スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発廃止の票の大半を 「細川氏」に 集めることが出来るか 「脱原発都知事を実現する会」 の細川支持決定    「安倍政権」を 丁寧な国政運営 (違う意見に耳を傾ける) に変化させることが 最大の目標

                                             No Nukes 原発のウソ 2014/01/20  引用
 「原発を止めるためには勝つ候補者でなければならない」。 東京都知事選挙をめぐって 脱原発候補の一本化を目指していた 市民団体や環境団体のリーダーたちが、 細川元首相を応援することに決めた。 きょう、 国会内で記者会見し明らかにした。

 「細川一本化」を表明したのは 「脱原発都知事を実現する会」。 瀬戸内寂聴(作家)、 柳田眞(たんぽぽ舎)、 村上達也(東海村・前村長)、 木村結(東電株主代表訴訟)、 吉岡達也(ピースボート)、 村田光平(元在駐スイス大使) …… 脱原発運動をリードしてきた著名人が名を連ねる。 代表世話人は 鎌田慧(ルポライター)、 河合弘之(弁護士・脱原発弁護団全国連絡会)の2人。

 「実現する会」は 脱原発候補の一本化を目指して 今月15日に 細川、宇都宮両陣営と交渉した。 だが交渉は決裂、 一本化はならなかった。 「実現する会」で話し合った結果、 次のような理由から細川氏支持を決めた。--中略--

 柳田眞氏(たんぽぽ舎・自治労OB)は 細川支持の理由を 次のように話す―

 「脱原発問題は 日本の存亡に関わる。 アベの再稼働は 日本を滅ぼす… (中略) “東京は 日本の政策を決める力を持っている、 脱原発もそう” というのが全国のねがい。 アベを負かす可能性が高い人に任せた」。

 広瀬隆氏(作家)は 「“ ホソカワ対マスゾエ ”ではなく  “ ホソカワ 対 アベシンゾウ ”なんです」 と声を大にした。

 米軍基地の辺野古移設が争点になった 名護市長選挙の結果が示すように 反対派は一枚岩になれなければ勝てない。 宇都宮陣営を支援する脱原発派市民は少なくない。 都知事選挙に向けて 街宣やチラシのポスティングなど 熱心な活動が続く。                                                        (引用終り)

名護市長選挙
       基地に頼らない 名護市長と 原発に頼らない 南相馬市長の当選は 我々に 自信を回復させた。

 名護市長選勝利で、 「安陪政権への批判的グループ」の勢いが増してきた。 最初に 私が提示したような 「宇都宮 副知事案」は 検討されたか どうか知らぬが、 「細川氏」の高齢もあって 「オリンピック」までは 都知事として 務めることは難しいだろう。 であれば、 「 副知事に遇する 」 ことで 折り合いがつけば 万全であったのだが … まあ、 それは 各人のお考えだから いたし方のないこと …  票が割れるから というだけで 「宇都宮氏に 辞退を申し入れる」のは おかしいことである。 また、 辞退されたからといって その支持票が 「細川氏」に回ることが 決まるわけでもない。 ただ、 「社・共」への あらぬ批判 (アカ・反日・共産党) に いくらか 戸惑う一般の有権者が 「細川氏」に 向かってくれるように 努力するしかない。

 しかし、 最近の NHKや 教育関係の委員を見ていると 余りにも 「安倍色 (皇国史観) 」の強い人材を 強引に押し付けている。 これでは、 数年を経ずして 日本は 今までとは全く違った国になってしまうだろう。 これを 「阻止」しなくてはならない。 

 残念な事だが、 「宇都宮氏」の人柄や 誠実さだけで 「当選」が期待できないのであれば、 ここは 緊急避難的に 「細川支持」で (熱烈な 宇都宮氏支持の方は別にして) まとまるのが 最良であろう。 「99万票」が 「130万票」に伸びたから よかったと 喜んでおられる状況ではなくなってきている。 あまりに 「右傾化」が 激しい。 この 「右傾化」も、 我々国民が納得できるような 順を追った 「証拠や 説明」が 全くなされないまま 進んでいる。

