スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発 汚染水の流出に 関心が湧かない日本国民を作った 国内の「安全情報」   汚染タンクの お粗末事情と コロコロ変わる 流出量 

 福島原発事故による、 海洋汚染の シュミレーションを ドイツの研究所が作っている。 もう ご覧になった方も多いだろうが、 これは、 事故当初の汚染が どのように拡大していくかを示したものだ。 これを見ると、 驚くべきことに 5、6年後には、 アメリカ、カナダ、 メキシコの太平洋岸に 放射性物質が たまってしまう。 日本よりも 汚染がひどくなっていく事が分かる。 ところがだ。 東電は ずっと 海洋汚染を続けていたことを認めた。 ドイツも作り直すらしいが 結果が 空恐ろしい。 高濃度の汚染水が流出し続けたのだから、この赤い水は途切れることなく出て行ったことになる。

       

 日本の御用学者や 政府、 東電は 海に出てしまうと 希釈され、 問題はなくなるが、 出るより出ないほうが良いから、 流出を止めるようなことを言っていた。 ところが、 言われているような希釈は起きず、 赤い帯となって 滞留するようだ。 こうなれば、 漁業補償の問題が出てくる。 福島の漁民を騙すようなわけにはいかなくなる。 一体 いくらかかるのか、 もちろん 電気代で 国民が負担するわけだが … 

 教えてgoo にも 同じような質問があり、 こんな 『ベストアンサー』が 載っていた。

 放っといたらよく混ざって薄く平均化されます。 その辺は化学薬品とかと同じです。原子炉の中身を全部ぶちまけてもよく混ざれば影響が無くなるくらい海の水の体積の方がはるかに大きいので。

 福島原発が出した放射能よりも何倍も多い放射能を核実験で海にばら撒いたり、自然の成り立ちとしてすでに海水中に何十億トンものウランが溶けてたりするのですが、問題になったことってないですよね。 ですから太平洋などの放射能がよく混ざって薄くなるあたりはもう魚とって食べても問題ないレベルです。船がまき散らす塗料片とかのがまだ問題かもしれないです。

 海に漏れた放射能のうちで一番厄介なのは原発周辺の海底に沈着したものです。よく混ざる前に堆積しちゃったものですね。これに関してはさすがに何十年か放置するしかないのではないかと思います。 結局のところ長期的な汚染で迷惑被るのは日本のローカルだけです。


 また、 食物連鎖による 生物濃縮について、 水産庁は 次のように発表している。 これが 正しいのなら 世界からの非難は 意に介しないですむし、 賠償問題も起こることはない。 が、 発表したのが 隠蔽 歪曲の得意な 日本政府という点だ。
                                                    2011.04.23  NEWSポストセブン
 水産庁による調査・研究「水産生物における放射性物質について」によれば、ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、ウラン、プルトニウムなどの生物濃縮は「ほとんど起きない」と結論づけられている。

 31種類の魚類を調べた研究では、セシウムの海水中濃度と魚体中濃度がほぼ正比例することがわかった。具体的には、1990年から1999年までに、海水中濃度はほぼ一定割合で減り続け、9年間で約33%減少した。この間、魚体中濃度も一定割合で減り、9年間で約40%減少していたのである。
 
 これは食物連鎖による生物濃縮が起きていないことを示唆しているが、それはなぜなのか。水産庁増殖推進部研究指導課に聞いた。
 
「海水中の濃度より生物中の濃度のほうが高いという結果なので、一定の濃縮は起きています。しかし、食物連鎖でどんどん濃縮されていくというメカニズムは見られない。PCBやDDTなどの生物濃縮が問題になる毒物は、魚類の脂肪に入り込んで体内に留まるが、放射性物質で長く体内に留まるものはないことが調査でわかっています」     (引用終り)

 日本で聞く話と、 海外の話は どれをとっても 大きな隔たりがある。 そんなに 大した事ではない、と思える 「日本学説」が 通用するなら、 世界が 目を逆立てて 日本をとやかく言う必要はないはずだ。 ところが、 日本政府は 過去の公害病などで、 責任を回避し 患者の救済には 消極的であった。 外国の言うように 人に対して 有害であっても、 なかなか認めようとはしないであろう事は 推測できる。東京都杉並区健康管理士会 さんが 2ch を引用して 皮肉っている。

