんは多分ご存知だろうが、中には私のような人間も居るので一応写真を含め書き記しておきたい。
d0064969_1014213.jpg

 アメリカ人にとって国王は特別な存在だと聞く。オバマ大統領も鳩山首相に会う際には、アメリカ大統領として振舞っていたが、国王となるとちょっと勝手が違うらしい。

 日本人としては「うれしい」のか、鳩山批判が渦巻くサイトでも歓迎ムードだが、アメリカのマスコミでは非難ゴウゴウらしい。

                            J-CASTニュースより引用
  オバマ米大統領が天皇陛下に90度のおじぎをしたことが、話題になっている。米メディアからは「低姿勢過ぎる」と批判を浴びているものの、日本では、「礼儀正しい」と好意的な声が多い。90度おじぎは、オバマの戦略との見方も出ている。

あの長身のオバマ大統領が、天皇陛下よりも頭を下げている! ユーチューブなどに出回っている動画のおじぎシーンは、日米のネットユーザーに衝撃を与えている。

                    ロサンゼルス・タイムズ紙のサイト記事
初来日のオバマ大統領が、天皇・皇后両陛下に面会したのは初めてだった。皇居に2009年11月14日招かれた大統領は、車から降りると、玄関でお出迎えになった両陛下に歩み寄った。そして、天皇陛下が手をお差し伸べになると、握手しながら、いきなり90度まで腰を折ったのだ。

その間、1秒弱。視線は、通常の握手とは違い、下に向いたままだった。陛下は、握手を予想していたのか、頭をお下げにはならずに、笑顔を向けられた。そして、オバマ大統領は、おじぎが終わると、今度は、皇后陛下にも握手しながら軽くおじぎをした。驚くべきことに、さらに、大統領は、両陛下に対し、5度も軽くおじぎを繰り返したのだ。

ネット上では、こうした大統領のあいさつに対し、日本のユーザーから称賛の声が相次いでいる。2ちゃんねるでは、「つぎの首相はオバマさんでいいよな!」といった声も上がっているほどだ。

ところが、アメリカ国内では、対照的に、メディアなどから厳しい指摘が出ている。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、現地時間11月14日付記事で、07年2月に当時のチェイニー副大統領が、天皇陛下におじきをせず握手で済ませた写真も掲載して比較した。そして、昭和天皇の時代に真珠湾攻撃があったことを指摘し、「大統領の行為に眉をひそめるアメリカ人もいるだろう」と揶揄した。サイト記事のコメント欄には、2000件ほどの書き込みが寄せられ、波紋を呼んでいる。---引用終わり---

 天皇がどんなものであるか、アメリカ人には分かるまいが、日本の中でも考え方の違いはあるにせよ、一時ほど「天皇制」に反対する人は多くはない。私も積極的に賛成とは言わないが、最近では「天皇制のメリットもある」のではないか、と考えるようになっている。

 先日「在位20周年?」の記念行事とやらがあったが、その中で皇后が「最近高齢者についての論調について」もう少し寿(ことほ)ぐような論調があっても良いと考えます、と述べられていた。

 確かに、高齢化社会・少子化問題として高齢者を悪者扱いにばかりしている政策・論調が目立つ。
 我々一般人とは違う目線で社会を捉えている、損得勘定なしでとらえれば、「よくぞ、長生きなさって」、これからも安楽にお暮らしください、と言うのが筋かもしれない。そういう目線が今の政治家には欠けているのだろうと思う。

 現実の日本は「金不足・借金だらけ」で、新政権も手詰まり状態である。年金財源すら無いと言うのが真実の姿かもしれない。

 鳩山首相がブルネイを羨んだのが分かる気がする。---少し好意的過ぎるかもしれないが---この発言の真意はそんなとこにあるように思う。

                    2009年11月14日21時50分asahi.com

 シンガポール訪問中の鳩山由紀夫首相は14日、ブルネイのボルキア国王と会談した。若い頃に同国を訪ねた際の記憶から、「国民に税金が課されていないと聞いた。日本国民もブルネイに移住したいと考えるだろう」と述べた。

 ブルネイは天然資源が豊富で、国王は「所得税は無税だ」と応じたが、日本では納税は国民の義務。株式売買で得た所得の申告漏れが明らかになったばかりの首相としては、軽率な発言と言えそうだ。(シンガポール=寺光太郎) ---引用終わり---

 連日、どのように歳入を上げるか、対応に追われる政府としては、税金も取らずに国が運営できるブルネイは政治家にとって天国だと思えたのではないか。

 金は天から降ってくる訳ではないにしても、先日書いたように「橋本内閣」以来続けた「行き過ぎたインフレ抑制策」がデフレを誘発してしまっているとしか思えない。

 私の住んでいる北部九州では、テレビのコマーシャルに「パチンコ店」が数年前からとても増えてきているが、最近その中で「イチパチ」なる言葉が聞かれだした。一玉4円であった遊戯料が1円になっている店である。4分の1の価値になる、売り上げも4分の一、利益額はそこまでいかないにしても、相対的には少なくなるだろう。人件費もそれなりの圧縮は避けられまい。

 近くのパン屋さんも今月で店を閉めた。それまでは一週に一回、お買い得セールのように2個で99円の販売をしていたが、閉店3ヶ月前から常時2個で99円とした。

 多分結果として、思ったより販売は伸びなかったのだろう。閉店することになった。

 インフレも決して喜ぶべきこととは思えないが、デフレは今現在の金持ちが喜ぶ政策である。新政権は恐れずことなく、デフレ政策からの転換を図るべきである。

 国民を救う政策を考えないと、大半の下層国民が疲弊しきってしまう。

スポンサーサイト

COMMENT - 1

yutakarlson  2009, 11. 18 [Wed] 11:54

■【米国ブログ】オバマ大統領のお辞儀が米国メディアで話題に-常識のない米国人!!

こんにちは。私は、アメリカの愚かなマスコミ関係者の中には、「オバマ大統領が外交における米国の新しい敬意の表し方を打ち出そうとしているか、もしくはただ常識がないかのどちらかだろう」などとブログに書き込むものあるようですが、このようなものこそ、非常識だと思います。アメリカ人の中には、長い間の自由主義経済ボケや覇権ボケで、世の中には、経済や力以外にも多様で大きな価値や世界観があるということをすっかり忘れているものも多いようです。日本の天皇制はいまや世界でも、まれな伝統と文化の遺産でもあり、オバマ大統領は、アジアで幼少時代を過ごしたということもあり、こうした伝統や文化の価値を熟知していたからこそ、最敬礼をしたのであり、それは当然の行為であり、批判の対象などになること自体が奇異です。ここにコメントしていると長くなりそうなので、詳細は是非私のブログをご覧になってくださ

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。