米国務副長官 日中韓を訪問へ
       アメリカ政府が心配する 「日中韓」の関係              出来てしまった 「安重根」の記念館

 アメリカ政府も 余りに急激な 日本の「右傾化」に 戸惑っているようだ。 今度は バーンズ国務副長官を 「韓国・中国・日本」に派遣し、 何とか対話の糸口を見つけようとしている。 だが、 今の調子では いずれの国も 「相手国の対応」を非難するだけで、 おいそれと 首脳会談の実現には 向かわないだろう。
                                                              1月20日  NHK  
日本と中国や韓国の関係が冷え込むなか、アメリカのバーンズ国務副長官が、日中韓の3か国を訪問し関係改善を促すため、19日、最初の訪問地ソウルに向けて出発しました。

バーンズ国務副長官は24日までの日程で、韓国、中国、日本の順に訪れる予定で、19日、最初の訪問地、ソウルに向けてワシントン郊外の空港を出発しました。
今回の訪問で、バーンズ副長官は中国が東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定したことや、安倍総理大臣の靖国神社参拝などで日本と中国や韓国の関係が冷え込んでいることを踏まえ、3か国にそれぞれ関係改善を促すことにしています。


 混沌とする 「東アジア情勢」の中で、 中国の黒竜江省のハルビン駅に 安重根の記念館が 出来たのだそうだ。 日本の報道だけを見ていたら、 韓国の朴大統領が訪中した際、習主席にハルビン駅に「安重根の石碑」の設置を要請したが、 断られた、 そう報道されていた。 -- 韓国の「火病」など 誰も相手にしない と … -- びっくりである。 

 【ハルビン(中国黒竜江省)時事】新華社電などによると、初代韓国統監の伊藤博文元首相を1909年に暗殺した独立運動家・安重根の記念館が19日、事件が起きた中国北東部黒竜江省のハルビン駅に開館し、式典が行われた。韓国政府は歓迎の意を表明した。記念館は貴賓室の一部を改造して、事件現場のホームが直接見えるように設計され、安重根の生涯や暗殺に関する資料、写真を展示している。

 黒竜江省の孫堯・副省長は開館式で「歴史を記憶させ平和を大切にし、過去を改めて見直し、未来を展望することを目指すものだ」と強調した。 韓国の朴槿恵大統領が昨年6月に訪中した際、習近平国家主席にハルビン駅への安重根の石碑設置を要請、両国が協議を続けていた。中国としては、石碑よりも大規模な記念館の開設で、歴史や領土問題で対立する日本に対し、韓国と足並みをそろえて圧力をかける狙いがあるとみられる。
 

 産経新聞によると、 伊原純一アジア大洋州局長が中国、韓国の両駐日公使に、それぞれ電話で抗議したことを明らかにした。抗議は19日。 伊原氏は「日本の立場と相いれず大変遺憾だ」と伝えた。外務省幹部は「日本では安重根は犯罪者だという歴史上の評価がある。けしからん話だ」と中韓両国の対応を批判した。 との話だが、 「靖国参拝で、 中国からとやかく言われる筋合いはない。」という 日本政府であるから、 中国側の反応も、 「我が国の駅構内に 何を建てようが、 日本からとやかく言われる筋合いはない。」という 反応だろう。 正に、 売り言葉に買い言葉、 「外交」の 「 の字」もできていない現状である。

 アメリカ、グレンデール市に建てられた「慰安婦像」の撤去を求める10万人以上の署名 (10万人以上の署名があると、 必ず ホワイトハウスは それについてコメントを出す決まりがあるのだそうだ。) を ホワイトハウスに 送りつける運動を 「皇国史観を信ずる人々」が行ってきたが、 これに対抗して 韓国の 「右翼主義者」も 「慰安婦像維持の署名」を 10万人以上集め、 ホワイトハウスに送っている。ホワイトハウスはいずれの署名も受理して、今後、対応を検討する見通しで、銅像を巡ってせめぎ合いが続いている。 アメリカ政府にとっては 「迷惑千万」であろう。

 こういう 「国際情勢」の 主たる原因は 「日本の右傾化」である。 進めば進むほど 「土壺にはまり 」 身動き取れない状況になるだろう。 振れすぎた振り子を 戻さねばならない。 東京都知事選は そのための 重要なステップである。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。