                                                 東京都杉並区健康管理士会 さん 引用
                     ~水俣病の場合~
         1946年:汚染水の排出開始
          3年後:今まで捕れていた魚介類が捕れなくなる
          6年後:幼児に精神や運動機能の発達遅れが見られるようになる
          8年後:犬猫の変死が相次いでいる事が初めて報道される
          10年後:水俣出身者は原因不明の奇病にかかると差別が起こる
          15年後:脳性小児マヒ患者16人を胎児性水俣病と初認定
          17年後:原因が工場の排水によるものと判明する
          28年後:水俣病による死者が100人を超える
          29年後:チッソ幹部が「殺人、傷害罪」で告訴される
          42年後:チッソ元社長ら業務過失致死罪で有罪判決
          58年後:最高裁が国および県の責任を認めた(2004年)           (引用終り)

 この調子でいくと 今回の 原発事故の責任を 政府が取るのは 2070年ころになりそうだ。 甲状腺ガンも「知らぬ 存ぜぬ」で 押し通すつもりだろう。 ニャン子太郎さんから こんなコメントを 頂いた。

私が大大大嫌いな 小泉純一郎元総理が 脱原発のドイツと 原発推進のフィンランドを視察したとのこと。  引退して 業界のしがらみから解放され 御気楽立場とはいえ、  何とあの小泉純一郎にして “「原発ゼロ」しかない” と言わしめたそうだ。   -- その通り、 我々が以前から主張するように 廃止を 決定するしかない。 --

 汚染水の海洋流出は 海外から厳しく指摘され、 ようやく 政府もマスコミも 動き出した。 政府が前面に出て この問題を対処するらしい。 大方の報道は 「これで 一安心」というような態度で 国民に危機感はない。 ところで、問題となっている 汚染水のタンクが プラモデル並だと 批判を浴びている。 もちろん、 こういうタンクが 必要である場合もある。 ただネ 何年間も 危険物を貯蔵するのは 不向きだろうということですナ … 。

lease02_photo2.jpg
                                                          くろねこの短語 さん 引用
 大臣が福島第一原発視察して、指示した対策が「見回りの強化」だって。馬鹿も休み休み言え。 視察後に東電に指示した内容ってのが、これまた笑ってしまう。

 (1)近辺の排水弁を閉じるなど管理強化
 (2)放射線量を詳しく確かめるため周辺の巡回を1日2回から4回に増加
 (3)汚染水の貯蔵リスクの洗い出す ・・・  だとさ。  

 大量の汚染水が海流れ出し、 海外のメディアからも 深刻な海洋汚染が指摘されってるってのに、「見回りの強化」だって。 なんか、 腰砕けになっちまうなあ。 こんな程度の認識なんだもん、 お気楽なもんです。        (引用終り)

 今回もれた300トンの汚染水は 小出助教授によると広島原爆1個分だと言う。 以下 真実を探すブログ さん 引用

『みなさん、24兆ベクレルと言っても全然実感が湧かないと思いますが、24兆というのはですね、10を13回掛け合わせるというのが10兆という桁になります。広島の原爆がまき散らしたセシウム、あるいはストロンチウムというのは、10を13回掛け合わせた量です。』
『ですから、24兆というのは、ほとんど要するに広島原爆がまき散らしたセシウム137あるいはストロンチウム90と同じようなものを今、漏らしたという事ですね。』


東電が問題となっている汚染水タンクの内部画像を公開しましたが、画像を見ると、内部は錆びだらけでボロボロ状態になっていることが分かります。東電はこのタンクを更に数年間も使用する予定だったようですが、放射能には物を劣化させる作用があることを考えると、これは非常に恐ろしい事です。

汚染水タンクの危険性を示す情報は他にも沢山あります。東電が使用している汚染水タンクは簡単な即席式タンクのため、接合部分が弱く、ゴムパッキンで軽く塞いでいるだけとなっています。プラスチックやゴムなどの有機材料にガンマ線や電子線を照射すると、分子鎖が切れることは有名です。

何千万ベクレルもの超高線量汚染水をゴムパッキンで塞げば、時間経過と共にゴムパッキンは劣化し、いずれはそこから汚染水が漏れることになります。 しかも、このボロボロ汚染水タンクが350基も福島第一原発の敷地内にはあるのです!
      ボロボロ汚染水タンクが350基も

東北では未だに余震が相次いでいますが、これは震度5クラスの地震に耐えられるかも怪しいところです。福島第一原発の敷地内は毎日1000トンも地下水が流れ込んでいる上に、核燃料を冷やすために大量の冷却水を注入しています。

今月の中旬に福島第一原発の地下貯水槽が40センチも浮き上がっているのが確認されていますが、これは福島第一原発の地面が大量の水の影響で、泥沼のような状態になっている事が原因で発生したと考えられます。   (引用終り)

