スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンネの日記』が 破られたことを 単に「軽犯罪」と考える日本国民を 世界は理解しないだろう。 欧米のように 憲法が保護しない 「言論の自由、学問の自由」があるという考えも 一理ある。

 「アンネの日記」が 破られた事件については、 世界的に報道されたようで 反応も様々である。 中山成彬氏 ( 血液型B型 衆議院議員 宮崎県小林市生まれ。 ラサール高、 東大法卒。 大蔵省出身。 元文部科学大臣 元国土交通大臣。) は 次のように tweet した。 

                                                   中山なりあき@nakayamanariaki
各地の図書館でアンネの日記が破られているというニュースに、瞬間日本人の感性ではない、日本人の仕業ではないと思った ディスカウントジャパンに精出す国、 安倍総理をヒットラーに例える国もある。 図書館にも隠しカメラがあるの嫌だが、 徹底して調べてほしい。 不可解な事が多発する日本、 要注意だ。                 (引用終り)

 1億人以上の国民がいて、首都圏だけでも 3000万を超える人々いる。  個人的には 多種多様な考えを持っているはずなのに、 なぜ 「日本人」が 出てくるのか不思議な思考回路である。 中山氏の中には 「日本人はこうあるべきだ」という 勝手な思い込みがあり、 それを他の人々に押し付けようとしている。 文部科学大臣まで 勤めた 教育のスペシャリストであろう方が ディスカウントジャパンに精出す国、 安倍総理をヒットラーに例える国もある。 などと 平気で人種差別的発言をする。 暗に この人種がやったことだと 言わんばかりである。

 もちろん、 誰が どのような目的でやったのか、 現段階では 全くわかっていないので、 『予断と偏見』に満ちた言い方と言われても 仕方あるまい。 

 私は、 「『アンネの日記』を通じて ナチスのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を告発したように、 『慰安婦少女像』を通じて 慰安婦問題を米国の主流社会に広めたい。 再び同じような間違いが繰り返されないよう、 努力していきたい。」 などと 韓国側が話しているので、 中山氏のいわれるような可能性は 低いと思っている。 あくまで 可能性であるが … 

 問題は 欧米では 決着がついた 「アンネの日記の 真贋論争」が、 まことしやかに 日本では語り継がれていることである。 アンネ自身が 日本に居たわけでもなく、 日記自体も日本にあるわけでもない。 日本でこれを研究すること自体 大変無理があるのに、 あたかも 「偽物と断定されている」かのごとく 流布されている。 そして、 今回の事件の際も、 「安倍総理の 靖国参拝」のときと同様、 『良くやった』という 反応をした者がいたのである。 充分 検討されて 世界記憶遺産に登録されているのに … 

                                                          ijn9266のブログ 引用
ナチスドイツによるユダヤ人迫害の象徴というイメージのある「アンネの日記」をご存じの方は多いだろう。映画にもなり涙した方も少なからずいるはずだ。日記は世界で2500万部を越えるベストセラーにもなっている。

しかし、愛読者達の夢を壊して申し訳ないが「アンネの日記」は主人公のアンネ・フランクが書いたものではない。 日記は別人による捏造、創作である。 メイヤー・レビンというアシュケナジー・ユダヤ人が、アンネの父から依頼されて書いた小説なのだ。小説だから当然内容もフィクションで実際には無かったこと。  -- 中略 --

また何より、日記が捏造である証拠として「アンネの日記」の筆跡と、アンネの筆跡が全く違う。さらに、日記に使用されている筆記具ボールペンは1951年以降実用化され一般化したが、アンネの生存中は一般には出回っておらず、とても高価なものだった。   -- 中略 --

「アンネの日記」をさらに追求していくと、600万人ユダヤ人殺戮のホロコーストは実際無かったとか、有名なガス室は使われた痕跡が見つからず、後で捏造された等々、新しい事実がボロボロと出てくる。こんなことを欧州で発言すれば逮捕され懲役を食らってしまう(実際2年懲役を受けた人もいる)。   -- 中略 --

『アンネの日記』捏造は氷山の一角にしか過ぎない。日本人の全てが洗脳から目覚めるとき、その時世界は初めて良くなる。日本人が変われば世界が変わる。これは真実だ。                               (引用終り)

 『アンネの日記』と 日本の「右翼思想」は、 根底で深く結びついているのである。
サイモン・ヴィーゼンタール・センター
サイモン・ヴィーゼンタール・センターの 「アンネの日記事件」への声明と、 赤旗が記事にした「ヒトラー生誕祭」

