スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い世代の右傾化は 「先進諸国共通の現象」  希望の見出せない 「若い世代」が 排外的主張に 共感しだした。  「子どもを厳しく飼いならす」「ショック療法を与える」が 今行われている 教育改革の姿だ。

        衰退する日本と「先進国時代」の終わり        
                                                      久保 孝雄氏  の文章より 引用

■1979年   「私の見るところ、世界のリーダーとしての役目を果たすのに、その国の政治機 構や経済力から言って日本ほどふさわしい国はない」                  エズラ・ボーゲル(『ジャパン・アズ・ナンバーワン』)

■2012年 「20年前にG7の主要メンバーとして華々しく活動していた日本は、今やG20では影響力の小さな存在となり、国際社会の舞台では日本の声に耳を傾ける者はほ とんどいなくなった」      ロナルド・ドーア(『日本の転機』)

 マレーシア元首相のマハティールは、かつて「ルック・イースト」を掲げ、日本を手本にする運動の先頭に立ってきたが、最近はその対象を日本から中国、韓国に切り替え、日本を失敗の経験から学ぶべき「反面教師」の対象に変えてしまった。

 昨年11月のアメリカ大統領選挙で、共和党候補のロムニーは「日本のような衰退国になってはならない」と説き、李明博韓国大統領も竹島上陸(8月)後の記者会見で「今の日本には昔のような力はない」と語っていた。

 ここ20年、日本が衰退の一途をたどっていることは明らかである。1968年いらい42年間も維持してきた国内総生産(GDP)世界第2位、アジア第1位の座を、2010年に中国に明け渡したが、1人当たりGDPでも80年代までの世界上位から現在は25位(11年)に落ち、アジアでもシンガポール、香港、台湾(いずれも中華圏)に次いで第4位に後退、5位の韓国に迫られている(PPPベース)。

 ではなぜ日本は衰退しつつあるのか。多くの論者は、日本の危機を内在的要因に求めている。少子高齢化、人口の減少、「失われた20年」と呼ばれる経済の長期低迷、GDPの縮小、所得水準の低下、雇用の量質両面での劣化、格差の拡大、そして深まる財政危機等々、日本衰退を示す指標は数多くある。東日本大震災による深刻なダメージ、とりわけ史上空前の放射線被爆をもたらした原発事故は日本衰退を加速している。

 とくに問題なのは、こうした危機的状況が続いているにもかかわらず、高度成長期までの国家目標を喪失したまま、バブル崩壊以降の新たな国家戦略を描けない政治的リーダーシップ不在と、それによる社会的閉塞状況が続いていることである。国民の強い期待を担った民主党による政権交代も体制側の反撃にあってあっけなく変質・挫折し、国民の期待を大きく裏切った。今回の総選挙で自民党などの右派とくに極右派が大幅に議席を増やしたのも、強いリーダーシップへの期待や閉塞状況の打破を望む鬱屈した世論が高まっていたことを示している。

まさに「日本の右傾化は衰退の兆候」(ジョセフ・ナイ、ハーバード大教授、彼は著名なジャパンハンドラーの1人でもある)なのである。得票率28%(全有権 者の16%)で議席の6割を占めた自民党の「薄い勝利」(東京新聞)の持つ意味は、決して薄くない。早くも安倍内閣による右傾化路線への「暴走」が始まりつ つある。

 しかし日本の衰退は決して一国的現象でも、内在的要因だけによるものでもな い。日本が先頭を走っているのは事実が、実は米欧日の先進国全体が衰退しつ つあり、日本の衰退はその一環なのである。これと並行して起こっているのが中国を先頭とするBRICS(伯、露、印、中、南ア)など新興国の急速な台頭で ある。