 経済界の意見を書く 日経ですら 今回の 汚染水漏洩を 次のように 海外で 厳しい反応が起きていることを報じている。 
                                                         2013/8/26  日経新聞
 東京電力福島第1原子力発電所の汚染水漏れ問題を巡り、欧米メディアの報道が相次いでいる。原発事故の処理の難しさや放射能汚染、日本経済への影響など分析は多岐にわたる。海外の各国が福島原発と安倍晋三政権の対応に再び重大な関心を寄せている状況を映している。

 英紙ガーディアンは社説で「福島原発のメルトダウンによる影はさらに長く、暗くなった」と指摘。事故後、世界中で原発の安全対策コストが跳ね上がる現状を踏まえ、英国でも政策転換が起きる可能性に言及した。

 米紙ニューヨーク・タイムズも「事態は東京電力の手に負えないほど大きいかもしれないことが、いよいよ明確になった」と報道。英紙フィナンシャル・タイムズは原発への市民の不安がデフレ脱却の障害になるとの見方を示した。同紙は「原発停止が長引けば安倍首相の経済政策、アベノミクスの基本的な前提のいくつかが崩れることになるだろう」と分析した。                                                          (引用終り)

 なにしろ、 急速に関心が薄れた 「原発事故」であるが、 この事故について 現況を語れる人は 誰もいない。 なにしろ、 燃料がどこにあるのか まったく分かっていないし、 汚染水がどの程度あるのかも 分かっていない。-- 線量が高すぎて 近づけない。 一説では 汚染水処理に 10兆円、 廃炉作業に 50兆円というものもいるが 何も分かっていないのだから、 正しいともなんともいえない。 まあ、 そのくらいは覚悟すべきだ、ということだろう。

 これから 分かる見込みがあるかといえば、 ここ数年では 無理だろう。 ただ、 再度の爆発を防ぐために ただただ冷やすしかない。 すると、 汚染水が … あふれてしまう。 -- こんな負債を背負った日本を 欲しがる国があるんですかネ。 国防などなくても 福島原発を見ただけで 攻め入ることを やめますよ。 60兆円も ドブに捨てるくらいだったら、 米国債のほうが まだマシでしょう。 --
                                         日々坦々(飛鳥麻 憲) @hibi_tantan24  のツィート
 超高濃度8000万ベクレル、 過去最大の汚染水 300トンが漏れているにもかかわらず、 NHKニュース9は、 あえて 宇宙ビジネスと日銀総裁インタビューで デフレ脱却など 経済 ・ 景気を 最初に持ってきている。 完全なる目くらまし報道で 国民にとって最重要な情報を隠す姿勢は、 全く報道機関に非ず不適格!

 情報は ネットなどのデマに惑わされず、 テレビなどの確かな情報を頼りましょう … などと デマを放送した反省もろくにせず、 現在まで きてしまったわけだが、 政府はというと

 安倍首相は 今年2月にトルコで原子力発電所を受注したのに続き 5月にはインド・UAEと 新しく原子力協定を締結した。 日本企業が 原子力発電所を輸出するためには 該当国との原子力協定締結が前提条件になっているためだ。 安倍首相は 第1次中東国家歴訪の間ずっと 「『トップセールス』を通じて 日本が 世界で最も安全な 原子力発電所技術を提供できることを知ってもらう」 という点を 強調した。 また先月、 参議院選挙の期間にも 「(日本の)高い水準の安全を 全世界と共有する」 としながら 原子力発電所の輸出本格化を宣言してり、  現在、ハンガリーとウクライナを訪問中の 岸田文雄外相の場合、 最初から 「原子力発電所」 だけに 焦点を合わせた歴訪だ。 原子力発電所2基を建設する計画がある ハンガリーとは 原子力協定締結 → 日本の原子力発電所採択の手順を踏むよう 誘導している。 ウクライナでは 1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリを視察、 「日本は福島第1原発事故の収拾に万全を期している」という点を強調する予定だという。 などの 記事を読むと どこの世界の話なのか … と思ってしまう。

 敷地内に 汚染水があふれても、 (地盤の流動化で) 建屋が倒壊しても、 作業員は避難せざるを得ない。 そうなれば、後は 「神のみぞ 知る世の中」が 来てしまう。 まだ、 福島が 「小康状態」であるうちに ゆっくり寝ときましょう。 昼も夜もない 状態になるかもしれませんものね。


 
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。