 今回の 「アンネの日記事件」について サイモン・ヴィーゼンタール・センターが声明を出したが 日本の国民の多くが たいしたことではないと思っている。 『それより、浅田真央だ』と オリンピックに夢中である。 このセンターが 声明を出すという事は、 この事件が 日本国内の根深い 「右傾化」に起因していると 認識しているということであり、 国際問題化しているということだ。 ただ、 面白半分にやったことではない、 そう考えている。 

 日本は 先進国の中では「例外的」に 反ユダヤ主義の陰謀論が 言論界で野放しに横行している国だ。 そして、 この陰謀論 すなわち 600万人のユダヤ人虐殺は 捏造であり、 同様に 「南京虐殺」 「従軍慰安婦」も 戦勝国による 捏造という論理で 地下で深く結びついている。

 それでも、同センターがこの約20年の間に抗議声明を出したのは3回だけ、ということは、今回の事件とその背景をなす日本の政治状況にいかに深刻な危機感を抱いているかという証左でもある。 写真 (右)は 赤旗にのった 「瀬戸弘幸氏」のブログに関する記事である。

 政治団体「維新政党・新風」の元副代表・瀬戸弘幸氏(2007年参院選で落選)が「アドルフ・ヒトラー生誕125周年記念パーティ」(4月)参加を呼びかけています。 「偉大なる総統閣下が生誕された日に、皆でワインを飲みながら語らいましょう」と呼びかけている瀬戸氏ですが、同氏と維新政党・新風が今回の東京都知事選(9日投開票)で応援したのが、元航空幕僚長の田母神俊雄氏です。同党の鈴木信行代表は田母神氏の選挙カーの上からの応援演説まで行っています。

これに対し 瀬戸氏は 自身のブログで 次のように述べている。

 驚きました。まさか共産党の機関紙「赤旗」に登場するとは。こんなことは絶対にないと思っていたので驚愕しました。

 いかなる思想信条も認められた社会が 今の自由民主主義の社会です。 法律に触れることがなければ、 地下鉄にサリンを撒いたオウム真理教だって 活動しています。 ましてや、 歴史上の人物の誕生際を 静かにワインを飲みながら語り合うことに 何の問題があるのか?

 ヒトラーを賛美して何が悪いのか分かりません。 ユダヤ人600万人の大虐殺ですか、そんなことを今でも信じている人がいるのでしょうか? あれは嘘です。 南京大虐殺、 慰安婦強制連行と同じ歴史の捏造です。  (引用終り)

 敗戦国 「ドイツ」に対して 「ユダヤ人虐殺」で 罪をかぶせ、 同様に 敗戦国 「日本」に対して 「南京虐殺」「従軍慰安婦」で 罪を被せている、 それが 今の日本の 「識者 (?) の主張」なのである。 結果的に 日本は悪いことをしていないので、 過去の戦争に対しては 「反省」も「謝罪」も 必要ない、 無実の者に 原爆を2度も落とし、 東京大空襲で 大量殺戮した 「アメリカの罪」の方が その責任を問われるべきだ、 そういう 若い世代の声が 圧倒的に多いのである。

 日本人の”アンネ熱”は、 2014年1月22日に イスラエルのハアレツ紙でも紹介され、 その理由が分析されている。 オランダのアムステルダムにある アンネが住んでいた家には、 数多くの日本人が訪れているという。 ハアレツ紙は、 日本人がアンネに共感する理由について、 「第二次世界大戦中の 日本の犠牲に関心が向いていて、 ナチス・ドイツの同盟として闘った 日本軍によって行われた残虐行為の責任に 目を向けていない 」 と冷静に分析している。

 日本人の多くが、戦争の「加害者」としてではなく、「被害者」としての側面に目を向けがちで、そのため「被害者」としてのアンネに感情移入するのだという。厳しい評価である。

                                            IWJ Independent Web Journal 抜粋引用
 「日本人の歴史観は被害者意識が強い。 アンネに感情移入はしても、 ヘイトデモには無頓着な人もいる。 レイシズムや ナチズムの実態を しっかり学べば、 マイノリティ差別が起きた場合に、 同じような構造上の問題として 認識することができますが、 そういう認識が生まれにくい 」。

 赤尾氏 (大阪大 助教) は、 今回の件が 陰謀論の蔓延が 背景にあるのではないかと指摘する。 「 陰謀論にのっかってやっているのは間違いないと思われます。 アンネ・フランクの話は でっちあげだという 歪んだ正義意識からです」。
 
 こうした「正義意識」は どのような事情で生じてきたのか。 赤尾氏は、 ユダヤ問題に関する 日本の言論や 出版事情が特殊であることを 指摘する。 「反ユダヤ的な本が 無制限に流通している国は 先進国では 日本くらいです。 欧米ではあり得ないような 反ユダヤ本が出回って、 そこそこ売れています」。

