スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなモノありなんですか。  「民主党」環境税導入を模索

 「そんなモノあるんですか」は「平野官房長官」の有名な言葉だが、今度は国民が民主党に対して「そんなモノありなんですか?」と問いかけねばなるまい。

 寝言もいい加減にしてくれ。「暫定税率廃止は公約」であり、それと同時に「炭素税(環境税)」など聞いていない。
名前を変えただけの、下手をすれば増税となるこのような政策は受け入れられるはずがない。
 民主党のマニフェストから関連事項をを抜粋すると、
 ○(暫定税率に関し)2.5兆円の減税を実施し、国民生活を守る。
 特に、移動を車に依存することの多い地方の国民負担を軽減する。

 ○地球温暖化対策税の導入を検討する。
 その際、地方財政に配慮しつつ、特定の産業に過度の負担とならないように
 留意した制度設計を行う

 
 暫定税率廃止は「公約」として明記している。一方「環境税」は「導入の検討」である。当然慎重に制度設計をするために「審議会」などで討論が行われ、結果が出れば国民に問うのが当然である。
 暫定税率とは違い、「環境税」は大型新税である。自動車関連の燃料だけでなく、灯油、ガス、電気などあらゆるエネルギーに課税される。灯油などにいたっては北部日本の消費が大きい。そんなモノをドサクサにまぎれての導入は財務省は喜ぶだろうが許してはならない。
 今の「消費税導入」の経緯をしらない人も増えてきていると思うので、書いておこう。消費税は実質的には竹下内閣で導入されたのではない。中曽根内閣が「大型間接税は導入しない」との約束で---この顔がウソをつく顔に見えますか。とテレビで中曽根氏は語った---衆議院選挙を圧勝し、あれよあれよと言う間に「竹下内閣に禅譲」、強行採決で決定。
 当然国民の強い反対にあい、「中小企業への免税」というとてつもないこと(国民からは徴収し、納税は免除する---税相当分を企業利益として良い---)を考え、何とか反対世論を抑えてきたのである。私などはこの経緯を「闇夜に後ろから切られた---卑怯極まりない手段---」思いだった。

 民主党政権は「増税なし」が原則であり、このような卑屈な「手練手管」を用いるのであれば、何も「鳩山氏・小沢氏」でなくとも、自民党にだって出来る
 そんな目的で「政権交代」をさせたのではない。国民理解などとても得られようはずが無い。だから次のように「痛い腹」を探られるのである。

 正確には軽油にかかってる暫定税率は全額が地方税。国税はゼロ。
 暫定税率から切り替える環境税は全額が国税。地方税がゼロ。
 地方に痛みを押し付けて軽油環境税ゲット。
 非難の嵐の中で子供手当ての財源に ………


 鳩山首相もそろそろリーダーシップを発揮すべきである。他の大臣が考え付いた問題でも「鳩山内閣として実行できない」ことは、そういえばよい。
 鳩山首相自体の人柄の良さは、官邸での会見、自宅でのぶら下がりの受け答えなどで、特に何ともいえない「お辞儀」の仕方で多くの国民が感じているところと思う。---自分の金銭トラブルさえなければもっと動けたであろうが。---
 なぜ、「政権交代」は起こったかと言うと、「税金の無駄遣いをやめれば、日本はもっと良くなるのではないか」という国民の素朴な気持ちがその底辺にあったことは間違いない。
 では「無駄遣い」とは何か。卑近な例になるが、私が良く通る「JR香椎駅付近での歩道工事」を例に挙げよう。
歩道を工事すること、これ自体に異議を唱える国民は少ない。先日来の工事がようやく終わって新しい舗装になったのだが、2~3日前からそこで新たな工事が始まったのである。ガスか水道かは知らないが、作ったばかりの歩道を切り刻み、つぎはぎだらけの歩道が完成していく。国民はこういうことを「無駄」と見ている。
 何も「マッサージチェアー」が1台120万円とかを問題にしているのではない。そういう金銭の使い方の感覚を問題視しているのである。この歩道工事でも、順序を逆にすれば、完成した歩道は継ぎはぎも無く、長期間快適に使用できる歩道が出来るはずである。氷山の一角として生贄にされた「マッサージチェアー」も同様で、国民から見て、考えた税金の使い方---予算を単に消化することにのみ焦点がおかれ、どう使うかを考えていない---が出来ていないのではないかと、しばしば思われてきた。金が足りないからと言って「新税創設」など、とても受け入れられない政策である。

 鳩山氏自身、徹底した支出の見直しで財源を捻出し、任期中の増税はしない、と言い、多分それが首相の思いだろう。他から見ると、「財源はどうする」「非常事態」であろうが、ここは「国債発行」で乗り切るべきだ。
 新税を創設するなら、次の参院選(来年の夏)前に国民に提示し、説明を尽くす必要がある。
 旧来の「自民党政権」では、選挙前に増税は不利……と明示せず、選挙後にアッと言う間に強行採決---というパターンを繰り返してきた。
 仏の顔も三度まで---である。四度も五度もやるものだから、今「自民党」は厳しい国民の制裁を受けている。

 民主党も同様である。女、子供、老人は騙されるかもしれない。それも、二度も三度も……。
 しかし、それを決して忘れてしまうわけではない。必ずやその「報い」がある。
 老練さや技術などを用いず「誠実」に、ここは実行してもらいたい。

 民主党に国民から求められているもの。それは「公約の実行」と「国民を裏切らない」誠実な政治である。





スポンサーサイト

Tag:暫定税率廃止 環境税 消費税 中曽根内閣 政権交代 自民党政権 鳩山内閣

COMMENT - 1

在日民主党  2009, 12. 02 [Wed] 18:45

環境税という名の増税策

財源が足りないのだから、ガソリン税など暫定税率は廃止せずに継続すればよい。
また、毎年2.5兆円を使う高速道路の無料化を廃止すればよい。
これらは公約違反となるが、マニフェストには集票のためのばら撒きなどの政策が多く、まともな政策は少ない訳であるから、望ましくない政策は守らなくてよい。
暫定税率が存在し、高速無料化を廃止すれば、ガソリンの消費が増えず、CO2削減に反しない。
環境税ではなく炭素税とすべき。環境税だと、大気、河川、湖、沼、干潟及び土壌の汚染防止並びに浄化施策のための費用も含まれる。
CO2を25%削減するために、炭素税で得られた税収は全額、太陽光発電及び風力発電などの補助金として使い普及の誘引とするのが望ましい。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。