 -- 中略 --

 まさに、世界構造に世界史的地殻変動が起きているのである。第2次大戦後、世界一の大国となって西側の盟主として世界をリードし、ソ連崩壊(91年)後は唯一の超大国として世界に君臨してきたアメリカも例外ではない。かつてアメリカの「裏庭」と言われてきた中南米も、今は7割もの国々が反米・非米国家に変わっている。ブラジルなど南米主要国の貿易相手国のトップもアメリカから中国に移っている。

 アフガン、イラクでの「テロとの戦い」に10年の歳月と3兆ドルの国費を蕩尽し、3万数千人の若き米兵を死傷させ、数十万人の現地の無辜の市民を殺傷し、ついに勝てなかったアメリカは、中東・アラブ、中央アジア、西アジアで威信を
失墜し、反米感情を高めてしまった。

 「この20年、私たちは一国家として、最大の問題のいくつかと取り組むのを怠ってきた・・・ことにこの10年間、私たちは余りに多くの時間とエネルギーを使い一次の世代の金も使って一テロとの戦いにいそしみ、減税や超低金利のロンを享受しすぎたために、蓄えがなくなってしまった。いまの私たちは、バンパーもスペアタイヤもなく、ガス欠寸前になった車を走らせている(ようなものだ)」(トーマス・フリードマン他、『かつての超大国アメリカ』)。

「アメリカ人の今の世代は、世界史上最大の超大国の驚くべき崩壊を目撃することとなった」(ブキャナン)、「合衆国は国家としても世界大国としても衰亡しつつある。その地鳴りには、もうため息をつき、肩をすくめるしかない」(レスリー・ゲルプ米外交問題評議会名誉会長、パトリック・ブキャナン『超大国の自殺』)。                     (引用終り)

 最近の日本の「右傾化」は、 日本だけの問題でなく、 ヨーロッパ諸国でも 問題になっている。 なぜ、 そうなるのかというと 「若い世代の未来」が 見えないためだ、というのが 大方の結論である。 しかし、 これほど 根深く若い世代の右傾化が進んでいる日本には、 別の原因もあるのではないだろうか。

 一つは 「戦争経験者」が 死没して 発言しなくなったこと、 言葉でいかに美化しようとも、「現実」を過ごしたものの発言の前には その力を失う。 まあ、 そういう「力」が 無くなったのだろう。 それだけなら、 欧米もそうだろうし、 もっと何かが あるに違いない。

 急速に 「若年層」の右傾化 -- ということが 「ヒント」になるかもしれない。 その一つが 教育だろう。 森内閣以来  「 教育改革国民会議 」なるものが 設けられ、 いろいろな提言をしている。 すべてが実行された訳ではないが、 彼らの必要とする部分が 実行されたのではないだろうか。

     教育改革国民会議報告

 下の表は 提言をまとめたものであるが、 いくつか 「問題になる」ところがある。ちょっと 取り上げてみよう。 ママさんは、 ご存知だっただろうか。 

 「子どもを厳しく 『飼いならす必要』があることを 国民に アピールして 覚悟してもらう。」
 「 『ここで時代が変わった。 変わらないと日本が滅びる』 というようなことを アナウンスし ショック療法を行う。」
 「芸術、宗教、文化の 領域にかかわる教育を 第3の教育軸として位置づけ 教育システムの抜本的な再編成を 早急に行う」
 「教育基本法の改正を提起し 従来の惰性的気風を打ち破るための 社会的ショック療法とする
 「歴史教育を重視する 倫理、情操教育を 行う。」

教育改革国民会議報告-1-

 すでに 「教育基本法」は 改正された。 「団地」「アパート」に床の間を作る、などという どうでも良いことと共に、 しっかり 彼らの考えが 入った答申を 押し頂いて 実行しているのだ。 もちろん、 こういう委員会の委員は 官僚や政府が すでに決定したことに お墨付きを与える機関であることを 我々は 「原子力行政」から 学んでいる。

 子どもを厳しく 『飼いならす必要』があること 納得されていますか。 ペットでは 無いんですよね。  諸悪の根源と 私が 度々批判する『内申書』の 隠された形がこれなのでしょう。

