スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真央ちゃん 16位』 と 『過去最高濃度の 汚染水漏れ』の いずれを国民に知らせるべきなのか。  日本のマスコミの常識度、  アッ 59位でしたっけ。

 日本の報道機関は もはや 『ニュース』としても 扱わなくなっってしまった 「福島原発 汚染水問題」だが、 いくらなんでも 今回の 『汚染水漏れ』は ニュース価値があるのではないか、 そう思ってしまう。 例によって 海外の報道機関が 大騒ぎ (扱いが大きい) しているのに、 日本の報道では 「サラッ」と流している。 中には 『無視』している報道機関もある。 なにしろ、 彼らの主張では 「放射能は 無害」なので、 いくら漏れても ニュース価値は生まれない。

                                                     (2014年2月20日  読売新聞
 東京電力は20日、福島第一原子力発電所の「H6」というタンク群の1基(容量1000トン)から高濃度汚染水110トンがあふれ出したと発表した。

 うち100トンがタンクを囲むせきの外に漏れたとみている。満水だったタンクに、配管の弁が開いて水がさらに注入されていたといい、人為ミスの可能性が高い。漏れた水からは、ベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億3000万ベクレル検出された。

 東電によると、19日午後11時25分頃、タンクのふたと側面の継ぎ目付近から漏水し、周辺の地面に流れ落ちているのを、作業員が発見した。同2時過ぎにタンク内の水位異常を示す警報が鳴ったが、タンクに異常が見つからず、水位計の故障と判断していたという。20日午前1時半に弁を閉じ、同5時40分に水漏れが止まった。東電は「海への流出はない」と説明している。                                                      (引用終り)

 海外の報道機関 (ウォールストリートジャーナル) が 引用している 時事通信は 次のように伝えている。

                                                      ウォールストリートジャーナル
 東京電力は20日、福島第1原発で放射性物質を含む汚染水を保管しているタンクの上部で漏えいが見つかり、汚染水がせき外に流出したと発表した。約100トンが流出し、水からはストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億3000万ベクレル検出された。  流出量約100トンは、国際原子力事故評価尺度(INES)8段階のうち重い方から5番目の「レベル3」と判断された昨年8月の約300トンに次ぐ深刻な事態

 東電によると、巡回中だった協力企業の作業員が19日午後11時25分ごろ、護岸から約700メートル西側の汚染水を保管するタンク群の1基で、天板部から水が垂れているのを発見した。  漏れた水は雨どいを通じてタンク群を囲むせき外にも流出。表面線量を測定したところ、ベータ線で毎時50ミリシーベルトだった。

 漏えいが発覚する前の同日午後2時すぎには、タンクの水位が高いことを示す警報が鳴っていたが、異常が確認できなかったことから、機器のトラブルと判断したという。  タンクには汚染水を受け入れるための弁が3カ所あり、本来は全て閉まっているはずなのに、2カ所は開いた状態だった。閉まっていた弁も故障して水を通す構造になっていた可能性があるといい、汚染水が供給され続けた結果、タンクからあふれたとみられる。2カ所の弁を閉めたところ、漏えい量は減少したといい、東電は原因を調べている。

 雨どいの汚染水にはベータ線を出す放射性物質のほか、放射性セシウムが同1万3100ベクレル含まれていた。東電は「近くに排水路がなく、海への流出はないと考えている」と話している。

 事態を受け、原子力規制委員会は20日、東電に早急な漏えい防止や汚染範囲の特定などを指示。漏れは20日午前5時40分ごろに停止したという。                                             [引用終り]

 先の 『東京都知事選』で 田母神氏が 「日本の基準値がアメリカとヨーロッパに比べて厳しい。福島原発での汚染水問題が報道されたが ヨーロッパ、アメリカにもっていけば、コーヒーお茶を飲む水だ。」と発言したのは 有名な話だ。 安倍総理も 「舛添氏」が 立候補するまでは、 田母神氏の 応援団一員であったわけだから、 この程度の認識だと思われても 仕方ないだろう。 

 「政府が右というのに、左といえますか。」などと言う 『マスコミ首脳』たちが揃っているのだから、 激しい 「報道自主規制」が 行われているようだ。 海外が 「汚染水漏れ」を伝える同時刻に 日本のマスコミ各社は 「オリンピック一色」となり、 何十回も 『スケート』の映像を繰り返し流している。 それも、 16位になった事を … 2度の失敗があったのだから、 審判云々でもなかろうに … 

 【ソチ=読売取材団】19日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)では、バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が16位と、まさかの出遅れ。

 五輪連覇を狙う金妍児キムヨナ(韓国)がトップに立ち、0・28点差でアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が2位につけた。アイスホッケー男子では、連覇がかかるカナダのほか、米国、スウェーデン、フィンランドが4強入り。

 55・51点という得点表示を、浅田は硬い表情でじっと見つめていた。今季の自己最高点を大きく下回り、シニアに上がってから、SPでは4番目に低い得点。「頭も体も、まったく動かなかった。(原因は)自分でもよく分からない」と唇をかんだ。  -- 以下 省略 --                                             (引用終り)

   処理水漏れ-1-
     周囲は汚染水でびしょびしょになっている 現場   土砂も回収するというが 作業員は大丈夫なのか

 放射線は 専門でないとわからぬことが多いが、 ベータ線で毎時50ミリシーベルトは  どのような意味を持つのか、 説明が要るだろう。 素人的には 「50ミリシーベルト」は 放射線業務従事者が1年間に浴びてもよい線量限度の量として 聞かされている。 忘れたころに 「あの漏洩事故は レベル〇 でした」などと そ知らぬ顔で言うのかもしれない。 今まで、 東電の発表は 後日 大幅に訂正されることが多かった。 10倍、100倍など なんとも思っていない。

 ニュースで報じる 放射線量の単位も変わり、 その上途方もなく大きい数字ばかりが 報道されるので 国民も慣れっこになってしまっているが、 1リットルで2億3000万ベクレルだと、 100トンでは 20兆ベクレルを優に超える。 広島原爆が 「80兆ベクレル」などという情報もあるが、 これだけの量を 問題なしとする 政治にも 国民にも 私はついていけない。 


スポンサーサイト

COMMENT - 1

ぽんのんの  2014, 02. 24 [Mon] 17:03

今日の私のブログのテーマは
「東京オリンピックは中止すべきです」
です。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。