 そのことを踏まえ、 今回の『アンネの日記』の本が破られた件について、 「すでに氾濫している 反ユダヤ的な論調で、 今回は 一線を超えてしまった感じ ではないでしょうか 」 と 赤尾氏は分析した。

 日本の外交と安全保障は、 同盟国である 米国に全面的に依存しているが、 その米国から 日本の右傾化に対して、 ひっきりなしに アラームが鳴らされていることを、 日本の政府も、 日本の社会も 聞き流し続けてきた 「アンネの日記」破損事件が明らかになる直前、 17日には ワシントンポスト紙が、 20日にはニューヨークタイムズ紙が、 立て続けに 釘を刺す論説を掲載した。 以下、紹介しておきたい。

 しかし、 この数ヶ月間、 安倍は 強硬なナショナリズムの方に向かい始めた。 ナショナリズムは、 つねに 安倍の政治的性格の一要素だった。 彼は、 愚かにも、 予測のつく国々(中国や韓国)だけではなく、 彼がパートナーでありたいと望んでいた アメリカ政府の内部にまでも 警報ベルを鳴らした。

 首相の もっとも著しい行為は、 12月26日の 東京の靖国神社の訪問だった。 そこは、 日本の戦死者を記念する神社であり、 第二次世界大戦の戦犯も含まれている。 当然それは、 すでにかなり緊張していた中国との関係をさらに悪化させる行為だった。 中国は その一ヶ月前に、 日本が領土主張している範囲に 防衛識別圏を一方的に宣言している。 靖国参拝は、 オバマ政権からのハイレベルの訴えを無視したものだった。

 同じ月に、 安倍は、 日本の公共放送局である NHKの12人の経営委員会に 4人の新しい役員を任命した。 彼らはすぐに ニュースの見出しを飾った。 一人は、 1937年の 中国における日本兵の南京大虐殺は 「なかった」と言い、 日本の戦犯を裁いたアメリカの裁判は アメリカの犯罪を隠すために設置されたのだ と明言した。 もう一人は、 右翼の軍人による 儀式的な自殺のおかげで 日本の天皇は神となった と主張する論文を書いていたことが明らかになった。

 さらに、NHKの新会長の籾井勝人は、日本が「慰安婦」を隷属させていた歴史を過小評価し、また、最初の報道会議で、NHKは核武力や安倍の靖国参拝といった問題について 政府を批判するべきではない と発言した。

 籾井は 発言の部分的撤回を余儀なくされ、 安倍は メディアの自由に対する支持を宣言した。 しかし、 その数日前、 安倍はダボスでのスピーチで、 日本と中国の関係は、 第一次世界大戦の前の英独の関係と「似たような状況」に直面している と言っている。

 ひとつめは、 靖国参拝によって、 凍結していた 東京と北京・ソウルの関係の緊張緩和の可能性が 破壊されたことだ。 中国の習近平国家主席も 韓国の朴槿惠大統領も 安倍に会うことを拒否している。 日本と中国のあいだの 外交的・軍事的コンタクトは 事実上存在していない。 このことは、 両国が領土主張している 無人の小島群に関する継続中の紛争から見て 憂慮すべきことだ。 

 ふたつめは、 靖国と その余波もまた、 安倍とオバマ政権のあいだの関係に ひどい悪影響を与えたことだ。 消息筋によると、 ワシントンと東京のコミュニケーションの溝は、 北京との溝よりも もっと深く開いたという。 もし小島に関する緊張が高まったら 安倍はどうするのか、 彼は 危機が起きたときに アメリカの助言に留意するのかどうか、 アメリカの官僚は もはや分からなくなっている。

 このふたつの問題は、 起こりうる三つめの問題につながる。 中国の指導者は 安倍に対する敵意によって、 そして、 安倍とオバマのあいだの溝を認識することによって、 力関係のテストを起こそうとするかもしれない。 北京が 岩礁のまわりに 漁船ボートの小型艇隊を配備したり、 一団の兵士を陸上させたりしたら、 どうなるだろうか? 安倍は 日米同盟を行使しようとするだろうか?  もしそうしたら、 オバマは一歩進めるだろうか、それとも一歩下がるだろうか?                                                    (引用終り)

 アンネの日記が 破られたことを 単なる 「軽犯罪」で考えることは とても軽率な事だ。 日本の 安陪内閣を支持する 『修正主義者』たちの論法を 言論の自由と考えることも そろそろ限界に来ているのかもしれない。 鎖国でもしない限り この世界の中で 今の論調を 国民が許していることは 欧米の人々から見て 理解不能な 危険な民族と思われるだけだろう。



 
スポンサーサイト

COMMENT - 1

受け付けない  2014, 02. 25 [Tue] 17:13

今の時代に鎖国の方が理解不可能じゃないですかね・・・

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。