  『ここで時代が変わった。 変わらないと日本が滅びる』  は 本当なのか。 なぜ、 これほど、 ショック療法が 必要なのか。 私には 理解できない。

 「 歴史教育の重視 」 それ自体には なんら問題ないが、 旧来からの惰性ではいけない、 「愛国心」を持たせるように、 などの 他の要因と絡められると、 これが どういう意図なるのか、 考えざるを得ない。 若い方が 「国家神道」を 日本の伝統的宗教であるかのように 信じていることも 不思議である。 (皇紀26〇〇年とかいうのが 好きな方々が わずか 80年程度前のものを なぜ そう考えるのだろう。)

 今は 学校の教員も 昔と違って 正規雇用でない人たちが多い。 「 10分でできる授業準備 」なるサイトもある。 そこで取り上げられている 「日露戦争での 東郷元帥」では その勇猛な戦いぶりが 世界で賞賛され 「東郷ビール」まで 造られた、 とか 「東南アジア諸国では、 日本軍の進攻を歓迎し、 インドネシアでは 独立記念日に 自国国旗と共に 日の丸を掲げる」など、 全くでたらめな 教材があったりする。 簡単に授業を済ませようとすれば、 それを使えば、 質問の仕方から、 取り上げるべき、 「生徒の声」、 時間配分まで書いてある。

 学校教育で 何が行われているのだろう。  『ここで時代が変わった。 変わらないと日本が滅びる』  などということを 教育で教えていくことが 本当によいことなのだろうか。
スポンサーサイト

COMMENT - 2

baab  2014, 01. 06 [Mon] 04:41

皆何を信じているのだろう

初めまして、baabです。
気が滅入りそうな、統治者に関する記事ですね。

なんだか、色んな人々がすっかり科学教徒の言いなりです。
官僚から国民まで。気が滅入ります。
ソクラテスは真顔で美しい国だと言うんでしょうけど。

「ここで時代が変わった」??
「相対論では絶対に地球が回っている」に、
引けを取らない力説ですね。いやぁ、痺れます。
どれだけ丸太を見れば、そう言うようになるのやら。
どこから切り口を入れるか、躊躇してしまいます。

それでも、光速度絶対でどん詰まりの詐欺師たちよりはマシですけど。
詐欺師ってのは、物理学教徒の事です。
フィールズ賞受賞者も詐欺師ですよ。数学教徒は聞いてます?

愛国って何の事でしょう?
国?国って何ですか?

僕は教科書の適当な三角形くらいしか見た事がない
原始人なので、よく分からないんですよね。国って。
僕、本当の三角形さえ見た事が一度もないんですよ。
リュウマのパパさんは何を信じてます?

僕は科学教を信じてません。国家教も経済教も信じてません。
言ってる事がでたらめだけだからです。
ガリレオの仕事はしょうもないと考えてます。
でも官僚や政治家の皆さんは、信じています。

まぁ、僕みたいに別の物信じてみろよってのも、
無茶振りでしょうけど……

Edit | Reply | 

ニャン子太郎  2014, 01. 06 [Mon] 14:34

何から何までねじ曲がってしまったこの国にとって、
再生するにはいったい何から手をつければよいのでしょうか?

利己的無責任、嘘、弱者への慈愛の欠如。今の日本では地位が高いほどその度合いが増します。
腐った実はどうやっても元には戻せません。
ならば実になる前のつぼみから作るしか手はないのでは?
一にも二にも“教育”。
全ての始まりはここです。
普通のことを普通に感じ考えられる感性を子供の頃から育んでいくしかないでしょう。
実施するには既存の体制にどっぷり浸かり保身にまみれた現役教師らでは全く無理な作業。
まずは今の毒されたメディアから距離をおくことの出来る親達が自らの子供や地域の子供らに人としての基本的な倫理観を教えていくしか道はありません。
全くもって気の遠くなるような作業ですが、日本再生の方法はこれだと私は思います。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。