スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山金銭問題  意外 !! 暖かい国民の眼

 久しぶりに参議院の国会中継をテレビで見た。
少なくとも野党の質問では必ず「首相の金銭問題」を取り上げ、首相も答弁において、真っ先に謝らねばならない変則的な国会に見えた。率直に感想を言うと「この内閣に前政権を追求する余裕は無い」と見た。

 政権交代を推し進めた国民には3つのグループがある。
1つは、自民政権にお灸を据える意味で政権交代を善しとした勢力。
1つは、自民政権の政策に反対し、民主党の政策を推進しようとする勢力。
最後に、今までの政権の暗闇部分を追求するために政権交代を望んだ勢力。

 残念ながら私を含めた『3番目の勢力』の期待には鳩山内閣は応(こた)えることは出来まい。鳩山氏自身は歴代の総理と比べて、率直で誠実な人柄を有すと思えるが、これだけ問題が出てくると、その政策を力強く実行することは困難の極(きわ)みであろう。---今までが悪すぎたのだが---
 本当は彼のような境遇(豊かな上流階級)にあるものが志してこそ(貧しい者を救おう)、貧困層の国民は救われたはずだが、今はその力は発揮できまい。たぶん、1年程度の短命政権で終わるであろう。

 それでもこの政権交代には「自分が参加した」との意識が強いので、

鳩山さん攻撃が鳴り止みません。鳩山さん、がんばってください。首相はよほどの失政がないかぎり4年間、がんばるべきです。閣僚もころころ変わるべきではありません。じっくり腰をすえて政策を実現させてください。事業仕分けは大成功でした。無駄撲滅の切り口が見えてきました。国民も延べ1万人が参観したとは、100年に1度の大転換だったかもしれない。繰り返しますがこれだけの大事業を成し遂げた鳩山内閣は鳩山さんの脱税ぐらいで総辞職してはいけません。秘書が逮捕されようが有罪になろうが、脱税分を国庫に支払えば国民は許します。首相をやたらに変える国民はかえって国民生活を悪化させることに気づいています。国会でも堂々と党首討論をしてください。必ず国民は鳩山さんに拍手するでしょう。

 のような熱烈応援のブログも見受けられる。が一般にはもう少し熱が冷めて

 鳩山由紀夫首相の個人偽装献金問題は、首相の資金管理団体の偽装献金問題に加え、実母らの多額の献金を政治資金収支報告書に記載していなかった疑いが浮上した。会計担当だった元公設第1秘書らの刑事処分は年内にも決まると見られる一方、首相は「私自身、大変驚いている」など、あやふやな対応が批判されている。 しかし、捜査中の現時点で、鳩山首相が明確な説明を避けている事情は分からなくもない。もし、鳩山氏が新聞報道をそのまま是認すれば、首相退陣を余儀なくされる可能性があり、鳩山内閣は総辞職しなければならず、民主党の受ける打撃は計り知れない。
 
 確かに、新聞報道の通り、母親からの多額な資金提供があったとすれば、政治資金規正法に抵触するだけでなく、贈与税などとも絡み、問題は大きくなるが、一方、この問題と政権交代による鳩山内閣への期待と秤にかけた場合、汚職が絡む企業献金とは違い、鳩山家の個人献金の偽装といった形式的なものともいえ、今後の刑事訴訟の程度にも関わるが、資金管理団体の修正報告や贈与税を支払うことによって事態を収拾し、鳩山首相がいう、政策の実現で国民に報いることの方が有益ではなかろうか。 ---正さん日記 より---

 鳩山氏の秘書が昔風に言えば執事のようなものだったら、確かに鳩山氏は何も知らずにこうなったのかもしれない。
『ワカに金のことを相談しても………』
『奥様に相談してみては。』
『その程度のことなら私が何とかいたします。』
 と言うような按配ですか?

 本来なら国民目線が耐え切れなくなるほど冷たくなるであろう金銭問題が意外なほど好意的に受け取られているのは企業がらみの金でないことが大きいのかもしれない。

 共同通信社による全国電話世論調査で鳩山内閣の支持率は63・7%と、約1カ月前の前回調査(61・8%)からほぼ横ばいに踏みとどまった。しかし、鳩山由紀夫首相の偽装献金問題は大きなマイナス要因となっており、今後の対応が政権浮沈の鍵を握ることになりそうだ。

 調査は11月28、29両日に実施、1026人の有権者から回答を得た。評価が高かったのは2010年度予算概算要求の無駄を洗い出すため政府の行政刷新会議が導入した事業仕分けだ。「評価する」が77・3%に上り、半数以上が「予算編成過程の公開」をその理由に挙げた。

 首相の今後の対応については「政治責任をとって辞任すべきだ」は11・4%にとどまり、「説明責任を尽くして改善策を講じた上で続投すべきだ」が75・5%を占めた。せっかく政権交代で見えつつある新たな政治の流れを早々に頓挫させたくないとの思いがうかがえる。

 世論調査が国民の意識を正確に反映しているかどうかはさておいて、今までと違って退陣要求は出にくい雰囲気であることは確かなようだ。自民党も共産党も攻めあぐねている。

 私のような前政権追求派は今しばらくじっと我慢しなければなるまい。
それなら「公約実行」一本に絞って内閣を監視するしかあるまい。
まさか、暫定税率引き下げと同時に炭素税などとわけの分からぬことを言ってもらっては困る。タバコ税もそうであり、これは選挙時に明示しておくべきである。

 最近の円高から見て、日本国家そのものは世界的に見てまだ優位にあると思う。このだらだら続く不況、デフレを一掃するためにも、政府は積極的な政策を撃つべきだと考えている。

 「夜警国家」のような考えは否定されたのであって、効率的なサービスを提供する大きな政府が求められている。


スポンサーサイト

Tag:鳩山内閣 金銭問題 事業仕分け 民主党 公約 デフレ

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。